無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

朝鮮人について

狙われる日鮮混血児 / 朝鮮人との結婚は悲惨だ


日本に於けるスパイ予備軍

  金王朝の「放浪王子」たる金正男がマレーシアで暗殺され、日本のマスコミは「さあ一大事」とばかりに連日連夜の大騒ぎ。でも一般国民としたら「だから何だよ !」と言いたくなる。北朝鮮で自らの権力基盤を固めようとする金正恩が、潜在的な脅威を芽のうちに摘み取っただけじゃないか。金正男は負け犬のように各国をウロチョロしていたが、北京政府にとったら諜報の世界で謂うところの「アセット(役に立ちそうな人物)」であった。つまり、親分格の支那人にとったら、今すぐ使う訳じゃないが、必要な時に使えるよう持っている「捨て駒」ということである。もし、習近平が小生意気な金正恩を失脚させようと思えば、躊躇無く北鮮内部の手下にクーデタを命じるし、弾(ハジ)いた正恩の後釜に据えるのが金正男のはずだった。たぶん、金正恩はこのシナリオを台無しにするため、わざと派手な暗殺を用いて先手を打ったのだろう。

Kim Jonnamu 2Kim Johng Un 2習近平







(左: 暗殺された金正男  / 中央: 金正恩 / 右: 習近平 )

  金正恩は悪党だが馬鹿ではない。彼は脅しをかける北京政府に対して断固たる態度を示すために、わざと人目につく空港で暗殺を実行したのだろう。もし、密かに殺したいのであれば、他の方法はいくらでもあったはずで、何もわざわざ監視カメラのある空港で殺す必要は無い。犯行状況を録画されるのを承知の上で、意図的に人混みの中で殺害したのである。平壌の政権にとって真の敵は北京の「オヤジ」たち、つまり支那共産党の皇帝と幹部であり、北鮮の権力者は自国を勝手な都合で「使い捨て」にすることが許せないのだ。北鮮が必死で進める核ミサイルの開発だって、超大国のアメリカや弱小の日本をターゲットにするというより、支那大陸に向けた「匕首(あいくち)」を用意するといった意味合いの方が強い。金正恩は北京政府の要人たちに対して、「やるならやってみろ ! 俺たちだってタダ黙って殺される訳じゃないぞ!」と言いたいのだろう。要人どもの命はもちろんのこと、「お前らの家族だって狙うからな ! 覚悟しろよ !」と警告し、そのデモンストレーションとして暗殺を公開したんじゃないか。支那は北鮮にとって資金源だが、同時に残酷な宗主国である。北鮮軍は南鮮を攻撃する為に訓練を積んでいるが、支那に対しても牙を向けるために存在するのだ。そもそも、米国への攻撃なんて自殺行為だから、狡猾な北鮮人は核兵器をアメリカ軍に向けて撃つことはないだろう。金王朝の支配者は明らかな負け戦を選ばない。人民がすべて滅びようとも自分が助かれば良し、とするのが独裁者の考えだ。

  日本のマスコミは白昼に堂々と行われた暗殺劇に驚いているが、朝鮮では「血で血を洗う骨肉の争い」なんて珍しくもない。例えば、李氏朝鮮を創建した李成桂は、八人の王子の中から七番目の子である芳蕃(バンボン)を選んで「王世子」の候補者にしたが、議論の末に一番下の子である芳碩(バンソク)を世継ぎにした。ところが、この決定を巡って王子達に熾烈な内紛が起こり、五番目の芳遠(バンウォン)は嘘を流して建国の功労者を一斉に粛清し、世子であった弟の芳碩を廃するや、冷酷にも殺(あや)めてしまったのだ。この惨劇に嫌気が差した太祖は、二番目の芳果(バンクア)に王位を譲って隠居を決めたという。王座に就いた彼は定宗(ていそう)と称したが、芳遠はまたもや策略を用いて定宗を引き摺り降ろし、他の王子もまとめて斥けると、太宗(たいそう)として第三代の朝鮮王となった。長男の芳雨(バンウ)は弟による殺害を恐れて山寺に隠居。他の王子も暗殺に怯えたから、誰一人として王位を求めなかった。李朝はこの様な始まりだから、内ゲバなんて恒例行事のようなものである。したがって、朝鮮人は金正男が弟から殺害されたからといって驚かないし、呆れ顔で「またかよ !」といった感じの愚痴をこぼすだけ。朝鮮人は昔から変わらないのだ。

