教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 支那人の卑史 朝鮮人の痴史
黒木 頼景
成甲書房


好評発売中 !

偽善者は暴力的セックスの常習者

Eric Schneiderman 5Barbara Bowman 3








(左: 加害者のエリック・シュナイダーマン  /  右: 被害者のバーバラ・ボウマン)

  日本の財務次官はセクハ発言で辞任へ追い込まれたが、アメリカの州法務長官はサド的セックスが暴露され、辞任する破目になった。表面上、レディー・ファーストをマナーとする米国では、どの権力者も立派な紳士を気取っている。が、裏に回ると何をしているのか分かったもんじゃない。民間企業や中央官庁でもセクハラや性差別が絶えず、勇気を振り絞って被害を訴える女性もいるが、大抵は権力者の前に膝を屈し、「泣き寝入り」となるケースが普通みたいだ。しかし、ニューヨーク州の法務長官(Attorney General)という地位に就くエリック・シュナイダーマン(Eric Scheiderman)は、運が悪かったのか、それとも天罰だったのか、被害者女性に訴えられ、その地位を失うことになった。

  確かに、ウーマンリブが浸透した米国だと、過度なセクハラや交際相手との“いざこざ”で辞任する男は多いけど、シュナイダーマンのスキャンダルは特筆すべき醜態である。というのも、彼は先頭を切って「#MeToo運動」を支持していたし、セクハラ行為を厳しく糾弾する「民衆党の大物」であったからだ。とりわけ、数々の女優を食い物にしてきたハーヴェイ・ワインシュタイン(Harvey Weinstein)を法的に追求し、被害者に充分な賠償金を与えるべし、主張していたのである。それにしても、「正義の味方」が実は「兇暴な変態」だったとは、TVドラマ「24」よりも意外性に富んでいるじゃないか。ハリウッドの脚本家が映画の参考にしそうだ。ワインシュタインの悪行については、以前、当ブログで紹介したので、ここでは繰り返さない。

Harvey Weinstein 33Ashley Judd 11Anjelina Jolie 0032Gwyneth Paltrow 1








(左: ハーヴェイ・ワインシュタイン  /  被害者のアシュリー・ジャッド / アンジェリーナ・ジョリー / 右: グィネス・パルトロー )

  確かに、シュナイダーマンは公務員で、ワインシュタインは民間人という違いはあるが、二人に共通しているのは、「良心」や「正義」を売り物にするリベラル派で、自らの権力を利用して女を弄(もてあそ)ぶ「ユダヤ人」という点である。まぁ、彼らの破廉恥行為と民族性は直接関係無いけれど、非難される者と譴責する者が同種族なんて、偶然にしてはあまりにも出来過ぎている。(神様が暢気なアメリカ人に警告を与えているのかなぁ ?) それはともかく、我々でも苦笑してしまうのは、シュナイダーマンが「タイム」誌に送ったメッセージである。同誌は一連のセクハラ問題を特集し、被害者女性の声を取り上げた事でピューリッツァー賞をもらうことになった。その知らせを聞いたシュナイダーマンは、「権力を持つ男性の下にありながら、セクハラについて声を上げた勇気ある人々だ !」と称讃したそうだ。じゃあ、シュナイダーマンに訊くけど、自分を訴えた恋人たちも「勇気ある人々」なんだよねぇ?

  このシュナイダーマンに暴力を受けたと訴える女性は四人いるそうだけど、その内の二人しか表に出てこなかった。一人はミッシェル・マニング・バリッシュ(Michelle Manning Barish)という白人女性で、もう片方はターニャ・セルヴァラトナム(Tanya Selvaratnam)というスリランカ生まれの茶色い女性である。姓名が公表されていない第三番目の女性は、二人に自分が味わった恐怖を語ったそうだ。彼女はシュナイダーマンに服従する状態に置かれ、頻繁に同意の無い肉体的暴力を受けたという。つまり、交際していたが、暴力的なセックスを強要されたという事だ。しかし、彼女はシュナイダーマンが怖くて他人に漏らすことができなかったという。

