人種的多様性は嫌だ

  今年2015年は、ヒット・シリーズ映画の続編が公開されるので楽しみだが、予告編を見ると少々がっかりする。『ターミネーター・ジェネシス(Terminator Genesys)』と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Satr Wars Episode VII: The Force Awakens)』が制作されたそうだが、そのキャスティングが人種的配慮に基づくので魅力が半減しそうだ。高い興行収益を望む映画会社としては、一人でも多くの観客を取り込みたいから、あらゆる人種・民族を引きつける役者陣にしたかったのだろう。西欧系俳優ばかりでは、有色人種が興味を示さないかも、と怖れるあまり、かえって特徴の無い地味な出演者になってしまった。

Arnold_Schwarzenegger 2James Cameron 1Linda Hamilton 1








(左:アーノルド・シュワルツネッガー/中央:ジェイムズ・キャメロン/右:サラ役のリンダ・ハミルトン)

  『ターミネーター』はパート2で止めておけば良かった。低予算で作ったパート1が、予想以上にヒットしたため、配給会社は大喜び。ジェイムズ・キャメロン(James Cameron)監督は一躍ハリウッド界の巨匠になってしまった。ボディー・ビルダー上がりのアーノルド・シュワルツネッガー(Arnold Schwartzenegger)も、この作品で一挙に大スターになっている。何度撃たれても平然と立ち向かってくる、冷酷なサイボーグという設定が斬新で、演技が下手なシュワルツネッガーであっても、その無表情がかえってプラスに転じ、役柄が妙に嵌まっていた。アメリカ人って複雑なストーリーよりも、単純明快なアクション映画が好きなんだよねぇー。『デス・ノート』みたいな凝った漫画は、絶対に映画化されない。平均的アメリカ人はストーリーを追うことができないし、巧妙なトリックが理解できないからだ。人々の知能がばらばらなアメリカでは、誰でも分かる勧善懲悪でハッピー・エンドの作品でなきゃ受けない。悲惨な結末で終わってしまうフランス映画はヒットしないのだ。筆者が高校生の時好きだったフランス映画『隣の女(La Femme d'à côté)』は、不倫関係の女が男を殺して自殺するという悲しい結末だった。暗いエンディングだったから、アメリカでは全然話題にならなかったらしい。もっとも、フランス映画じたいに興味が無いから当然なのだが。

Linda Hamilton 2Terminator John 4michael biehn1








(左:リンダ・ハミルトン/中央:エドワード・ファーロン/右:マイケル・ビーン)

  第1作目の『ターミネーター』は大ヒットするとは予想されていなかったから、共演者も無名の俳優がキャスティングされたのは周知の事実。サラ・コナー役のリンダ・ハミルトン(Linda Hamilton)やカイル・リース役のマイケル・ビーン(Michael Biehn)なんか誰も知らなかった。映画会社も期待していなかったから、西欧系白人役者で問題なかったのだろう。それに制作されたのが1980年代前半だったから、まだ多民族主義の圧力が弱かった。ハミルトンとビーンが共に金髪の白人で、ユダヤ人でなかったのは、成功すると期待されていないB級作品だったからだ。(ちなみに、リンダ・ハミルトンは後にキャメロン監督と結婚して、彼にとり第四番目の夫人となった。第三番目の夫人は、あのキャサリン・ビグロー監督である。) 予想外のヒット映画となった「ターミネーター」は、続編が制作され、サラの息子ジョン・コナーにエドワード・ファーロン(Edward Furlong)が抜擢された。彼は全くの新人で、キャメロン監督の目にとまったことで、いきなりスター。噂では、リンダ・ハミルトンの息子役をこなす人物を探していたキャメロン監督は、エドワードの顔つきを見て気に入ったらしい。自然な親子に見える西歐人を起用したかったのだろう。もしキャメロン監督がユダヤ人なら、シャイア・ラブーフ(Shaia LaBeouf)みたいなユダヤ人子役をキャスティングしたんじゃないか。スティーヴン・スピルバークみたいなユダヤ人監督は、もてあそぶ女優は西歐人でも、その肌に触れる男優はユダヤ人を使うことが多い。

Nick Stahl 1Christian-Bale 3Sam Worthington 1







(左:ニック・ストール/中央:クリスチャン・ベール/右:サム・ワーシントン)

  第2作目の『ターミネーター』は好評だったが、第3作目は期待したほどの興行収益を得られなかった。前作でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロンが堕落したので、代わりの俳優がニック・ストール(Nick Stahl)であった。しかし、ニックを見て日本のファンはガッカリした。銀幕に映ったニックの顔に何ら魅力が無かったのだ。やはり、俳優には何らかのオーラが必要なのだろう。パート3のストーリーも凡庸で、これといって意外な展開がなかったから、観客がボヤいたのも無理はない。期待が大きかった分、落胆も大きかった。第4作の『ターミネーター(Salvation)』は監督が有名なマックGに替わり、ジョン・コナー役にクリスチャン・ベール(Christian Bale)が起用されたから、ヒットしそうな予感がした。ところが、いざ蓋を開けてみると、期待したほどの利益が上がっていない。ターミネーター役がサム・ワーシントン(Sam Worthinton)では、存在感が薄いし迫力に欠ける。やはりシュワルツネッガーが主役じゃないと、ターミネーターじゃないのだ。それに、カイル・リース役がアントン・イェルチン(Anton Yelchin)じゃ、弱々しい印象を観客に与えてしまう。彼がカイルを演じると、どことなくキャラクターを損ねている気がしてならない。彼はロシア系ユダヤ人で、銃を持った勇敢な戦士役より、研究室の大学生といった役が似合いそうである。