Fujita 1( 左 / 藤田水美 )
  我が国の新聞やテレビは金正男暗殺のニュースを争うように報道し、如何なる毒物を使ったのか、どのような動機からなのか、とあれこれ推測に夢中であった。もっと馬鹿らしいのは、金正男を長期間追いかけて取材を重ねてきた藤田水美という記者が、彼の死を悼むように過去をふり返っていたことだ。日本にも度々やって来た金王朝の長男と親しく話したから、気さくで良い人のように錯覚したのだろう。だが、金正男は明らかに大勢の日本人を拉致した犯罪集団のメンバーであり、我々はこの事実を忘れてはならない。また、しっかりと覚えておくべき事は、この金一族が日本に覚醒剤を持ち込む暴力団の元締めであり、我が国でテロ攻撃を仕掛ける司令塔でもあるということだ。日本人はマレーシアで実行された暗殺を他人事のように見ているが、北鮮の諜報部はアジア各国や日本にもスパイ網を張り巡らしており、いつでも破壊工作を開始できるんだから油断のならない相手である。だいいち、日本政府は北鮮に諜報・謀略機関をほとんど持っていないのに、北鮮は日本中に朝鮮人や日本人の手下を配備し、常に何らかの非合法活動を行い、有事の際には一斉攻撃を開始できるよう準備を整えているので、朝鮮人は在日や帰化人を問わず、できるだけ駆除すべきなのだ。

朝鮮人の血脈が反日思想に繋がる

  我々はこうした現実を直視せねばならぬが、もう一つ重要な点を考慮しなければならない。それは、我が国に北鮮や南鮮の手先、あるいは土台人になり得る朝鮮人が数多く存在するということだ。もちろん、金銭や女で釣られて協力者になる日本人もいるだろうが、やはり「民族の血」が混じった者には、どことなく信頼が置けるものである。朝鮮人の家系に属さぬ日本人だと、作戦の途中で嫌気が差して抜け出すかも知れないし、怯えて腰砕けになることもだろう。また、場合によっては公安当局に寝返ったりすることもあるから、北鮮人スパイからすると日本人はどうも信用できない。一方、帰化鮮人や日鮮混血児だと、過去に周囲の日本人から受けた差別体験があるし、朝鮮人の血を受け継いだことへの劣等感で反日感情を抱いてから、日本人の反政府的感情とはひと味違う、民族的「恨み」を濃厚に持っている。だから、敵国のスパイは協力者をリクルートする際、この点を極めて重要視するのだ。彼らは「民族的偏見はいけません」という戯言(たわごと)に迷わされない。あくまでも作戦の成功率を優先的に計算し、露骨なまでに種族と血統を利用する魂胆ある。

  多文化・多民族主義が浸透してしまった現在の日本だと、いくら帰化鮮人やその子孫だといっても、ことさら強烈な朝鮮人意識は無いんじゃないか、と根拠もなしに推測してしまう。しかし、本当なのか? なるほど、日常生活において朝鮮系国民は日系国民と大して変わらない。学校や職場でも日系日本人は朝鮮系の同級生や同僚を差別せず、ごく普通の隣人として接するし、「韓国系だからって別段どうってことない」と口にするだろう。それに、最近だとテレビや雑誌で朝鮮人歌手や南鮮ドラマを見慣れているから、よほど反日感情剝き出しの朝鮮人でない限り、日本の一般人は熱心に彼らを排斥しようとは思わない。だが、本人も気づかない心の奥底で、朝鮮人を不気味な民族と思っている。事実、屈辱的な出自に触れたら先方に「失礼」だと考えているから、彼らの素性を深く詮索しようとしないのだ。西歐人が相手なら気軽に訊けることでも、朝鮮人が相手だと自己規制が働いてしまうのだろう。普通の日本人が好意を持つイギリス人やドイツ人なら、彼らの両親や故郷のことを何気なく尋ねてしまうが、ちょっと朝鮮人の雰囲気を醸しだしている同僚には、家族のことを具体的に質問しようとは思わない。

Korean 22white girl 111Nordic Male 4








(左: 食事をしている朝鮮人男性  / 中央: 西歐人の女性 /  右: ゲルマン系男性)

