無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

邦画評論

ルパン三世 (2) 殺し屋はブルースを歌う

過去の男と現在の男

  過去の名作アニメを台無しにする実写化映画は後を絶たない。以前にも述べたが、ルパン三世もゼニゲバの映画資本に狙われてしまった。アイデアに困ったら昔の名作を手直しして二匹目のドジョウを得ようとする。宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムと同じ運命をたどるだろう。演技も弁えぬ若造が芸能事務所の巨大な力で主役にしてもらったのであろう。観客が押しかけてヒットしたからとて、駄作に違いない。観ていないから批判は出来ないが、金を払って銀幕を観る気がしないのだ。大人の観客を嘗めきっている映画など誰が見に行くのか。それが居るんだなぁ。悲しいくらい。平成の日本は昭和の我が国と違っている。外国みたい。

  こんな気持ち悪い映画はゴミ箱に捨てて、第9話『殺し屋はブルースを歌う』を論じてみたい。
 殺し屋プーンは三年前まで不二子と一緒に暗黒街でコンビを組んでいた。しかし、ある時組織の命令で不二子を射殺するよう命じられしまう。海岸の岸壁に立つ不二子に銃を向けるプーンには、どうしても彼女を殺す決断が下せない。組織の掟に逆らえないから引き金に指をかけるが、不二子の心臓を狙うことが出来ず、片を撃つしかなかった。撃たれた不二子は海に落ちてしまった。

  月日が経って不二子はルパンと組んで仕事をするようになったことが分かる。だが、プーンは彼女を忘れられず、ついに不二子を見つけるが、彼女は重傷を負って瀕死の状態に堕ちいる。山小屋に立てこもるプーンはルパンに不二子を帰さない。仕方なく、ルパンは竹の矢に医療道具を詰め込んで小屋に打ち込む。それを使って彼女を治療せとプーンに頼んだ。最期に石を投げつけてプーンの手下を倒したルパンは、うまく小屋に侵入できた。

  瀕死の不二子は、シーツを纏っただけの裸姿でルパンに抱きかかえられている。そこをプーンが見つけて銃を向ける。不二子を抱いたルパンに反撃は出来ない。しかし、みすみす不二子を置いて立ち去るわけにはいかない。プーンがルパンを殺そうとしたそのとき、不二子は自分の手にした拳銃でプーンを撃ってしまう。元恋人の不二子に撃たれたプーンの表情が意外性を物語っている。まさか自分を愛しているはずの不二子に撃たれるとは思っていなかった。崩れ堕ちるプーンを観ると、哀れに思えてくる。裏切られはしたが、死に際に納得した男の気持ちが伝わってくるのだ。

  その後、ルパンと不二子はディスコで踊って楽しい時間を分かつのだが、最後はルパンが彼女にロープで縛られ、ロッカーに押し込められてしまう。港でひとり佇みながら、遠くの海を見つめる不二子。無言の彼女は何を思っていたのか。何も考えないことが心を癒す秘訣かもしれない。

  しかし、不二子がプーンを撃ったときの心理と行動は興味深い。頭ではなく体がとっさにルパンを助けることを選んでしまったのである。プーンに対する気持ちが払拭されていなかったのに、彼を殺しルパンを救ってしまった。昔の男と今の男の間で心が揺れ動き判断が出来なかったのに、体がルパンにほんのわずかだけ傾いていたのである。「不二子」とつぶやいて死んでゆくプーンに、慚愧の念と悲しみがうねりを立てて不二子の全身を駆けめぐる。つくづく制作者の大隅氏は憎いほど上手い演出をしたなと思う。不二子の心と体が別の行動をとったのだ。いい仕事してるな大隅氏。こんなアニメ今じゃどこにもない。セル画の絵も幼稚なものになって、ストーリーも退屈で凡庸なものになってしまった現在のアニメ作品。これじゃ進化じゃなくて退化だ。筆者が古い人間とは思わないのだが、世間はいかに。



人気ブログランキングへ

ルパン三世 (1) 小栗旬かよ! 魔術師パイカルが懐かしい

子供向けの大人のアニメ

   この夏2014年8月に実写版『ルパン三世』が公開されたらしい。筆者は観ていないのだが、予告編を宣伝動画で見たところ、時間とお金の無駄と判断した。映画の評価はかなり酷いものらしい。映画評論家前田有一は100点満点で3点の評価を下した。やはりね。小栗旬とかいう若手俳優が主役だったが、この兄ちゃんが人気者だったので、興行収入はあったのであろう。しかし、作品の質は最低で、駄作との評判である。まあ、ハリウッド映画に憧れた香港映画くらいの出来じゃないか。せいぜい高級ワインの空き瓶といった映画作品だろう。香りはしても中身がない。アニメを実写化して一儲け、というのが映画会社の腹だろ。日本人のファンなら、「やめとけば」と警告するだろうが、人気コミックを実写化して大儲けしているハリウッドが羨ましいのだろう。ドラゴン・ボールだって実写化して惨敗したのに、懲りない銀幕の人々だ。

 ルパン三世はやはり第1シリーズが一番いい。その後のシリーズは二流作品か駄作のどちらか。視聴率を上げることに主眼を置かず、表現したい伝えたいことを自由に作れた良き時代だった。1971年から1972にかけての作品だったから、スポンサーより視聴者を重視したところが立派。1970年代のフランス映画を意識した雰囲気の脚本とキャラクター設定は、子供にとって新鮮であった。しかも、大人の女が妖艶な色気を出したり、悲しい男女の関係を盛り込んだ。手抜きをしてもよさそうなのに、ゼロ・コンマ刻みの正確な腕時計や、ワルサーP38といったドイツ製拳銃や銃身8インチのマグナム44を作画に挿入したのである。