Robert Patrick 5Terminator 6lee-byung-hun 2






(左:ロバート・パトリック/中央と右イ・ビョンホン)

  待ちに待ったシュワルツネッガーが、ようやく知事の任期を終えて、ターミネーターに戻ってきたことは嬉しいが、第5作目の出演俳優が酷いのでまたもやガッカリ。最も腹立たしいのは、液体金属型サイボーグのT-1000役を朝鮮人俳優のイ・ビョンホン(Lee Byung -hun)にしたことだ。第2作でロバート・パトリック(Robert Patrick)が演じていたサイボーグ役を、三流役者の朝鮮人にあてがうとは、多民族主義の弊害も甚だしい。端正な顔つきのパトリック氏が、冷酷な殺人マシーンを見事に演じていたから、観客は映像に釘付けになった。しかも、パトリックとシュワルツネッガーが繰り広げる挌闘シーンには凄味と迫力がある。やはり役者には華がないと。それなのに、最新作では朝鮮人役者のイ氏が抜擢されて、T-1000のキャラクターが台無しである。まるでB級の香港映画みたいだ。彼を選んだ人物は誰なんだ? 確かに、監督のアラン・テイラー(Alan Taylor)が承諾したのだから、最終的には彼の責任だろう。しかし、つい邪推したくなる。もしかしたら、プロダクションの誰かが朝鮮人と癒着していたのではないか ? 朝鮮系俳優を有名にする任務をおびた誰かの指金だろう。普通の感覚でキャスティングしたとは思えない。余りにも酷すぎる。

Terminator Sarah 3Emilia Clarke 4Jai Courtney 3








(左:レーナ・ヒーディ/中央:エミリア・クラーク/右:ジェイ・コートニー)

  イ・ビョンホンの起用だけではなく、カイル・リース役に抜擢されたジェイ・コートーニー(Jai Courtney)も魅力に欠ける俳優だ。『ダイハード(a Good Day to Die Hard)』で、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィルス)の息子役を演じていたが、役と人物が合っていなかった。駄作に近い作品である。今回期待されている『ターミネーター・ジェネシス』は、第二作のリメイクだが、質を落とした新作に思えてくる。年を取ったシュワルツネッガーが現れるし、サラ・コナー役を若手女優エミリア・クラーク(Emilia Clarke)が演じるから、全く別なキャラクターに見えてしまう。彼女より、レーナ・ヒーディ(Lena Headey)の方がましだ。彼女はテレビ版『サラ・コナー』に出演していたから、クラークより適任である。今やハリウッドは過去のヒット作をリメイクして儲けることしか頭にない。作品の質より話題性で銭を稼ぐ事を優先しているのだ。したがって、キャスティングには、色々な人種を混ぜてより多くの民族を引きつけようとする。たとえば、イ・ビョンホンを起用して、米国と韓国の朝鮮人客を呼び込もうとしているのだろう。馬鹿らしいが、大金を注ぎ込む作品だと、制作費回収が大前提となってしまうのだ。

Terminator 2Robert Patrick 2Arnold-Schwarzenegger 3







(左:「リ・ジェネシス」でのアーノルド/中央:ロバート・パトリック/右:若き日のターミネーター)

ユダヤ人によるSF超大作


  第1作目の『スター・ウォーズ』も、やはり低予算映画で、ヒットするとは予想されていなかった。SF映画の『フラッシュ・ゴードン』見たいな作品を撮りたかったジョージ・ルーカスは、スター・ウォーズを完成させるまでに苦労をしたみたいで、歴史的な大ヒットに大喜び。多大な予算を用意できなかったから、ヒットさせるために一番面白そうな第4エピソードを最初に映画化したそうだ。主役のマーク・ハミル(Mark Hamill)は無名俳優だったし、ハリソン・フォード(Harrison Ford)も大した俳優じゃなかった。キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)なんて『スター・ウォーズ』だけの女優だ。美人でもないフィシャーは、単なるユダヤ人女優で、他の作品に出演したって、レイア姫の印象が消えなくて使いづらい。低予算の問題もありルーカスは有名俳優を使えなかったので、そのぶん自由に出演者を選べたのだろう。マーク・ハミルは素朴な白人青年といった感じだったし、何と言ってもオビ・ワン・ケノビ役のアレック・ギネス(Alec Guiness)が光っていた。イギリス人俳優には実力派が多い。独特の雰囲気を醸し出すし、セリフ廻しも上手い。ギネス氏は映画『クロムウェル』で、国王チャールズ1世を演じていたが、これがまた素晴らしかった。映画の中でギネス氏は国王の威厳を放ち、しゃべり方も上品でいかにも貴族らしいアクセントで話している。名優ギネス氏は『アラビアのローレンス』でファイサル王子を演じたし、『戦場にかける橋』ではニコルソン隊長を演じていた。どちらも記憶に残る演技である。ギネス氏を起用したのは、まさしく正解だった。ルーカス氏が慧眼(けいがん)を持っていたというより、役柄のイメージに合った俳優を適切に選んだ結果である。制作会社からの妙なゴリ押しがない時は良い作品が生まれるものだ。