  そもそも、「朝鮮」という言葉を口にすることすら抵抗がある。だいいち、「チョーセン」という固有名詞の“響き”が悪い。在日南鮮人が「韓国人だよ!」と訂正しながら怒るし、気が弱い日本人だと遠慮して避けてしまう。「朝鮮」という用語を巡っては、不思議な風潮がたくさんある。例えば、イタリアの料理を提供するレストランは時折「イタ飯屋」と呼ばれることがあっても、基本的に「イタリア料理店」と称されている。ところが、「朝鮮料理屋」は何故か駄目で、常に「焼肉屋」と呼ばれ、「南鮮」は必ず「韓国」と表記せねばならない。この考え方だと、ハンバーグをメニューに載せるドイツ・レストランも「焼肉屋」になってしまうけど、一般人は疑問に思わない。昔、「ドイツ連邦共和国」は「西ドイツ」と呼ばれていたのに、「南鮮」は新聞やテレビでも必ず「韓国」で、「南側の朝鮮」は使用禁止となっているから奇妙だ。

  「差別否定」を看板に掲げる学者だって異常だ。南鮮人と北鮮人が話す言語は文法や語彙が同じなのに、「韓国語」と「朝鮮語」という風に分けて、まるで違う言語のように紹介している。もし、進歩的文化人の理屈が正しければ、我々はオーストリアのドイツ語を「オーストリア語」、カナダの英語を「カナダ語」と呼ばねばならない。また、ドイツ語、フランス語、イタリア語を公用語にしているスイスの言語名はどう表記すべきなのか? ある国家の言語名は必ずしも国家の名前とは一致しないから、何が何でも「韓国語」に執着する日本のジャーナリストは変だ。まさか、無理矢理「スイス語」なんていう言語名を発明することはあるまい。筆者はかつてNHKの女性職員に、言語名と国名について問い質したことがある。すると困った彼女は、「我々は英語に関しても、ちゃんとイギリス英語とアメリカ英語と称し、異なる国家の言語名を区別しています」と言い張っていた。でもさぁ、一般のNHK職員は慣習的に米国や英国、カナダ、オーストラリアの言葉を一括して「英語」と呼んでいるじゃないか。彼らは発音やアクセントを聴いて、一々「オーストラリア英語」とか「クイーンズ・イングリッシュ」、はたまた「コックニー(cockney)」である、と峻別していないはずだ。朝鮮人に対してだけ「格別の配慮」を行うのは、彼らを「哀れな弱者」と見なしているからだろう。

Andreas Pierschmann 1tumblr_n4a16eY6zwhite girl 235








(上写真  / 日本で歓迎されそうな西歐人のタイプ )

  現代では「人種平等」や「異文化容認」が流行となっている。人間だから好き嫌いがあっても当然なのに、朝鮮人とは交際したくないとか、不愉快な民族をプライベート・クラブに入れたくないという感情は、倫理的な罪と見なされてしまうのだ。しかし、普段は朝鮮人を何とも思わない日本人でも、自分の子供あるいは兄弟姉妹が朝鮮人と結婚するとなれば、違った反応を示すようになる。自分の息子や娘が恋人を自宅に連れてくれば、その恋人が如何なる人物なのか知りたくなるのは、親の気持ちとして誰だって理解できるだろう。ましてや婚約を決めた相手なら、興信所を使ってでも調べたくなる。だが、その婚約者が在日朝鮮人や帰化鮮人家庭の子供だったら、日本人の親はどんな態度を見せるのか? 「惚れ合った者同士だから、親がつべこべ言うもんじゃない」と理解を示し、笑顔で承諾するとは限らない。直ちに激怒して反対する父親とか、泣きながら結婚を諦めてくれと懇願する母親がいるはずだ。日本人ならすぐピンとくるだろう。

Korean Boy 1Korean Bikini ModelKorean man 3







(左: 温厚そうな鮮人青年  /  中央: 水着姿のセクシーな朝鮮娘 /  右: 伝統衣装を身につけた朝鮮人)

  朝鮮人への嫌悪感が今よりも強かった1970年代に、「内田ゆか」という地方公務員が、朝鮮人と日本人の結婚を調べていた。彼女は朝鮮人に同情的な左翼のようで、朝鮮人に対する日本人の態度を色々な場所で語っていたそうだ。その一つに、ある南鮮人青年と日本人女性の結婚式についてのエピソードがある。このカップルはキリスト教会で結婚式を挙げたのだが、出席者に特徴があったらしい。(朝鮮人はその忌まわしい文化をふりほどくため、「高級で洗練された」西歐キリスト教に改宗する癖がある。本当に信じているかは別。) 民族衣装のチョゴリを着た新郎の参列者には、両親、姉弟、親族、友人、知人が約50名ほどいたそうだ。一方、日本人新婦の後ろには、内田氏を含めてたったの5名だけ。新婦の肉親もいなければ、近所に住む叔父や叔母の姿もなかったという。新婦は家族に再三出席を頼んだらしいが、とうとう現れなかったそうだ。彼女の結婚式に駆けつけてもらった人は、本当に心を許せる親友のみで、他の友人には「夫が韓国人であることを知られたくない」という理由から、招待状を送っていなかったのである。

