無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

テロリズム

続・安田純平への疑問 / 怪しい弁解の裏にある秘密

教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 支那人の卑史 朝鮮人の痴史
黒木 頼景
成甲書房

好評発売中 !

真相は闇の中へ

Yasuda 1Yasuda 3







  テレビ朝日を始めとするマスメディアは、安田純平が無事に解放されたことで「よっかった、よかった」で幕引きにしようと企んでいる。しかし、まともな日本国民は納得できない。非政府組織(NGO)シリア人権監視団(ロンドン)によれば、安田氏を解放するために300万ドル(約三億三千万円)が支払われたそうだ。(奥田哲平 「英NGO『安田さんの身代金は3億円』 政府は支払い否定」 東京新聞  2018年10月24日) 拘束していたグループは以前から150万ドルを要求していたというから、カタールは二倍の金額を払ったことになる。だが、この身代金の出所は日本政府からに違いない。親切なカタールが出してくれた、と思う日本人は相当頭が腐っている。菅官房長官は「出していない」と否定するが、そんな答弁を信じる日本人はいないだろう。

  身代金の件はともかく、我々が注目すべきは、解放後になされた安田氏の釈明である。命乞いをする映像の中で、なぜ「韓国人」と自称したかについて、安田氏は次のように述べていた。

   「他の囚人(監禁被害者)が、釈放された後に『あそこにニュースで出ている人質の日本人がいる』と言われたら、私の監禁場所が世間にばれて(犯行グループが)攻撃されるかもしれない」と説明。そのため、「『韓国人だと言え』と言われた」といい、従ったという。(下司佳代子、井上亮   「安田さん『私は韓国人』発言の真意を語る 憶測呼んだ動画」 朝日新聞 2018年10月25日)

  こんな話を聞いて納得する日本人は何人いるのか? 彼の説明は理解に苦しむ。釈放された元囚人が、安田氏のニュース報道を見て、犯行グループの居場所をバラしてしまうから、テロリストが安田氏に「韓国人」と言うよう命令したそうだが、安田氏が「私は日本人」と言おうが、「私は韓国人」と言おうが、テレビ画面に映った捕虜を見れば、「あっ、一緒に拘束されていた奴だ!」と分かってしまうだろう。しかも、映像を目にした元囚人は、安田氏が話す言葉を日本語と理解できたのか? テロリストに拘束された捕虜の中で、日本語を理解できた者は何名いたのか? 安田氏は答えるべきだ。

  それに、なぜテロリストが「韓国人と言え!」と命令したのか? 安田氏を拘束した犯人は、日本政府に対して身代金を要求していたのだから、動画の中で安田氏の国籍を偽る必要があったとは思えない。最初から安田氏を「日本人」と判っていたのに、なぜ日本政府へ向けた映像メッセージで「韓国人」にしなければならないのか? 第一、安田氏に「韓国人」を名乗らせると、拘束場所を隠すことになるのか? また、既に何名かの捕虜を解放しているのに、テロリスト集団が同じ場所に留まっているとは到底考えられない。例えばもし、身代金を受け取ってシリア人捕虜とかアメリカ人捕虜を解放したら、報復を警戒して監禁場所を変えるはずだ。それに、捕虜が拘束されている場所を確定できるとは限らない。中東アジアの曠野なんか何処も似たようなものだし、ずっと建物の中に監禁されていたら自分の居場所がどこなのか判らないはずだ。映画でもよくあるが、一般人が拉致されると、行き先を悟られないよう頭に袋を被せ、クルマで連行されるのが普通である。だから、被害者はどこに監禁されたのか見当もつかない。それとも、安田氏はクルマの窓越しに風景を見ながら、監禁場所に連行されたというのか? 兇暴なテロリストが捕虜の目隠しをせずに、アジトへと連れてくるなんて馬鹿げている。釈放するときだって、取引の場所に着くまでは、捕虜の頭に袋を被せておくのが常識である。

Yasuda 6Yasuda 5







(左: ぼかしのある安田氏のメモ  /  右: ボカシを外された安田氏のメモ)