Alec Guiness 2Alec Guiness King Charles 1Alec Guinness 4







(左:オビ・ワン・ケノビ役のアレック・ギネス/中央:英国王チャールズ1世役/右:ファイサル王子役)

  作品がドル箱になると、色々な思惑や圧力、要求が絡まってきて、藝術作品というより金の卵となってしまう。しかも、監督のルーカス氏が『スター・ウォーズ』の権利をディズニー社に売り渡したのだ。あのユダヤ人マイケル・アイズナーの手に渡ってしまったら、どのように改造されるか誰だって想像がつくだろう。銭の亡者によって名作がズタズタにされるのだ。ディズニー社だって、ユダヤ資本に身売りされたから、創立者のウォルト・ディズニー氏が大切にした理念などゴミ箱行きである。フロリダ州のディズニー・ワールドではゲイ・パレードが開催されるし、『白雪姫』などの名作アニメは、多人種主義でメチャクチャに改悪されてしまう。純粋に漫画を愛したディズニー氏は、子供に素晴らしい感動を与えることに夢中だった。しかし、世界戦略をとる経営陣からは、ディズニー氏の嗜好は白人主義と受け取られ、、ヒスパニックや黒人、アジア人を無視していると判断されてしまった。いずれ、白雪姫やシンデレラは白人女性ではなく、アフリカ系かヒスパニックになるかも知れない。白雪姫が黒雪姫なんてブラック・ジョークだ。王子様が黒い姫を見たら、キスをせずにそのまま通り過ぎてしまうだろう。永久に眠ったままのお姫様では、名作アニメではなく短編コントだ。シンデレラがインド人か支那人なら、お姫様に見えず、便所掃除の召使いみたいで、クーリー(苦力)と呼ばれてしまうだろう。

daisy ridley 1John Boyega 3Adam Driver 2Lupita Nyongo








(左:デイジー・リドリー/ジョン・ボイエ/アダム・ドライヴァー/右:ルピタ・ニョンゴ)

  新たな三部作の第1弾となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャスティングを見たらガッカリするというより、呆れて物が言えなくなる。レイ役にはイギリス人若手女優のデイジー・リドリー(Daisy Ridley)が起用されたが、ぱっとしない平凡な女性である。フィン役には黒人俳優のジョン・ボイエ(John Boyega)が抜擢された。これには黒人客を引きつけようとする意図がミエミエである。いかにも、ハリウッドらしい人選だ。黒人を主役級にして、「ちゃんと人種的バランスをとっていますよ」、と観客にアピールしている。また、黒人女優だってしっかり出演している。ルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong'o)という女優は、メキシコ出身のケニア人である。オリジナル・メンバーのハリソン・フォードが出演するから話題を攫っているが、今回ハン・ソロの息子らしいカイロ・レン役を、アダム・ドライヴァー(Adam Driver)が演じるようだ。一体、どんな頭をした奴がキャスティングの責任者なんだ?  以前このブログで紹介した『ガールズ』に出演していた俳優だが、こんな人物が主要キャラクターを射止めるなんて昔なら考えられない。

Adam Driver 4Andy Serkis as Gollum




(左:アダム・ドライヴァー/右:ゴラムの動きを演じたアンディー・サーキス)

  人種の多様性を重視するスター・ウォーズでは、さらに異質な肉体を持った俳優を起用している。オスカー・アイザック(Oscar Isaac)はガテマラ出身の俳優だし、アンディ-・サーキス(Andy Serkis)はアルメニア系イラク人を父に持つ役者だ。彼の容姿は中東アジア人らしくても、国籍はブリテンとなっている。サーキス氏は人気映画『ロード・オブ・ザ・リング』でゴラム(Gollum)を間接的に演じていたから、日本でもよく知られているだろう。今回のスター・ウォースで一番ましな役者といったら、マックス・フォン・シドー(Max von Sidow)くらいである。彼はスウェーデン出身の名優で、あの『エクソシスト』でメリン神父を演じた人物だ。アレック・ギネス見たいなオーラを持つ俳優で、唯一名作にふさわしい役者である。

Max Von Sydow ExorcistHan Solo 1Andy Serkis 3Oscar Isaac 4








(左:マックス・フォン・シドー/ハリスン・フォード/アンディー・サーキス/右:オスカー・アイザック)