Korean wedding 4Korean family 2








(左: 現代の南鮮で行われる結婚式の様子 /  右: 一昔前の朝鮮人家族)

  新婦側と同じく、新郎の両親も日本人との結婚に難色を示していたそうだ。日本人なら「朝鮮人の分際で何だ! お前らと親戚になるなんて、考えただけでも鳥肌が立つ !」と腹を立て、「我々の方が御免蒙る !」と啖呵を切るだろう。まあとにかく、子供の結婚式に出ただけ朝鮮人の親の方が「まし」だった。水色のチョゴリを着た新郎の母親は、「娘が一人増えたつもりで可愛がります」と述べたそうだ。温厚そうな父親は当初、息子の結婚に反対していたそうだが、悲しみで衰弱する息子の姿を見て許したらしい。だが、新郎は親の許可をもらっても心の傷が癒えず、一週間もロクに食事を取らずに独りで泣いていたというから、相当苦しかったのであろう。親不孝を反省する息子は、「両親を歎かせてしまったが、彼女との結婚の方が大切なんだ。良い結婚をすることで償いたい」と話していたそうだ。( 内田ゆか 「戸籍のない夫婦」 『まだん』 第2号 1974年 pp.142-143)

  悲惨なのは日本人新婦の方であった。親兄弟、親戚からことごとく反対されたらしい。それでも、彼女はめげずに明るく振る舞っていたという。

   ・・・全部反対されたけど、そのうち分かってくれると思うわ。それに私は韓国人と結婚したといわれるけど、どうもピンとこないわ。Aさんと結婚したわけでしょう。私はあくまで日本人として生きてゆくつもりよ。民族的な違いはどうしようもないでしようね。(上掲文 p.143)

  まだ在日鮮人が惨めに暮らしていた1970年代(昭和50年代)に、この“おぞましい”賤民を結婚相手にするんだから、件(くだん)の新婦は普通の日本人よりも意志が固い女性なんだろう。南鮮人と結婚した意識が薄いと語っているが、本当は「気にしない」よう自分に言い聞かせているんじゃないか。友人に亭主の素性を知られたくないというのは、彼女が朝鮮人の忌まわしい歴史や民族性を認識していたからだろう。彼女は戦後生まれだそうだから、たぶん闇市などで暴れ回った第三国人の悪行を目撃していないはずだ。(詳しくは拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』の第五章「祖国送還を恐れる朝鮮人」を読んでね。) でも、彼女は世間の噂などで不逞鮮人がしでかした犯罪や横暴を耳にしていた可能性がある。「チョーセン人」という言葉の裏には、ドロドロとした暗い過去とみすぼらしい貧民の姿がある。それに、朝鮮人男性と結婚しても「日本人」として生きて行く、という彼女の決意には、「結婚しても朝鮮人にはならないし、そう見られたくもない」という無意識の感情が潜んでいる。たぶん、彼女は夫の姓を名乗らず、自分の旧姓を貫き、亭主の方が「日本名」を名乗っていたはずだ。というのも、彼女が朝鮮的な「金」とか「朴」という姓に変えたら、同僚や知人に朝鮮人と結婚したことがバレてしまうだろう。だから、亭主の出自を隠すためにも、旦那が女房の戸籍に入ったはずだし、在日鮮人だから当然である。

乞食より汚い朝鮮人

Koreans 007Korean woman 200kid 20








(左と中央: 昔の朝鮮人  /  右: 驚きの表情を見せる少女 )