  第四番目の被害者は、ニューヨークの法曹界でちょっとは名の知れた弁護士であるらしい。ある時、シュナイダーマンが彼女に言い寄って体を近づけてきたので、それをピシャリと撥ね付けると、シュナイダーマンは“思いっきり”彼女の頬をビンタしたそうだ。あまりにも力強く引っぱたかれたので、翌日になっても痕(あと)が残っていたという。彼女を取材した雑誌記者は、その時の顔を撮した写真を見せてもらったそうである。聞くだけでも憤ってしまうが、シュナイダーマンから殴られたとき、彼女は苦痛と恐怖に震え、泣きじゃくっていたそうだ。

  外国人には信じられないけど、こんなゲス野郎が、次期ニューヨーク州知事の最有力候補であった。娼婦を買って辞任した元州知事のエリオット・スピッツァー(Eliot L. Spitzer / ガリシア系ユダヤ人)といい、どうしてこうも民衆党のリベラル派は、裏と表の顔が違うのか。このスピッツアーも州法務長官を務めたことがあり、そこから州知事に出馬した人物である。彼はニューヨーク州の検事局に勤めていたとき、組織犯罪の摘発で名を馳せ、その実績を以て法務長官と知事に選ばれていた。それなのに、自分が泊まったホテルにコールガールを呼んでしまい、盗聴していたFBIにバレて辞任となる。しかも、女房を側において釈明会見を行うんだから、恥知らずというか鉄面皮というか、呆れ返って物が言えない。

Spitzer & Svetlana Zakharova TravisEliot Spitzer & wife 2







(左: 娼婦のスヴェトラナ・トラヴィスとエリオット・スピッツァー  /  右: 夫人と記者会見に臨むスピッツァー )

  話を戻す。テレビ画面に出て被害を訴えたミシェル・マニングについて紹介すると、彼女はクリス・バリッシュと離婚したシングルマザー。彼らの間には娘が一人いる。ミシェルとシュナイダーマンが出逢ったのは2013年の7月で、共通の友人を介してのことであった。しかし、その関係が破綻したのは2015年の元旦らしい。ミッシェルはフェミニストで政治的関心も高く、弟のイラク派兵が決まったとき、それに抗議すべく、有名な左翼団体「ムヴ・オン(MoveOn.rog)」に加わったそうだ。ちなみに、この組織にもジョージ・ソロスの資金が注入されており、2004年、ジョージ・ブッシュ再選阻止の時は、少なくとも2千万ドルが献金されていたという。(Jeff Johnson, George Soros's $ 30M Welfare Check, Front Page Magazine, April 26, 2005) 日本人は左翼団体の代表とか宣伝係にしか興味を持たないが、そこに大金を流している人物こそ最も重要で、表に現れない献金者の方に注目すべきなのだ。当り前だけど、「札束」という「実弾」で操っている黒幕こそ本当の悪人である。ここでは言及できないが、莫大な資産を有するソロスが行っている数々の「慈善活動」には注意が必要だ。彼の権力地図を見ると、みんな本当にビックリするぞ。将棋界のレジェンド、加藤一二三(ひふみ)先生じゃないけど、「ひゃゃ~」て叫びたくなるんだから。

Michelle Manning Barish 1(左  / ミシェル・マニング・バリッシュ )
  左翼教育を受けてリベラル派になったフェミニストなんてゴマンといるけど、ミシェルは権力志向が強かったのか、民衆党で頭角を現したシュナイダーマンに惹かれて行ったそうだ。日本では「知らぬが仏」と呼んで小馬鹿にするが、アメリカには常識知らずの高学歴バカが本当に多い。ミッシェルはシュナイダーマンの正体を知らずに、ロマンティックな関係に落ちていったそうで、資金集めを担当していたノーマン・リアーは、周囲の者に彼女をシュナイダーマンの次期花嫁と紹介していたそうだ。もしかしたら、ミッシェルは未来の州知事夫人を夢見ていたのかも知れない。でも、現実は違った。何というか、タブロイド紙の連載小説に出て来そうな、悲劇の序盤が待ち受けていたのである。