  最新作のスター・ウォーズで注目すべき点は、監督がジョージ・ルーカスからユダヤ人監督のジェフリー・J・エイブラム(Jeffrey Jacob Abrams)に替わったことだ。ユダヤ人制作者の特徴は、まず同胞のユダヤ系役者を優先し、その次ぎに人種的構成を考えることにある。西欧系白人の国であったアメリカを、意識的あるいは無意識的に嫌い、宿主の人種意識を変革しようとするのだ。しかし、その時には自らの欲望を混ぜながら破壊しようとする。例えば、西欧系白人男性には、冷血漢や犯罪者、裏切者、頑固者といった役柄を割り当てる。白人俳優には変態とか、黒人を差別する偏見の持ち主、上流階級の名士だが麻薬使用者といった役を命じる。ユダヤ人の俳優には、女にもてる優しい紳士、各人種を平等に扱う正義漢、弱者を救う弁護士、権力に立ち向かう刑事、米国を助けるイスラエル諜報員、といった現実とは違う役柄を創作する。しかも、さえないユダヤ人が金髪の北欧女性と恋に落ちる設定だったりする。アメリカ白人が怒り出すのは、映画の中で美しい白人娘と黒人をセックスさせることだ。例えばTVドラマの『アロー』が挙げられる。しかし、ユダヤ人女性と黒人男性の不倫とか、アラブ人女性とユダヤ人男性のセックスとかはほとんど無い。ユダヤ人は意図的な嫌がらせを、娯楽作品の中に混ぜてしまうのだ。

Dakota Fanning 4Drew Barrymore 6







(左:ダコタ・ファニング/右:ドリューバリモア)

  ユダヤ人監督には、西歐人男性を貶めようとする感情と、高嶺の花たる西欧系女性を好む傾向がある。ユダヤ人は白人娘に憧れを抱くが、彼女の父親は異質な種族の男を排斥しようとする。1960年代までのアメリカでは、ユダヤ人などは家に招いて食事をするような人間ではなかった。テキサスやジョージアなどの白人酒場に、ユダヤ人がのこのこ入って行くようなことはなかったようだ。ホテルだってユダヤ人が宿泊すると格が落ちるので断る場合が多かった。だから、ユダヤ人は白人の男どもに敵意を抱いていたのである。そんな訳で、ユダヤ人監督は、映画の中で自分の復讐心を満たすため、南部白人を愚弄するような場面を作るのだ。『CSI』や『クリミナル・マインド』を観ればわかる。スティーブン・スピルバーグの映画を注意深く観ていると、ユダヤ人同胞に対する贔屓(ひいき)と北欧系少女に対する好みが分かるだろう。もっとも、商売だから映像を華やかにし、作品を魅力的にするため、わざと起用していたのかも知れない。映画『ET』では金髪の名子役ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)を使い、TVドラマ『テイクン(Taken)』では可愛らしいダコタ・ファニング(Dakota Fanning)を登用していた。大人の女優でもキャサリン・モリス(Kathryn Morris)を連続して使っていたから、お気に入りの女性だったのかも知れない。実生活では、『インディアナ・ジョーンズ』に出演していたケイト・キャプショー(Kate Capshaw)と結婚していた。

Drew Barrymore 5Kathryn-Morris 4Kate Capshaw 3










(左:ドリュー・バリモア/中央:キャサリン・モリス/右:ケイト・キャプショー)

  しかし、男優をキャスティングする際には、西欧系男優よりもユダヤ人を優先するようだ。たとえば、『ジョーズ』や『未知との遭遇』で主役を務めたリチャード・ドレフュス(Richard Dreyfuss)、『フック』でのダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)、『ザ・ロスト・ワールド/ジュラシックパーク』のジェフ・ゴールドブラム(Jeff Goldblum)、『トランスフォーマーズ』でのシャイア・ラブーフなどを思い出せば分かるだろう。もちろん、ハリウッドにはユダヤ系俳優がうじゃうじゃいるから致し方ないが、それでも異常に多い。ユダヤ系のハリソン・フォードをちょくちょく使っていたのは、たんに大物スターだからだろう。しかし、スピルバーグ氏が同胞のぱっとしない、華のない凡庸なユダヤ人や黒人女優を主役に登用しないのも変だ。それに、『アミスタッド』のような作品で、黒人奴隷の悲劇を描いているが、ユダヤ人の奴隷商について沈黙しているのは納得できない。彼の作品『ミュンヘン』では、イスラエルの報復テロを擁護しているが、イスラエルのイルグン(テロ集団)が二人のイギリス兵を捕まえ、吊し首にした事件は映画にしないだろう。(Irgun Announces Hanging of Two British Soldiers ; Warns of More Reprisals, The Jewish Telegraphic Agency, JUly 31, 1947) また、米国の機密情報を盗んで捕まったユダヤ人ジョナサン・ポラード(Jonathan Pollard)は、スピルバーグ監督の興味を引かない。イスラエルのスパイを務めていたポラードを映画にすることは、心の祖国イスラエルに対する裏切り行為になるからだ。

Richar Drefuss 2Dustin Hoffman 1Jeff Goldblum 5Shia_LaBeouf 3








(左:リチャード・ドレフュス/ダスティン・ホフマン/ジェフ・ゴールドブラム/右:シャイア・ラブーフ)