  とにかく、安田氏は真相を隠すために「嘘」をついているんじゃないか。「韓国人」を名乗ったのは、本当にテロリストからの命令だったのか? 安田氏の直筆とされるメモを見ると、本名が「山本純平」で、職場での名前が「安田純平」であるらしい。だが、マスコミが息子を心配する両親を訪ねた時、テレビ局は父親を「安田英昭」と母親を「安田幸子」と紹介していた。本名らしい「山田」という姓にふれなかったのはなぜか? 安田家に対する忖度だとしたら、過剰な配慮である。マスコミは左翼仲間に対し特別な配慮を示す。テレビ局が安田氏のパスポートを映したとき、なぜか姓の部分にモザイクをかけていたが、それは「山田」という姓を隠すためだったのか。「純平」という漢字と「Junpei」というローマ字だけを公開し、姓の部分を伏せたのは安田氏に対する「気配り」だったのかどうか、一般国民には分からない。そもそも、マスコミが妙な小細工をするから、世間で安田氏の本名は朝鮮人の「安」ではないのか、という憶測が飛び交ってしまうのだ。だいたい、「山田」という本名を公表すると、一体どんな不都合があるのか? 国民の税金を使って解放されたんだから、安田氏は本名や素性を明らかにすべきだ。

Yasuda 4Yasuda 11








(左: ぼかされた安田氏のパスポート  /  右: 命乞いをする安田氏)

  安田氏の肉筆を読んで更に驚くのは、安田氏夫人が亭主を「純平」ではなく、「パク・ハットク(Paku Hattoku)」と呼んでいたことだ。日本人でこんな「ニックネーム」は極めて珍しい。「Paku」って朝鮮名の「朴」のことか? それとも、他の意味をもつ外国語なのか? 安田夫人はテレビ番組に出演し、夫の「韓国人」発言を否定していたが、それなら安田氏のメモについて説明すべきだ。安田氏の両親だって、なぜ息子が「韓国人」と自称したのか、その真相を知りたいはずである。それに、「私は韓国人」と言えば、在日韓国大使館や韓国の政治家だって驚くじゃないか。

日本語を許すテロリスト

  八月に我々は日本政府に命乞いをする安田氏の動画を見たが、一部の人々は違和感を抱いたはずだ。というのも、安田氏が日本語で喋っていたからである。普通、外国人のテロリストが捕虜に喋らせるとき、自分が判らない言葉でメッセージを送るれば不安を感じるものである。例えば、アラブ人のテロリストがロシア人の大富豪を拉致したとする。当然、犯人は家族に電話を掛けて身代金を要求するだろう。そうなれば、被害者家族は本人の声を聞かせろと要求するはずだ。ただし、犯人たちはロシア語ではなく英語で話すよう命じるはずだ。なぜなら、犯行グループからすれば、捕虜がロシア語で何を言っているのか解らないし、隠語で何らかのヒントを伝えるかも知れないので、未知の言葉による会話だと危険だ。だから、テロリストが理解できる英語での簡潔な命乞いが一番いい。安田氏の場合も同じで、監禁場所を知られたくなければ、テロリストが理解できる英語を命じたはずだ。たとえ拙い英語であっても、テロリストは安田氏のメッセージ内容を把握できる。妙な言葉を発すれば、その場で射殺すればいい。ところが、犯人たちは安田氏に日本語を許していた。これはどう考えてみても変だ。監禁場所の発覚を恐れるテロリストが、訳の解らない外国語(日本語)を許すなんておかしい。(もしかしたら、安田氏と犯人は仲良しで、お互いの「信頼感」が築かれていたりしてね。)

Yasuda 10Yasuda 9









(左: 解放された安田氏  /  右: 安田氏の両親)

  これは筆者の個人的な感想に過ぎないが、解放された安田氏は思いのほか健康そうである。とても三年間にも及ぶ監禁生活を送った人物とは思えぬほど血色が良い。どんな食事を与えられ、どのような環境で拘束されていたのか判らないが、随分と健康そうなので驚いた。極悪人のテロリストが栄養バランスを考えた食事を与えていたとは思えない。普通なら、残飯程度の食事だから、捕虜は痩せこけてフラフラである。また、興味深いのは、三年もの間、服や下着をどうしていたのか、という点だ。 誰かが着替えのブリーフやシャツを与えてくれたのか? そして、風呂やシャワーを浴びる機会があったのかも知りたい。歯磨きはどうしたのか? 三年間一度も歯を磨かずに過ごしても、虫歯はなかったのか? それとも、歯磨き程度は許されていたのか? また、毎日の排便でトイレット・ペーパーを与えられていたのか? それとも、水で肛門を洗う日々であったのか? 朝日新聞やTBS、NHKの記者は、安田氏の歓迎報道ばかりしていないで、どのような虜囚生活だったのか、“具体的”に問い質すべきである。ジャーナリストがジャーナリストに質問せず、肝心な点を曖昧にしたまま、「はい、お終い !」にするなんておかしい。