  今の時代はともかく、昭和の末から平成の初めくらいまで、朝鮮人と日本人のカップルには様々な障碍が立ち塞がり、目出度く結婚してからも厄介な事が多かった。内田氏は多数の日鮮夫婦を取材したそうで、ある朝鮮人男性は日本人女性と恋に落ちたが、ちょくちょく逢いに来る朝鮮人を嫌った彼女の父親は、娘を田舎に隠してしまったそうだ。半狂乱になった彼は必死で恋人を捜し当て、二人で駆け落ちしたそうだ。しかし、こんな朝鮮人亭主も、月日が過ぎて年を取ると、互いに民族の味を噛みしめることができず、何となく寂しさが込み上げてきたらしい。やはり、日本人の女房だと、朝鮮式の以心伝心が出来きず、もどかしい所があったそうだ。彼は自分の経験を踏まえて、日本人女性に朝鮮人とは結婚せぬよう訴えていた。ただ、中高年の朝鮮人が同族結婚を勧める背景には、日本人からの拒絶感に遭って傷つきたくない、という心理があるのかも知れない。例えば、朝鮮人青年が日本人の娘に惚れてしまい、彼女も民族の違いを気にしないと言ってくれるが、その両親や兄弟親戚からの反撥は根強く、朝鮮人の夫は口には出せない劣等感を抱いてしまう。そうすると、些細な夫婦喧嘩が起こっても、女房が自分を見下しているのでは、と亭主が疑うようになる。一方、日本人の女房も訳の解らぬ朝鮮風のしきたりや、面倒くさい親族が集まる先祖供養の儀式が厭になり、事ある毎に夫への不満を募らせ、朝鮮人全体を馬鹿にしてしまう事があるのだ。格上の民族たる日本人妻からすれば、価値観の違いというより、民族の違いで疲れてしまうのだろう。

Korean man 1Korean woman 234Korean kids 2








(左: 結婚相手になりそうな朝鮮のハンサム青年  / 中央: 姑になりそうな朝鮮人のバアさん / 右: 日鮮結婚で生まれてきそうな朝鮮人の子供 )

  内田氏は日本の中年層が抱いている偏見と差別についても述べている。彼女は国際合弁会社で重役を務めるK氏の話を紹介していた。彼は長年ドイツで暮らしたこともある国際ビジネスマンであったという。しかし、彼が持つ朝鮮のイメージは、左巻きの内田氏が共感できるものではなかった。インタヴュー当時、K氏は60歳であったというから、たぶん大正生まれなんだろう。彼は中学生の頃、朝鮮を旅行したそうで、当時をふり返って次の様に述べていた。

   この世にこんなものすごい暮らしをしている人間がいるのか、とおどろいたね。悪臭と皮膚病だらけの人間たちをみて、日本の乞食より汚いうえに、白痴の群れかと思ったね。これが朝鮮人社会だということを、少年期の修学旅行でまざまざとたたき込まれたわけですね。以来、この年になっても、朝鮮人というとあの情景が浮かんできてどうにもならんね。先日もね、新宿で餃子を食べたんですよ。ところが、それが猛烈に臭うんだな。とたんに朝鮮を思い出してしまいましたね。うがいをするやら、部屋中スプレーするるやら、まったくバカげていいるでしょう。(上掲文 pp.149-150)

Koreans poor 1koreans 37Korean Woman  5







(左: 朝鮮の貧民  / 中央: 朝鮮人の男たち / 右: 朝鮮人の親子 )

  こんな感想を在日朝鮮人が耳にすれば、K氏を叩きのめして半殺しにしてやろう、と思うだろう。しかし、これまでも当ブログで戦前の朝鮮を紹介してきた通り、昔の朝鮮社会には日本人の想像を越えた不潔さがあった。圧政と貧困に喘ぐ当時の朝鮮人は、日本の乞食より惨めで汚かったから、日本の子供が朝鮮を目にすれば、穢多(エタ)の群れが住む未開部落としか思えないだろう。こんな朝鮮を知っている世代からすれば、自分の娘が朝鮮人と結婚するなんて絶対に承知できない。どれほと娘が泣き叫ぼうが、意地でも鮮人男と別れさせ、血統の“汚染”を防ごうと考えるはずだ。日本人の父親からすれば、朝鮮人の男が娘の肌に触れるだけでも穢らわしいのに、生まれてくる孫が朝鮮人になってしまうのだから、そりゃぁ恐ろしいじゃないか。たとえ日本人として育てても、遺伝子の半分は朝鮮人の父親とその祖父母から受け継いでいるのだ。握手することさえ躊躇(ためら)ってしまう亭主の両親や兄弟姉妹、わんさかと居る朝鮮人の親戚、正体不明の友人などが、みな孫の仲間になってしまうんだから、考えただけでも寒気がする。日本人の祖父母からすれば、親しい友人にすら紹介したくない孫なんて可哀想だ。娘が朝鮮人と結婚しただけでも恥ずかしいのに、日鮮混血児の孫までいるとは言いたくない。それでも、自分の娘が産んだ子供だから可愛くなる。こうした矛盾に苦しむ日本人の祖父母は気の毒だ。