  ユダヤ人の映画監督や脚本家が西歐人に抱く恨みは、在日朝鮮人が持つ日本人への怨念と共通するものがある。在日あるいは帰化鮮人の内面には、何らかの日本人男性に対する敵意があるはずだ。一般的に、異民族同士の男は警戒心や敵愾心をもつ傾向がある。しかし、朝鮮人男性は日本人女性に対して激しい憎しみがない。やはり、性欲の対象、すなわち肉体的に征服する相手だから、心の余裕ができて寛大になれるのだろう。日本人を心から憎む帰化鮮人の代表といえば、まず第一に孫正義が挙げられる。ソフトバンクのCM(テレビ広告)を見れば一目瞭然。日本人の父親を白い犬にして、その息子を黒人に設定するなど、日本人を公然と侮辱している。孫会長は同胞に向けて、「日本人に復讐してますよ」とメッセージを送っているのだろう。犬の妻は樋口可南子にし、その娘を上戸彩にしているところを見れば、朝鮮人の欲望がうかがえる。つまり、おしとやかな日本人妻と可愛らしい娘を支配下に置きたい、という無意識の願望があるのだろう。注目すべきは、白戸家の祖母文子(若子文子)の再婚相手に、朝鮮系の若手俳優、松田翔太を抜擢したことだ。白戸家の犬と黒人が嫉妬するような、若くてハンサムな義理の祖父に、朝鮮系役者を用いたのである。日本の男は食肉用の動物と劣等人種という設定なのに、偉そうな態度の祖父には二枚目の朝鮮人を据えたのだ。孫正義の発想を疑わない日本人は本当に脳天気である。米国のユダヤ人が、対立するイギリス系およびスコット系の白人男性に怨みを抱き、映像の中で彼らを貶める復讐と重ね合わせれば理解できるはずだ。他国に寄生する異民族には、卑しさと陰険さの共通点があると認識すべきである。

soft bank 1soft bank 2soft bank 3孫正義






(左:白戸家の親子/祖母の文子/松田翔太/右:孫正義)

タブー破りの先駆的映画


  『スター・ウォーズ』と並ぶSF人気映画、『スター・トレック(Star Trek)』を手掛けたJ.J.エイブラムが、スター・ウォース最新作の監督を務めるから、映画での俳優選びは、人種構成を配慮したキャスティングになるだろう。見事予想通り、多民族主義の結果となった。スタート・レックはかつてスキャンダルを起こしたことがある。劇中で捕らわれたカーク船長(ウィリアム・シャトナー/William Shatner)と黒人のウーラ副長(ニシェル・ニコルズ/Nichelle Nichols)がキスをする場面があった。(もっとも、シャトナー氏はユダヤ人だから、白人視聴者は目くじらを立てることもなかったのだ。彼の本名はSchattnerである。) 放送されたのは1968年で、アメリカでは異人種結婚がタブー視されていた時代である。それなのに、テレビ画面に堂々と黒人とのキス・シーンが流れたのだ。白人社会を叩き潰そうとするハリウッドの意図が窺われる作品であった。『スター・トレック』の制作スタッフは、熱心に多民族社会を促進しようとし、積極的に少数民族を役に登用したのである。たとえば、日系俳優のジョージ・タケイやロシア系のウォルター・コーニッグを起用したのだ。(Scott Mendelson, How ‘Star Wars’can be the next‘Star Trek’, Forbes, November 6, 2013)

George Takei 3Walter Koenig 1Leonard_Nimoy 3






(左:ジョージ・タケイ/中央:ウォルター・コーニッグ/:右レオナード・ニモイ)

   多様な人種を登庸する伝統がある『スター・トレック』を復活させたエイブラムズ監督なら、『スター・ウォーズ』を多民族教育の教科書にするくらい朝飯前だ。彼は作品の伝統を大切にし、カーク船長役にユダヤ人俳優のクリス・パイン(Chris Pine)を抜擢した。パインの母親はロシアから来たユダヤ移民の娘で、彼自身は不可知論者だそうだ。ちなみに、初代スポック博士を演じたのは、ユダヤ人俳優のレオナード・ニモイ(Leonard Nimoy)だが、新作ではイタリア系のザカリー・クウィント(Zachary Quinto)が登用されてしまった。しかし、ご安心を。彼は公然たるゲイで、ジョナサン・グロフとデートしたり、マイルズ・マクミランと同棲したりするホモセクシャルである。カトリック信徒の両親がどう思っているか分からぬが、教会で結婚式を挙げることはなさそうだ。いかにもリベラル風なエイブラム監督は、様々な文化や趣味を尊重するユダヤ人らしい。

Zachary Quinto 4Zachary Quinto 5Zachary Quinto 7








(左スポック博士/中央ザカリー・クウィント/右ゲイの恋人とキスをするクウィント)