  テレビ朝日などの左翼メディアは安田氏を庇い、必死で「自己責任論」を回避しようと企んでいる。安田氏は外務省の警告を無視して、強引に渡航した訳だから、自己責任と言われても反論できまい。しかも、日本国民の税金を使って解放されたというのであれば、世間に対し深く謝罪すべきだろう。テレ朝の玉川徹などは安田氏を「英雄」扱いにしているが、無謀な取材をして拘束されただけじゃないか。こんな奴がデカい顔をして、拘束中の苦労話を自慢するなんて赦せない。左翼ジャーナリストは常日頃、日本政府を厳しく批判するくせに、自分が困れば「国民を救出するのは国家の義務だ」と言い放つ。インターネット上で安田氏への非難が渦巻くのは、地上波テレビが国民の怒りを報道しないからだ。地上波のワイドショーが安田氏を擁護する番組で埋め尽くされているから、規制の緩いインターネットが炎上してしまうのだ。主要メディアが掲げる「報道しない自由」とか「左翼に優しい報道規制」は実に忌々しい。インターネットしかない個人が安田氏を非難すると、大手のマスコミは「ヘイトスピーチだ」と足蹴りにするが、「公平中立」を看板にするメディアが、相変わらず偏向報道を続けているから国民の不満が爆発するんじゃないのか。安田氏が反省するなら、言葉ではなく行動で示せ。日本政府は安田氏に身代金の一部を返済するよう迫ってもいいはずだ。政府は税金の徴集ではなく、使い道を厳格にしろ。



人気ブログランキング

安田氏の素性は謎のまま / 解放された疑惑のジャーナリスト

教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 支那人の卑史 朝鮮人の痴史
黒木 頼景
成甲書房

好評発売中 !

解放された疑惑のジャーナリスト
Yasuda 2











  長らくテロリストに拘束されていた安田純平が解放されたという。彼の家族や友人は喜んでいたが、一般の日本国民は複雑な気持ちを抱いている。なるほど、「邦人」の命が助かったことは良かったが、どうして解放されたのか、その理由が明らかにされていないから、何かもどかしい。人権監視団のアブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表によれば、「身代金は日本ではなく、カタールが支払った。記者の生存や解放に尽力したという姿勢を国際的にアピールするためだ」とのこと。(「安田さん解放に身代金=カタール支払いとシリア監視団」 時事通信 2018年10月24日) 安田氏はトルコの仲介により、シリア領内でトルコと親しい非シリア系武装組織に引き渡され、保護されたそうだ。

  我々が注目するのは、安田氏の解放に関して身代金が支払われたかどうかだ。筆者は以前、当ブログで政府が払うんじゃないかと予想したことがある。日本政府は肯定していないが、安田氏の解放に際し、何らかの形で身代金が支払われたようだ。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によれば、複数の情報筋が身代金の支払いを囁いているという。(「シリアで拘束の安田さん解放か 身代金支払いの情報も」 AFP 2018年10月24日) 菅義偉官房長官は明言していないが、身代金という直接的な形ではなく、別の方法で取引に応じた可能性が高い。つまり、仲介してくれたトルコやカタールに後で経済援助を増やすとか、別の形で政治的配慮を示すとかして謝礼を渡すはずだ。(既に渡しているかも。) 日本政府が直接テロリストに現金を渡さなくても、現地の有力者や部族長、宗教指導者などに「報酬」を与え、仲介者になってもらえばすむ話だ。この仲介者がテロ集団にいくら支払おうが、日本政府の知ったことではない。だから、安倍首相は記者会見で「身代金を一銭も渡していません」と断言できるのだ。