  支那産のウナギにはマラカイトグリーン(猛毒の染料)、朝鮮産のキムチにはウジムシが混ざっていた。さて、アメリカ産の甘い蜂蜜には何が混ざっていたかというと、“後悔”という「苦み」である。甘い生活に浸っていたミッシェルは、徐々にシュナイダーマンの本性に気付いて行く。ある夜、ウエスト・サイドのアパートメントで愛を育む二人であったが、ベッドに向かうシュナイダーマンはいつものように酒を口にし、ついにミッシェルを「淫売(whore)」と呼んでしまった。この罵倒にミッシェルは驚き、すかさず言い返す。彼女も酔っ払っていたので記憶が定かではないが、シュナイダーマンの「行為」に関しては明確に覚えている。というのも、酒が回っていい気になっていたシュナイダーマンは、平手で思いっきり彼女の顔を殴ったのだ。その衝撃は彼女の耳に鳴り響き、突然の恐怖で全身に戦慄が走った。ミッシェルは何が何だか判らない。殴られた勢いで彼女はベッドに倒れ込んだという。

  押し倒されたミッシェルは立ち上がり、シュナイダーマンに掴み掛かるが、相手は力強い男である。彼女は再び倒され、彼に首を絞められてしまうのだ。シュナイダーマンがミッシェルの首を締め上げると、彼女は脚をバタバタさせた。どのくらい時間が経ったのか分からぬが、やっと解放されたミッシェルは、何とか自分の脚で立ち上がったそうである。しかし、あまりのショックでその場で号泣。そりゃそうだろう。訳も解らず“いきなり”ぶっ飛ばされれば、誰だって怯えるじゃないか。ところが、その“犯行”現場には唖然とする会話があった。「優しさ」で獲物を捕らえたユダヤ人は、虜(とりこ)の白人女にチョーク攻撃を仕掛ける。当然、首を圧迫されたミッシェルは、無我夢中で抵抗し、シュナイダーマンを爪でひっかいた。すると、「傷」を負った法務長官様は、ミッシェルに向かって怒りをぶつけたそうだ。「あのなぁ~、 法の番人をひっかくのは重罪(felony)なんだぞ !」、と。(Jane Mayer and Ronan Farrow, "Four Women Accuse New York's Attornry General of Physical Abuse, The New Yorker", May 7, 2018 / 註: 以下の話も、この記事に基づく。)

  普通の日本人女性なら、「えっ !! 何 ? 今、なんて言ったの?!」と耳を疑うだろう。か弱い女性をぶん殴った男が刑法犯じゃなくて、殴られた被害者女性が罪に問われるなんて、シュナイダーマンはどういう頭をしているんだ ? 心の底から恐怖を味わったミシェルは、あの夜を一生忘れることができない、と語っていた。この暴行を以てミシェルはアパートを出て行くことに決め、シュナイダーマンに向かって「もう二度と戻らないから !」と言い残していった。 その後、彼女は親しい友人(女性)三名に「事件の顛末」を打ち明けたという。話を聞いた親友の一人によれば、ミシェルはかなり落ち込んでいたそうで、相当なショックを受けていたらしい。

Eric Schneiderman & Michelle 1(左: シュナイダーマン  /  右: ミシェル・マニング)
  精神的に参っていたミシェルだが、肉体的にも苦しんでいた。数ヶ月もの間、彼女は耳鳴りや痛みを抱えていたそうで、ある時、耳から血が滴り落ち、鎖骨の所にまで垂れているのに気付いたそうだ。そこでミシェルは病院に赴き、耳鼻科医のグウェン・コロビン先生に診てもらった。すると、コロビン先生はミシェルの耳の中に血の塊を発見したという。専門医の所見によれば、原因は殴られた時の打撲にあるらしい。当り前だ。自然と耳から血が流れるなんて普通では考えられない。