  子供用アニメでも制作スタッフは変な妥協や媚びを売ることがなかった。逆説に聞こえるが、子供に媚びなかったから人気があったのだろう。あのころは博打的度胸がスタッフにあった。おかしくなったのは、『カリオストロの城』がヒットして、大金が転がり込んできたの頃だろうか。映画会社が利益追求型になってしまったのである。左翼嗜好の宮崎駿がアニメ界から骨太のハードボイルドを内側から破壊したのである。ルパンにクールで大人の面がなくなり、五右衛門からも悪党面が消えてしまった。それまでは次々といろんなジャンルのアニメが放送され、秀作駄作が混じりながら多彩な黄金時代を築いていたのに。少年のようなチャレンジ精神に富んだプロデューサーが、札束のビンタで駆逐されていったのである。


  第二話『魔術師と呼ばれた男』は最も印象深い。パイカルという虚弱にみえる青年が、超硬質皮膜成分の薬品を体に塗っているので、機関銃やバズーカで攻撃されても死なない。次元のマグナムでもびくともしないパイカルは、笑みを浮かべて指先から火炎放射を行い、ルパンと次元を黒こげにしてしまう。自分の愚かさを自覚しないで、銃を撃ってくる彼らにパイカルは優越感をもって炎を浴びせかける。観客はこの冷酷さにしびれる。
  彼の目的はルパンが介抱している峰不二子の奪還。まったく手も足も出ないルパンは、不二子をあっさりパイカルに奪われてしまった。自分の不甲斐なさに悔しいルパン。男が愛する女を目の前で奪われる屈辱は耐え難いのである。こんな大人のプライドを子供に示してくれたのだから有り難かった。

  不二子の狙いはパイカルが塗っている薬品の成分を記したスライド3枚を盗むことであった。色仕掛けでパイカルをベットに誘って射殺しようとしたのである。彼女の白くなめらかな太ももがうぶな少年にはたまらない。何度も言うが、子供向けアニメである。裸になってもパイカルの体には薬品が塗られていたから大丈夫。弾をはじいて殺されなかった。いっぽう、ルパンはスライドの謎を解き、同じ薬品を作ってしまう。ルパンは不二子を取り戻しに、パイカルの山小屋に向かう。滝のそばに建つ小屋には不二子とパイカルがいた。ルパンが謎を解いたことを知らぬパイカルは炎をルパンに向ける。だがルパンが炎に包まれても平気な姿にパイカルは焦る。そこでルパンがもっていたスライドも一緒に燃えてしまった。ルパンは薬品の欠点、つまり薬品の効果は長時間もたないことを暴露する。ルパンの薬の方が新しいから、耐火性が強い。ルパンが噴射する炎に包まれたパイカルは、最後の力を振り絞って滝壺に垂らしたロープを降りるが、途中でロープが炎で燃えて切れてしまう。空しく滝壺に落ちるパイカルには哀愁が漂う。

  何てことのないストーリーでも妙に印象深い。不二子が自分を愛していないのを承知していながら、彼女の肉体を求めてしまう純粋な暗黒街の殺し屋。惚れた女を取り戻しに行くルパン。二人の男を色気で天秤にかけ、スライドを盗んで大金を得ようとする性悪女。こんな大人の三角関係を、よい子のアニメに盛り込むんだから、制作者大隅正秋は信念の男であった。視聴率が振るわず、スポンサーから苦情がきたとき、東京ムービーの藤岡豊社長に対して「子供用のアニメをつくる方針なら俺はもうやらない」といって制作から降りてしまったのである。第1シーズンの前半が哀愁に満ちクールであったのに、後半になると作風が変わってしまったことの裏事情である。「大人のアニメを作っただけ」と喝破した大隅氏は偉い。アニメーターの鑑だ。いまのアニメのように陽気な場面をつくってより多くの幼年視聴者を獲得しようといった下心が無かった。だから邪魔なギャグや下らないどうでもいいような会話がなかった。惚れた女を奪い合うだけのために、命を張る男二人の対決に焦点を絞っている。

  声優もキャラクターにピッタリの人物を選んでいた。有名というだけで素人の芸人や女優を採用しない気骨が制作者にあった。峰不二子には二階堂有希子の声が最適だったし、次元や銭形警部の声も作画と性格に良く合っていたから違和感など感じなかったのである。プロの制作者の作品とはこういうものである。ルパン、次元、パイカルに妙な甘ったるい感傷を持ち込まず、プロの気質や暗い雰囲気を格好良く描いているから何年経っても色褪せない。夕日を背景にして不二子がバイクに乗って、颯爽と走るエンディング動画と、そこに流れるチャーリー・コーセーの気怠いテーマ・ソングが、いかにも1970年代の音色を奏でていて心地よい。
  
 ついでに、峰不二子がバイクに乗るときのレザー・スーツ姿は、『あの胸にもう一度』(1968年作品)のレベッカをモデルにして設定されたのかもしれない。レベッカを演じたのはマリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithful)で恋人のダニエルに会いに行くとき、裸になってそのままレザースーツを着るシーンはとても印象的である。裸になって皮のスーツを着るなんて当時の日本人女性には発想すら無かった。ダニエルを演じたのは、日本でも有名な二枚目俳優アラン・ドロン。可憐な美女レベッカを演じたマリエンヌは、ミック・ジャガー(ローリング・ストーンのヴォーカル)の元女房。大隅氏も彼女に惚れ込んだのではないか。

  毎年夏休みに作られる日テレの「子供用『ルパン三世』特番」はもう別物である。幼稚園児のお遊戯並のストーリーだと、作画を見ただけて推測がつく。山田康雄が草葉の陰で泣いている。



 

人気ブログランキングへ
記事検索
最新記事
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
黒木頼景の本
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