  エイブラム監督が多民族主義の映画を作るのは、何も個人的趣味だけではなさそうだ。アメリカには映画会社に多様な人種を採用するよう圧力をかける団体が存在する。映画やTVドラマに西欧系白人が多く出演しているから、その割合を低くしろ、という抗議があるそうだ。たとえば、TVドラマは白人役者が多く、人種的多様性(racial diversity)が足りないと指摘される。少数民族、すなわち有色人俳優の割合が低い番組が多いというわけだ。無料放送のテレビ局を見てみると、有色人の率が10パーセント以下の番組が全体の23.2パーセントを占め、有色率が11から20パーセントの番組だと全体の35.4パーセントを占めるようになる。有色率が31から40パーセントになる番組は、全体のたった15.2パーセントだ。この例をあげれば、『マイク&モリー』『ボーンズ』『スキャンダル』『ロー&オーダー』となる。(2014 Hollywood Diversity Report: Making Sense of the Disconnect, The Ralph J. Bunche Center for African-American Studies at UCLA, February 2014, p.11) 有料のケーブル・テレビ局になると、少し内容が違ってくる。有色人の比率が10パーセント以下の番組は、全体の37パーセントを占め、11から20パーセント以下の番組だと、全体の25.3パーセントを占めるのだ。やはり、お金を払って視聴する番組だと、お客の要求を真摯に考えないと経営が成り立たないからだろう。アメリカ白人の視聴者が、お金を払ってまで有色人種が出演するドラマを観たいとは思わない。黒人やヒスパニック出演者の比率をある程度抑えないと、画面が暗くなって魅力が低下してしまう。もちろん、黒人やヒスパニック視聴者を狙った専用チャンネルも存在するから、白人ばかりのケーブルテレビ局があってもいいはずだ。視聴者が望んだ番組を制作し、販売するのは自由社会の特徴である。それにイチャモンをつけてくる黒人団体の方が異常なのだ。白人ばかりの番組に文句があるなら、黒人俳優ばかりのドラマを作って販売すれば良いだろう。日本では日本人だらけの番組を制作・販売しているじゃないか。自由なドラマ作りを憎む黒人や少数民族は、インドやトルコ、ブラジルに移住すればよい。ただし、これらの有色人国家では、もっと露骨な白人至上主義がはびこっているけど。(日本ではあまり報道していないが、びっくりするような藝能事情がある。) こうした国々と比べれば、肌色民族の日本人は幸せな国に住んでいるなぁ、としみじみ思えてくる。

Ewan McGregor 3Hayden Christiensen 2Natalie Portman 4






(左:ユアン・マクレガー/中央:ヘイデン・クリステンセン/右:ナタリー・ポートマン)

  エピソード7からはじまる『スター・ウォーズ』新三部作は、益々多民族・多文化主義が濃厚となるだろう。世界中に公開して大金を儲けようとしているから、キャストに様々な人種を登用して非西歐人にアビールするんじゃないか。とくに、有色人の子供をターゲットにするディズニー社が制作するのだから、支那人やインド人、アラブ人にまで媚びる配役を計画するだろう。悪役は西歐人にすれば大丈夫。暗黒卿のシーヴ・パルパティーン役は、スコット人俳優のイアン・マクダミッド(Ian McDiarmid)を当てたが、どこからも非難は無かった。彼を見ていると、どことなく元KKKの民衆党議員ロバート・バード(Robert Byrd)氏を思い出してしまう。亡くなったバード上院議員は9選を果たす長老代議士であったが、何となく暗黒卿が似合う二枚舌の政治家であった。ドゥークー伯爵を演じたクリストファー・リー(Christopher Lee)は、吸血鬼ドラキュラ伯爵で有名だったから問題なし。暗黒界の悪役だって不思議じゃない。前三部作ではデンマーク系のヘイデン・クリスティンセン(Hayden Christensen)やスコット系ユアン・マクレガー(Ewan McGregor)を使ったから、西歐人の観客にはサービスしたはずだ。最新作では、老けたキャリー・フィシャーが出演するようだ。かつてレイア姫を演じたユダヤ人女優の老後が見える。パドメ・アミダラ役にを演じたナタリー・ポートマン(Natalie Portman)は、西欧系観客とユダヤ人の両方を満足させる人選だった。西歐人の遺伝子を多く持つナタリー・ポートマンを使えば、西歐人とユダヤ人の観客が納得するから、ルーカス監督は頭がいい。

JJ Abrams 2Ian McDiarmid 3Robert Byrd 2








(左:J.J.エイブラム監督/中央:暗黒卿シーヴ・パルパティーン/右:ロバート・バード議員)

  主要キャストを西歐人にしておくなら、人種的バランスを取るために黒人俳優を起用するのも当然だろう。ジェダイ・マスター役にはサミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)を用いた。またもや「偉い役どころは黒人」というハリウッドの慣習に従った配役である。FBI長官とか上院議員には黒人俳優をあてることが多い。現実を反映して、黒人を下っ端に使ったり、犯罪者役を命じると、黒人評論家から文句が出る。TVドラマ『ザ・ワイヤー(The Wire)』は、リアルに黒人犯罪者の街ボルティモアを描いて批判を受けた。CBSテレビには日本の「警視庁24時」みたいなリアリティー番組『コップス(COPS)』がある。この番組は結構人気があったのだが、黒人犯罪者ばかり映し出すドキュメンタリー番組として批判されてしまった。そんなこと言ったって、現実的に黒人が多くの暴力犯罪を起こしているのだから、非難したってしょうがないだろう。筆者もニューヨークのある宿に泊まっていた時、夜中にうるさいので窓の外を覗くと、黒人どもが拳銃をぶっ放していた。眠かったのに安眠を妨害されて迷惑だった。それでも疲れていたから熟睡。38口径拳銃みたいな軽い銃声音だったから良かった。また別の地域での出来事。夜中にある通りを歩いていたら、道の先で黒人同士が拳銃で殺し合っていたので、しぶしぶ迂回せねばならず遠回りだった。余りにもつまらない事件だったので、野次馬になる気もしなかった。黒人が殺人事件を起こすのは勝手だが、街路地で銃撃戦を行うと周りの通行人に当たってしまうので迷惑だ。日本で起これば好奇心から見てしまうが、米国だと毎度のことで時間の無駄に思えてくる。言うまでもないが、一般の日本人滞在者は夜中に歩かない方が悧巧だ。