  ところが、女心は解らないもので、ミシェルは自分の取った行動を悔いて、再びシュナイダーマンのもとへ、と戻っていった。これって、ヤクザのヒモにぶっ叩かれながらも、別れられないホステスと似ている。暴力をふるった男が、後日、「痛かったかぁ? 済まねえな・・・。あの時は酔っていたからよぉ」と優しく抱擁すると、女の方もつい赦してしまう。この蟻地獄に気付かない酌婦がいかに多いことか! ジキルとハイドの人格を持つ男は反省なんてしないんだから。(「イマイチ解らない」という女性は、業田良家の傑作漫画『自虐の詩』を読んでみることだ。) 案の定、シュナイダーマンも花束とワインを持って、ミシェルのもとを訪れ、謝罪に来たという。シュナイダーマンは心から暴力を詫びたわけではないが、ミシェルが折れたことで、二人は断続的に付き合っていたそうだ。

  しかし、暴力をふるう男が滅多なことで悔い改めることはない。これは世間の常識。嘘と思うなら、銀座のクラブを廻ってみればいい。「聞くも涙、話すも涙」の悲劇が、ホステスの口からこぼれてくるだろう。でも、フェミニズムやリベラリズムに染まったアホには解らない。今の大学教育というのは、健全な常識を削除して、その空きスペースに下らない「人権」とか「平等」を刷り込む、といった「品のいい改造作業」になっている。気を許してシュナイダーマンを部屋に入れたミシェルは、再び恐怖を味わうことになった。いつもの如く酒を浴びるように呑むシュナイダーマンは、ミシェルにも勧め、彼女の顔を手で支え、グラスを唇に持っていった。何度も飲ませているうちに、酒が彼女の顎や胸に滴り落ちる。シュナイダーマンはかなりの酒豪で、ワインを2本飲み干すなんてザラだ。泥酔したときなど、砕けたグラスで脚に怪我をする事がよくあった。酔っ払って顔から倒れる事もあったそうで、翌日目が覚めたとき、どうして負傷したか分からないこともしばしば。こんな呑兵衛だから、酒が回れば“いつも”の野獣に戻るのは目に見えている。

  酒癖が悪い上に、精神安定剤まで常用していた、というんだから、本当にシュナイダーマンは質(タチ)が悪い。ある夜、二人がベッドを共にした時、シュナイダーマンはミシェルの体を揺らし、その顔を摑むと、自分が言ったことを繰り返すよう強要した。彼はミシェルに向かい、「私は憐れな淫売よ !」と口にするよう命じたのだ。そして、「今度オレから離れたら殺すぞ !」と脅かしたらしい。ヨリを戻したミシェルだが、反省のカケラもないシュナイダーマンを見て愛想が尽きたのか、ようやく、この男と別れることにしたという。リベラル派の高学歴女ってのは、保守派のナショナリズムを批判する時は、やれ「頑固者 !」、「人権無視だ !」、「女性を侮辱している !」と騒ぐくせに、自分の私生活だと、普段から嫌う「情けない下女(はしため)」なんだから。「自分の姿を鏡に映してみろ」と言いたい。

Jean-Paul Sartre 2Jean-Paul Sartre & Simone de BeauvoirSimone de Beauvoir 2








(左: ジャン・ポール・サルトル  / 中央サルトルとボーボワール  /  右: シモーヌ・ド・ボーボワール)

  ここでは直接関係ないけど、日本のインテリ女が持て囃すシモーヌ・ド・ボーボワール(Simone L.E.M.B. de Beauvoir) も、私生活では惨めな女中であった。彼女の恋人(内縁の亭主 / 情夫 ?)が哲学者のジャン・ポール・サルトル(Jean-Paul Sartre)であったことは有名だ。このフランス人フェミニストは男性優位の社会を批判し、女性の独立とか主体性、自由について高邁な理想を語っていたが、私生活にまわると、せっせとサルトルのパンツを洗っていたのだ。あんな青瓢箪のサルトルに惚れるなんて、ボーボワールの頭はどうかしている。正常な日本人女性が見れば、「なに ? この気持ち悪いユダヤ人! いくら学校の成績が良くても、私は絶対に付き合わない !」と断言するだろう。(註: サルトルは極左ユダヤ人。) 人の好みはそれぞれだから、一概に言えないが、サルトルのツラを見て好きになる女性がいるのか? 出川哲朗の方がよっぽどマシだぞ。