  でも、日本政府の声明は詭弁だろう。こんな言い訳が通用するなら、商品券で賭け麻雀をした警察官だって、「現金を賭けていないから博奕ではありません」と言い逃れができる。また、パチンコ屋の帰化鮮人も調子に乗って、「そうだ、そうだ、パチンコは博奕じゃないぞ !」と言いかねない。もし、朝鮮人経営者が開き直って、「客が勝手に景品交換所で現金を摑んでいるだけだ」と言い張ったら、我々はどう思うのか。だいたい、カタールが「善意」だけで仲介の手間をとってくれる訳がない。たとえ、報酬を要求されなくても、「これは“貸し”にしておくね !」と言われれば、日本の外交官は「えぇぇっっ、じゃ、どれくらいのお返しを期待しているんだろう?!」と困惑し、省内のお偉方はハラハラはずだ。日本では「タダほど高いものはない」と言うじゃないか。会社の課長や部長に送るお中元だって、「いくら何でも海苔や缶詰じゃマズいだろう。せめて高級ロース・ハムか松坂牛くらいにしておかないとなぁ~」と考える。だから、外国に送る「謝礼」となれば、相当な金額になるはずだ。

  マスコミ各社は安田氏が解放されたことで祝杯ムードだが、拘束中に安田氏が口にした「私は韓国人」という発言には何故か触れることはなかった。テロリストを背後にして懇願する安田氏の映像を流すのに、「韓国人」のセリフはどの局もカット。地上波テレビが彼の素性を説明することは一切無い。しかし、これはおかしい。なぜ、テロリストは安田氏に「韓国人」を名乗らせたのか? 安田氏は日本政府に助けを求めたはずなのに、韓国人ではお門違いになってしまうじゃないか。たぶん、安田氏は韓国人を示す書類なりIDカードを持っていたに違いない。つまり、テロリストが安田氏の所持品を調べたとき、英語で「Korea」と表示された身分証明書を見つけたから、彼を「韓国人」と思ったのだろう。そうでなければ説明がつかない。中東のテロリストが日本語や朝鮮語を読めるとは思えないし、そもそも、安田氏を「韓国人」に仕立てて何の得があったのか?

  マスコミには朝鮮人に対する根深い侮蔑がある。安田氏を支援するジャーナリストは、彼が朝鮮系の人物であることを「不利」と考えているのだろう。もし、安田氏が帰化鮮人と判明すれば、日本の輿論は彼に対して批判的となり、同情が集まらないから、朝鮮人の家系を伏せる事にしたんじゃないか。普段、反日左翼は民族差別は“いけない”と説教するくせに、都合が悪くなると血筋を隠して「日本人」のようにふるまうので狡い。彼らは朝鮮人が劣等民族であることを承知しているから、堂々と「私は朝鮮人」とか「彼は帰化鮮人です」と言えないのだろう。もし、安田氏が帰化したアメリカ人なら、「彼はアメリカ生まれだったから、テロリストが米国のパスポートを見つけて安田をアメリカ人と勘違いしたのさ」と言えるはずだ。帰化したイギリス人やドイツ人でも同じことで、彼らは何のためらいもなく、「私は元イギリス人」とか「私の母はドイツ人」と公表できるだろう。でも、朝鮮系だとNG。したがって、テレビ局に巣くう安田氏の左翼仲間は、彼が帰国したときに世間からバッシングを受けないよう、予め「韓国人」発言の部分を削除したんじゃないか。

アジア系日本国民が拉致される時代

  おそらく、安田氏が帰国しても、「韓国人」発言の理由はうやむやにされ、「無事に解放されて良かった」との報道で埋め尽くされるだろう。しかし、我々は第二第三の人質事件を想定せねばならない。日本はこれから 多民族社会に突入するので、テロリストに拘束される「邦人」が支那系、タイ系、フィリピン系となるかも知れないのだ。低賃金労働者としてアジア人がやって来れば、日本人と結婚して日比混血児とか日支混血児が生まれてくるし、在日鮮人と帰化インド人が結婚すれば、印鮮混血児が誕生し、「日本国民」として成長する。こうなれば、彼らの中からジャーナリストが出現しても不思議ではない。もし、無鉄砲な連中が危険地帯に赴き、テロリストに拘束されれば、日本政府はまたもや身代金を出す破目になるだろう。いくら混血児でも、「日本国民」となれば救出する義務が生じてしまうから、たとえ国際的非難を浴びようとも、こっそりと大金を渡すことになる。テロリストも日本政府の弱腰を分かっているから、いくらでも吹っかけてくるに違いない。