Ian McDiarmid 2Samuel_L_Jackson 3Christopher lee 1Christopher lee 3







(左:イアン・マクダミッド/サミュエル・ジャクソン/右:ドゥークー伯爵とドラキュラ伯爵のクリストファー・リー)

人選の自由がない藝術作品

Tobey Maguire 3Andrew Garfield 3Andrew Garfield 5Donald Glover 1


(左:トビー・マグワイアー/アンドリューガーフィールド/スパイダーマンのガーフィールド/右:ドナルド・グローヴァー)

  ヒット作品を利用して、アメリカ社会を精神的に変えてしまおう、とするユダヤ人は有害種族である。アメリカはイギリス系入植者が建てた国だから、西欧系国民が主流でも仕方ないだろう。嫌ならイスラエルに住めばいいのである。ユダヤ人が西歐人から憎まれるのは、映画を商業的に成功させるために、ヨーロッパ人の主役を用いながら、所々でユダヤ人共演者を混ぜたり、ユダヤ人の思想を植え付けるからだ。たとえば、ユダヤ人が制作した映画『スパイダーマン』では、最初ピーター・パーカー役にトビー・マグワイアー(Tobey Maguire)を起用したが、二代目はユダヤ人のアンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)にしてしまった。共演者のジェイムズ・フランコ(James Franco)もユダヤ人俳優である。ヒロインのメリー・ジェーンは白人女優のままで、ユダヤ人がヒーローの映画に作りかえてしまった。最近では映画会社側が、黒人俳優のドナルド・グローヴァー(Donald Glover)を、ピーター・パーカー役に据えようと考えたらしい。さすがに、黒人スパイダーマンは評判が悪かったので却下したようだ。日本だってブーイングが起きるんじゃないか。アフリカ人スパイターマンじゃ映画を観に行く人が減るだろう。しかし、かつてはヒスパニック役者をスパイダーマンにしようとする企画があったから、一概に無謀な計画とは言えなかった。アメリカ国内で有色人種の人口が急増したから、ビジネス・チャンスと見たのだろう。これも「オバマ・ショック」の余波かも知れない。ちなみに、トビー・マグワイアーは、ユダヤ人宝石デザイナーであるジェニファー・マイヤーと結婚したそうだ。マグガイアー氏は閨閥(けいばつ)で、俳優生命が安泰となったんじゃないか。女房の実父はユニヴァーサル・スタジオのCEOロナルド・マイヤー氏である。岳父が映画化界の大物だし、ジェニファーの義父はラビのデイヴッド・バロンであるから、ユダヤ人脈をバックにつけたことになる。ユダヤ・ハリウッド社会で出世が望めそうだ。

Tobey Maguire 6Jennifer-Meyer 1Ronald Meyer 1david baron Rabbi





(左:トビー・マグワイアー/ジェニファー・マイヤー/ロナルド・マイヤー/右:デヴッド・バロン)

  人種の多様性で配役を決めるのは『ターミネーター』や『スター・ウォーズ』ばかりではない。新たに作られるマーヴェル映画『ファンタスティク・フォー(Fantastic Four)』でも、ちゃんと黒人とユダヤ人の役者を混ぜている。アイリス系女優のケイト・マラ(Kate Mara)とイギリス系俳優のアンドリュー・ジェイムズ・ベル(Andrew James Bell)を支柱にして、黒人俳優のマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)とユダヤ人俳優のマイルズ・テラー(Miles Teller)を加えている。前作では黒人ヒーローを入れていなかったから反省したのだろう。アメリカでは映画の題材が枯渇したのか、銭を稼げるスーパー・ヒーロー映画が多く作られる。そうした作品では、如何なる人種を用いても不自然ではないから、世界規模の市場を見据えた時、制作会社と投資家にとって誠に都合が良い。無国籍映画は儲かる。舞台はアメリカでも出演者は地球市民だから、英語を喋っていても障碍にならない。外国では吹き替え版が普通で、日本のように字幕で観たいなんて客は少ない。アメリカ映画が低迷しているのは、特徴があるようで内容が乏しい作品が生産されるようになったからだ。投資額が大きくなった上に、制作会社が巨額な収益を期待するあまり、内容より売上げ高を優先させてしまうのだ。有名俳優のギャラが高くても、集客力があれば良いとする風潮が蔓延している。マーヴェル・コミックのヒーローを寄せ集めて作った『アヴェンジャーズ』なんて映画は、興業収益と関連グッズ販売の為に生み出された、長編CF(コマーシャル・フィルム)に過ぎない。