Ooe Kenzaburo 2Kobayashi Hideo 1Agawa Hiroyuki 1谷沢永一2







(左: 大江健三郎  / 小林秀雄  / 阿川弘之 / 右: 谷沢永一 )

  ところが、日本の大江健三郎は別で、女々しいサルトルを大絶賛。この非日本的小説家は、アルジェリア出身のフランス知識人に憧れていたのか、愛媛県生まれのくせに、クラブのお姉ちゃん達を前にして「俺、アルジェ生まれなんだ !」とほざいていた。このホラ話を近くで耳にしていた、作家の阿川弘之は虫酸が走っていたそうだ。そう言えば、昔、小林秀雄が大江の小説を読んで、あまりの愚劣さに腹を立て、コテンパンに扱き下ろしていたことは有名だ。亡くなった渡部昇一先生や谷沢永一先生も、へんてこな大江の小説が理解できず、英訳本を期待していたそうだ。だいたい、日本の偉大な碩学が読んでも解らない、日本語の小説って何だ? 新潮社の社員だって密かに同意するだろう。でも、彼らが口を噤んでいるのは、おそらく、大江を担当した先輩のメンツを考えているからじゃないのか。ノーベル文学賞を与えるなら、三島由紀夫の方が遙かに相応しい。

手込めにした茶色い奴隷

Tanya Silvaratnam 2(左  /  ターニャ・セヴァラトナム)
  脱線したので話を戻す。ミシェルを失ったシュナイダーマンに、またもやカモが現れた。今度の獲物はターニャ・セルヴァラトナム(Tanya Selvaratnam)だ。彼女は『The Big Lie : Matherhood, Feminism, and Reality of Biolocical Clock』という本を書いた作家であるが、役者やプロデューサー業も兼ねているそうだ。彼女も政治的関心の高いフェミニストで、進歩的思想を以て社会を改善したいと願っている。ところが、残念なことに、世間の女性よりも自分の身を案ずる状況になってしまった。ターニャはシュナイダーマンの要望により、彼のアパートメントで暮らすようになったが、ベッドでの激しい“セックス”に曝される日々になったという。図に乗ったシュナイダーマンは次第に激しくターニャを殴るようになり、もうそれは変態プレーの域を越えていた。シュナイダーマンにとったら刺戟的なセックスでも、ターニャにとったら単なる苦痛だ。

Yamazaki Taku 1Yamada Kanako 1(左: 山崎拓  /  右: 山田かな子)
  女をビンタするだけでも非常識なのに、興奮したシュナイダーマンは、よりにもよって「三人プレー」の妄想に取り憑かれるようになった。あぁぁ~あ、ついに山崎拓さんの十八番に辿り着いたという訳か ! 以前、愛人問題で騒がれたとき、附随的にバレてしまった性癖なのだが、この元副総理は山田かな子さんという愛人に向かって、「君のお母さんを誘って三人でプレーしたい」、と頼み込んだらしい。もう唖然とするほかないけど、「拓ちゃん」にとったら至高の「夢」なんだろう。普通の日本人ならゾっとするけど、精力旺盛な元防衛庁長官にとっては真剣な目標なのだ。(ついでに言えば、山拓さん特別編集の「エロ写真集」も見てみたい。彼は雑誌のエッチ写真を切り抜いて、独自のアルバムを作ったそうだ。それにしても、政治家っていうのは、様々な「特技」を持っているんだなぁ。) 小泉純一郎は「山タフ」さんと呼んで笑い飛ばしていたが、週刊誌報道を読んだ福岡の有権者は「エロ拓」先生にドン引きだった。後援会のオバちゃん達も呆れ返っていたから、落選したのも無理はない。興味本位で尋ねるが、山拓さんは「タフマン」とか「ユンケル」を飲んでいたのか? 以外と普通の食生活だったりして・・・。