  現在の日本人は面倒なことが嫌いだから、「税金で片をつけろや !」と言い放ってしまうけど、もし、特殊部隊を使っての奪還作戦になったらどうするのか? 例えば、クルド系日本人のジャーナリストやトルコ系日本人記者がシリアで捕まるが、政府機関が現地の情報を探って監禁場所を摑んだとする。そこで、総理大臣が自衛隊の特殊部隊に命令し、人質の奪還を命ずれば、精鋭の自衛官は黙って従うだろう。我が国の自衛隊は危険を顧みず任務を遂行するから、何名死傷者が出ようとも最後まで諦めない。きっと人質を救出するはずだ。

  しかし、こうした作戦を日系国民は納得できるのか? 確かに、中東アジア系の邦人でも日本国籍を持っていれば「日本国民」だ。当然、日本政府は日系人と同じ扱いをする。だが、銃弾を浴びて冷たくなった自衛官の遺体を目にすれば、「何であんな外人のために我が国の将兵が死ぬんだ?!」と怒りが込み上げてくるはずた。アジア系ないし帰化人の子供といった「日本国民」でも、所詮「書類上の国民」であって、先祖代々の日本人ではない。それなのに、こんな疑似国民を助けるためとはいえ、愛国心に溢れた自衛官を犠牲にするなど言語道断。たとえ、隊員の命が助かったとしても、手足を失うほどの重傷を負えば、その英雄が迎える余生は惨めだ。勲章をくれてやれば済む、という話ではない。自衛官は唇を噛みしめて黙っているが、まともな日系人なら「こんなの間違っている !」と激怒するはずだ。日本の軍人は「同胞」を救うために命を懸けているのであって、福祉目当ての出稼ぎ外人を助けたいから危険を冒すのではない。

  低賃金で働く研修生やアジア移民を歓迎する日本人は、自分の命を危険に晒して彼らを助けようとする意思があるのか? 自衛官と同じように、有事を考えるべきだ。何でもかんでも「嫌な事は自衛官と警察官に丸投げ」では済まない時代が来ている。移民問題に無関心な一般人は、「俺には関係無いさ!」と暢気に構えているが、外国人の帰化を許すということは、我々が先祖から受け継いできた特権を分け与える事なのだ。一旦、彼らに国籍を授与すれば、外見や血筋がどうであれ、自分と対等な人間、すなわち同じ権利を有する「仲間」になってしまう。もし、アジア系移民を「同胞」と思えない日本人は、外人の帰化に賛成すべきではない。日教組教育で洗脳された国民は、自分達を「アジア人」と思っているが、実際にアジアを肌で感じれば、日本人をアジア人と見なす者はほとんどいないだろう。

  アジア系移民を「同胞」として受け容れる日本人は、逆の立場になって考えるべきだ。例えば、ある日本人が結婚を切っ掛けにして、支那国籍とか南鮮国籍、あるいはベトナム国籍、フィリピン国籍を取ったとする。だが、そうした日本人でも現地人を「同胞」とは思えないはずだ。たとえ書類上「支那人」とか「ベトナム人」になったとしても、「私は日本人」という意識は消えないんじゃないか。それに、現地の政府を信用しているとも限らない。もし、テロリストに攫われたら、南鮮政府は「元日本人」を助けるために、貴重な特殊部隊を投入するのか? フィリピン政府は「帰化した元日本人」のために多額の身代金を払ってくれるのか? 北京政府が「元日本人」のためにお金を払うと考える日本人は、ロープを外してバンジージャンプを楽しめ。悲惨な国からやって来るアジア人にとり、「日本国籍」というのは羨望の的である。偽造書類を購入しても手に入れたいと思うアジア人は実に多い。ちょっと考えれば、中東のテロリストが、なぜ支那人や朝鮮人じゃなく日本人を狙うのか、その理由が分かるだろう。安田氏の解放に“いくら”使われたのか判らないが、我々の税金が流用されたことは確かなようだ。



人気ブログランキング




記事検索
最新記事
アクセスカウンター