Kate Mara 2andrew james bell 1Miles Teller 1 Jordan 4








(左:ケイト・マラ/ジェイムズ・ベル/マイルズ・テラー/右:マイケル・ジョーダン)

  アメリカではもはや、西欧系俳優だけで映画を作る事なんて出来ないだろう。もし、そんな作品を作れたら、意外にヒットするんじゃないか。音楽界では、ポップスやカントリー、ジャズ、ロックといったジャンルに別れていても商売が成立している。たとえば、マライア・キャリーのようなゴスペル・ポップがある一方で、ハード・ロック専門のメタリカが人気を保っている。また、軽いロックのボンジョビ、ダンス音楽のブリトニー・スピアーズだって好評を博している。それなら、映画だって、黒人やユダヤ人抜きの配役で、全編西歐中心のドラマを作ってもも良いのではないか。世の中にはヒスパニック女優ばかりのメロ・ドラマや、黒人だらけのコメディー映画だってあるのだ。

bottoms 5Bottoms 1エースをねらえ 1





(左装甲騎兵ボトムズのキリコ/中央フィアナ/右「エースをねらえ」の一場面)

    人種比率の縛りがあるアメリカ人が、日本の漫画やアニメを観れば、その自由さに驚くだろう。未だに人気の高い『装甲騎兵ボトムズ』のキリコ・キュービィーと恋人のフィアナやライバルのイプシロンは西歐人タイプだ。昔のアニメも凄い。少女に人気があった『エースをねらえ』では、竜崎麗香(お蝶夫人)は北欧美女の設定で、宗方仁コーチだって西歐人タイプで、サッカーの岡ちゃん(岡田武史)みたいな日本人ではない。コミックとアニメで人気の『コブラ』だと、大胆に描かれる美女は、明らかに北欧女性だ。しかし、原作者の寺沢武一が、好きなようにデザインしているのだから問題ないだろう。それに、文句をつけない日本人だって偉い。日本はアメリカのような表現の制約がなくて、藝術の自由が保障された先進国だ。(ついでに言えば、アニメの実写化は止めて欲しい。『北斗の拳』『クライング・フリーマン』『ドラゴンボール』『マッハGoGo』を観れば分かるとおり、無惨な結果に終わっている。)

Cobra 1cobra 4cobra 2





(左:コブラ/中央:ジェーン・ロワイヤル/右:コブラとドミニク)

  自由な漫画アニメを楽しんでいる日本人なのに、アニメ制作会社は多文化主義や人種的配慮をアニメに持ち込んでいる。たとえば、2009年に制作された『サイボーク009/RE: CYBORG』では、オリジナルのキャラクター・デザインを修正している。支那人のサイボーグたる006は、滑稽な支那人顔のキャラクターだったのに、その特徴を消して凡庸な張々湖(ちゃんちゃんこ)にしている。アメリカン・インディアンの005ジェロニモですら、かなり修正された姿になってしまった。一番ひどいのは、ケニア人ピュンマのデザイン変更である。分厚い唇をもつ008は、顔がオリジナルと別人になってしまった。1960年代の劇場版からはほど遠いキャラクター・デザインで、黒人差別を是正した結果だろう。しかし、原作者の石ノ森章太郎は、黒人を愚弄するために描いたのではないから、オリジナル作品を尊重すべきだ。日本に蔓延する自己検閲の因習は実に陰険である。

005 jeronimo 1006 Chang003 re 1







(左:005のジェロニモ/中央:以前の006張張湖/右:新たな006張)

    昔の原作を現在の価値観で改造してしまうのは嫌なものである。文学でも、谷崎潤一郎の小説を文部省漢字と現代假名遣ひで表記したら味が変わるだろう。幸田露伴や森鷗外の小説出でも同じ結果になるはずだ。永井豪の『ハレンチ学園』を破廉恥だから出版禁止としたらおかしい。映画『座頭市』でも同じ問題が持ち上がる。劇中の同心や岡っ引きが、主人公の「いち」を「盲(めくら)のあんま」と呼ばず「目のご不自由なマッサージ師」と言い換えたら観客は白けてしまう。それに、日本人ばかりの時代劇はけしからん、ということで、朝鮮人や支那人の役をつけ加えるようになったらお仕舞いである。映画や漫画は所詮フィクションなんだから、政治とは切り離して制作すればいいのだ。原作者が勝手気ままに描いた作品を、庶民が自由に購入できることが大切である。配役が偏見と差別に基づいてもいいじゃないか。サイボーグの『ターミネーター』をシュワルツネッガーでなく、胡錦濤が演じてもいいだろう。そのほうがリアリティーがある。ただし、チベット人は観に行かないだろうが。中華思想に凝り固まった支那人だって、胡錦濤版ターミネーターは観ないだろう。支那人なら正直だから、西洋人が出演する映画にお金を払うんじゃないか。朝鮮人のイ・ビョンホンなどボロクソに酷評するだろう。アメリカ白人が、支那人の自由な意見表明を聞いたら、内心うらやむかもしれない。アメリカ人が持てない言論の自由が、支那人にあったら悔しがるだろうな。





人気ブログランキングへ