  日本の政治家は脇に置いといて、シュナイダーマンの話を続ける。「三輪車」をしたいからターニャに「もう一人、女を見つけてこい!」と言い付けた法務長官は、ますます傲慢になっていた。何と、彼はターニャに向かって自分を「御主人様(Master)」と呼ぶよう命じたそうである。そして、言われたようにするまで彼女を殴ったらしい。ターニャがスリランカ系の有色人種なので、シュナイダーマンは彼女を見下し、「茶色い奴隷(brown slave)」と呼んでたそうだ。信じられないけど、「奴隷主」気取りのシュナイダーマンは、彼女に屈辱的な言葉を口にするよう命じたらしい。我が耳を疑ってしまうが、「私はあなた様の所有物です !」と繰り返すよう強要したのだ。

Tanya Silvaratnam 1Eric Schneiderman & Tanya 1









(左: 「性奴隷」にされたターニャ  /  右: ターニャとシュナイダーマン)

  これがニューヨークのユダヤ人から支持を受け、「弱者への迫害はケシカラン !」と叫んでいた男のすることか? 女性の人権だ、少数民族の権利だ、と口うるさく唱えていたシュナイダーマンは、マイノリティーの「か弱き女性」をぶっ叩き、脅迫と暴力で辱めていたのだ。しかも、このゲス野郎は偽善者の標本みたいな奴で、トランプ大統領が不法移民に対して門戸を閉ざすと、「トランプは反ユダヤ的レトリックにドアを開いたのだ」と非難したのである。("NY attorney general says Trump open door to anti-Semitism rhetoric", Jewish Telegraphic Agency, September 18, 2016) たかだか、密入国者や強姦魔を排除するだけなのに、反ユダヤ主義を持ち出して「葵の御紋」にするんだから、セム系の異民族は支那人と変わりが無い。こんな態度だから、ユダヤ人は何処に行っても嫌われ者なんだ。気に食わないことがあれば、直ぐに「反ユダヤ主義」を切り札にする。この呪文を唱えれば何でも自分の思い通りになると信じているんだから、ユダヤ系アメリカ人は四の五の言わず、とっととイェルサレムに帰れ !

  ミシェルの場合と同じく、ターニャといる時も、シュナイダーは酒をがぶ飲み。酔っ払ったユダヤ人長官は、彼女の頬を叩き、唾を吐きかけ、首を絞めた。激昂したシュナイダーに首を摑まれた「性奴隷」は、苦しくて息ができず、只もがくばかり。もはや、シュナイダーマンは殴ること無しに彼女とセックスを“楽しむ”事ができなかった。ターニャの話によると、シュナイダーマンは女性蔑視のサディストであるという。彼女が有色人種の劣等民族であるからなのか、シュナイダーマンは事ある毎に彼女を侮辱し、その腰に腫瘍の摘出痕を見つけると、この傷跡を美容手術で治してこい、と命じたそうだ。さらに、彼女の髪型が気に入らないとケチをつけるし、胸が小さいから「豊胸手術を受けてこい !」と言い付け、服装がダサいと「もっと別の服を買って身につけろ !」と怒鳴る。しかも、彼女の友人を「間抜け」呼ばわり。シュナイダーマンは何様のつもりなんだ?! 以前、ミシェルが危険な横断歩道について話した時、シュナイダーマンは彼女に応えて、「俺様が法律なんだ」と豪語したらしい。さぁ~すが、権力を握ったユダヤ人は違うねぇ。アラブ系アメリカ人が聞いたら、何て言うのかなぁ?

  一連の暴力沙汰で公職を辞任したけど、シュナイダーマンは本当に偽善者だった。彼は州法務長官になる前、ニューヨーク州の上院議員を務めていた。彼は同僚のヒアム・モンセレート議員の家庭内暴力を調査する委員会で議長席に坐り、女性を保護する法案を作成したことがあった。州上院議員だったモンセレートは、恋人に暴力をふるった容疑で有罪となり、議会から追放されてしまう。この件で注目すべきは、シュナイダーマンの「正義感」である。ニューヨーク州議会は、家庭内暴力による首締めは特殊な犯罪には当たらない、と判断したが、シュナイダーマンはこの「暴力」を「深刻な犯罪」と受け止め、「懲役刑にすべきだ !」と言い放った。ミシェルはどの顔(ツラ)下げてそんな事が言えるの、と呆れていたそうだ。でも、筋金入りの偽善者は平気だった。公の場でシュナイダーマンは議会が手間取ったことを陳謝し、自分の法案で多くの命が救われるであろう、と喝破したそうだ。もう、筆者は言葉が出ない。まるで習近平が民衆の自由や人類愛を説くようなものである。まったく困ってしまうが、居るんだよねぇ~、こういうクズが。なにしろ、世界は広いから。

薬を使って強姦する黒人コメディアン

Bill Cosby 4Bill Cosby & Linda Kirkpatrick







(左: 若い頃のビル・コズビー  /  右: 犠牲者のリンダ・カークパトリックとコズビー)

  弱者の味方を標榜する偽善者の中には、裏の顔を隠し持つ輩が実に多い。例えば、最近有罪判決を受けたビル・コズビー(Bill Cosby)もそうだ。ご存じ、彼は大ヒット番組の「コズビー・ショー」で一躍有名となり、気さくで明るい黒人コメディアンと見なされていた。優秀な医者を演じるTVドラマの中で、コズビーは家族思いの優しい父親をこなしていた。妻に対しては誠実、子供たちにとっては憧れの大人であったから大人気。筆者も1980年代に放送されたこのドラマを観ていたが、無理矢理つくった「理想の黒人家庭」にしか思えず、何となく批判の目で眺めていたのを覚えている。当時も、荒れ果てた黒人家庭が多かったので、テレビ局の制作者や脚本家は、知識人の「おしどり夫婦」を設定し、問題を起こしても従順な子供たち、何が起きても最後はパッピー・エンドで幕を閉じる温かい家庭、いう幻想を作りたかったのだろう。だが、それは白人家庭ドラマの焼き直し、つまり、黒人役者で置き換えた二番煎じに過ぎない。これなら、マイケル・J・フォックスが出演した『ファミリー・タイズ(Family Ties)』の方がマシである。

Bill Cosby Show 1Bill Cosby 2







(左: 「コズビー・ショー」の家族と一緒のコズビー  / 右: 裁判で有罪判決を受けたコズビー )

  人気を博したドラマが終了した後も、コズビーは精力的に様々な黒人活動に励んでいた。しかし、過去のセクハラや強姦が明るみになり、その名声は地に堕ちてしまった。昔から、彼は気に入った女性を見つけると、自分の部屋に呼び寄せ、酒やジュースの中に薬を混ぜて、獲物を痺れさせたという。飲み物を口にした女性は意識朦朧となり、コズビーの性的な「オモチャ」になった。例えば、若手女優のハイディ・トマス(Heidi Thomas)はコズビーが演技指導をしてくれるというから、彼の部屋を訪ねた。しかし、コズビーにワインを勧められ、つい飲んでしまったら記憶が飛んでしまったそうだ。彼女の証言によると、コズビーのペニスが口の中に入ったらしい。女優のルイーザ・モリッツ(Louisa Moritz)も同様の経験があり、1971年、有名な「トゥナイト・ショー」の楽屋でコズビーに襲われたらしい。コズビーは自分のペニスを彼女の口に押し込もうとしたそうだ。(Carly Mallenbaum, Patrick Ryan and Maria Puente, "A complete list of the 60Bill Cosby accusers and their reactions to the guilty verdict", USA Today, April 27, 2018)

Heidi Thomas 1Bill Cosby Barbara BowmanTamara Green 2









(左: ハイディ・トマス   /   中央: バーバラ・ボウマン   /   右: タマラ・グリーン)

  この超人気コメディアンは、50年にも及ぶ長い藝歴をもつが、それ同時に連続強姦魔でもあったのだ。判明しただけでも60名以上の女性が被害を訴えているのだ。ということは、沈黙したままの女性を含めば、100名近くになるんじゃないか。とにかく、コズビーは女優の卵や駆け出しのモデルが大好きだ。バーバラ・ボウマン(Barbara Bowman)もその一人で、当時(1985年)、彼女は女優を志した17歳の少女であった。バーバラは何度も薬を飲まされ、その都度強姦されたという。元弁護士のタマラ・グリーン(Tamara Green)も1970年代にコズビーの餌食となり、19歳の体を狙われたそうだ。コズビーは風邪薬だと偽って錠剤を飲ませ、意識が遠のいた彼女を部屋に連れ込み、淫らな行為をしたという。コズビーは彼女の服を脱がせ、抵抗する彼女を押さえ込み、その指をの彼女の陰部に挿入したらしい。

  もう紹介するのも嫌だけど、コズビーがモデルでダンサーのクロエ・ゴインズ(Chloe Goins)に対して行った淫行は、実におぞましいモノだった。彼女はプレイボーイ・マンションのパーティーに参加したとき、コズビーに薬を盛られて気を失ってしまったそうだ。この黒人が飲み物に薬物を混入するのは「いつも」の手口である。しばらくして彼女が目を覚ますと、コズビーは彼女の爪先を噛みながら、マスターベーションを行っていたのだ。一般女性なら、この信じられない光景を目にして、「ギァァァァ~」と絶叫するだろう。白い液体をペニスから発射する黒人なんて・・・。コーヒーにクリープ(乳製品)を入れるとき、“ふと”思い出すじゃないか。南海キャンディーズの「しず」ちゃんなら、反射的に右フックを顎に噛ますぞ!!

Louisa Moritz 1Chloe Goins 21Bill & Camille Cosby









(左: ルイーザ・モリッツとコズビー   /  中央: クロエ・ゴインズ   /   右: 有罪判決を受けても、亭主を弁護するカミーラ夫人)

  この不届きな黒人に辱めを受けた女性は数えきれず、プレイボーイのバニー・ガールを務めていたP.J.マステン(P.J. Masten)や、大学生のアンドレア・コンスタンド(Andrea Constand)など、多くの若い娘が屈辱の涙を流していたのだ。そして意外なのは、コズビーに襲われた女性の大半が白人であったことだ。もちろん、被害者の中には黒人女性もいたが、あまりにも多くの白人女性がいたのでビックリする。白人で黒人女性を強姦する者は極めて少ないのに、黒人で白人女性を犯す者はゾロゾロいるから不思議だ。米国のマスコミはこの点を避けて報道するから本当にいかがわしい。「報道しない自由」は米国にもあるという証拠だ。

Andrea Constand 1Bill Cosby & P.J. Masten








(左: アンドレア・コンスタンド  /  右: コズビーとP.J.マステン)

  偽善者はどの国にもいるから、殊さらアメリカだけが異常とは言えまい。しかし、あけほど高い社会的地位に就く人物が、二重人格を持っていたとは驚きだ。普段は弱者を擁護する進歩的文化人なのに、私生活では弱者を食い物にする外道だなんて、人間不信になってしまうじゃないか。アメリカでのセクハラ事件を見て分かるのは、権力を握った者が横暴をはたらくことができ、その不祥事を揉み消すこともできるという構造だ。密かに囁かれていることだけど、有名人の地位に就けば、途方もない性慾を解放でき、それを告発しようとする女性を黙らせることができる。たとえ、周囲の者が気付いても、権力者からの報復を恐れるから、見て見ぬ振りを決め込んでしまうのだ。日本の藝能界も同じだけど、大御所は色々な人脈を持っている。したがって、小娘の泣き言なんかは屁でもない。こうしたクズ野郎は、被害者を有り余る札束で黙らせるか、「もう、この業界で働けなくさせるぞ!」と脅せば諦めるはずだ、と思っている。アメリカ人の女性が、自らの権利や抑圧の撤廃を叫ぶのは「自立した女性」が多いからではなく、あまりにも酷い現実が存在するからだ。つまり、勇気を振り絞って立ち上がらないと、死ぬまで負け犬のまま。それが嫌だから、恥を忍んで過去を暴露するのだ。日本のフェミニスト学者やピンク色に染まった女学生は、日本を「男尊女卑の国」と吐き捨てるが、歐米社会の実態を自分の眼で見てみればいい。そうすれば、「なぁ~んだ、そうか。やっぱり、日本に生まれて良かった」と安心するぞ。
  



人気ブログランキング