Korean Kid 1Korean wedding 3








(左: 可愛らしい朝鮮人の子供  / 右: 朝鮮の結婚式 )

  帰化鮮人を親とする日鮮混血児の多くは、朝鮮に戻らず日本で生まれ育つから、内面的には日本人の子供と変わるところがない。当り前だが、日本語が流暢で朝鮮訛りも無いし、食事からファッションの好みまで日本人の子供とそっくりだ。大阪や神戸、横浜といった場所で成長すれば、地元の子供と同級生や知人になるし、住み慣れた街を愛するようになるだろう。しかし、日本人の祖父母を持ち、日本人の両親から生まれた、日本人の子供のように日本を愛することはない。日鮮混血児は心の奥底で、自分が完全な日本人でない事を自覚しているからだ。確かに、育った地域を「故郷」と感じ、そこの人々に親近感を持ち、地元の祭りがあればそれに参加して楽しむこともあるだろう。ところが、日本の歴史を教えてもらっても感動することは少なく、朝鮮統治に関しては怒りすら覚えてしまうのだ。左翼教師から戦前の日本は軍国主義に染まり、アジア諸国を蹂躙した侵略国と吹き込まれれば、素直にそれを信じてしまう。さらに、皇室への侮蔑を刷り込まれると、天皇陛下を帝國主義の親玉と見なし、「民主主義」に相反する存在と考えてしまう傾向が強い。特に、朝鮮人の遺伝子が混じった混血児は、無意識のうちに「純日本的なるもの」に違和感を覚え、愛国心に対する反撥心すら芽生えるようになり、尊皇精神にも反感を抱くようになる。朝鮮を支配した日本軍の総元締だから、何となく陛下を好きになれないのだ。かくて、本人も説明できぬ日本への嫌悪感が、やがて左翼思想への導火線となってしまうことがよくある。

Korean kids 238Korean 21







( 上写真 / 「日本国民」になり得る朝鮮人の子供と女性 )

  日本における協力者を発掘する役目を担った北鮮の工作員は、こうした日鮮混血児に目を附ける。朝鮮人ではないが、れっきとした日本人とも言えぬ半端者は、大学に進学するれば国際関係論とか政治学、法学、社会学などを専攻することもあろう。左翼教授から多文化主義を植え付けられれば、「世界市民が暮らす国家」を賞讃し、多民族社会に共感したりする。勉強熱心な学生だと、卒業後に官僚を目指したり、教師や政治家になったりする者もいるから厄介だ。無意識的な反日思想に染まっているから、特別な左翼でもないのに共産党や民進党の主張に同調し、軍隊の無い平和な国家とか男女の区別無き平等社会、移民に開かれた日本などを信条にしたりする。北鮮人スパイはこうした日鮮混血児に接触し、おだてながら協力者に仕立ててしまう。北鮮人にとって無自覚の馬鹿は便利だが、被害を受ける日本人にとったら深刻だ。例えば、自衛隊にエージェントを送り込まなくとも、政治家になった朝鮮系議員から国家機密を流してもらえばいいし、財務省官僚になった日鮮混血児が防衛予算を大幅に削減してしまえば、自衛隊は最新兵器の購入ができず、旧式の戦闘機や戦車で訓練するしかない。首相になった菅直人や法務大臣に指名された千葉景子、国家公安委員長に就任した岡崎トミ子なんかを思い出せば分かるだろう。また、白真勲のような朝鮮系議員が国会で大物になれば、反日法案を提出して通過させ、合法的に日本を弱体化できるのだ。もし、大量移民を受け容れる法律を作ってしまえば、サリンやVXガスを散布せずとも日本社会は混乱し、長期的に見れば衰退の道を歩むことになるだろう。したがって、北鮮がわざわざミサイルを打ち込む必要は無い。黙って見ているだけで充分だ。

Korean spy 2Kan Naoto 5haku 1








(左: 北鮮スパイの辛光洙  / 中央: 北鮮工作員を支援した千葉景子と菅直人  /  右: 南鮮のために働く白真勲 )

  我が国を敵視する朝鮮人や支那人が嫌がるのは、日本人が愛国心に目覚めて軍事力を強化し、志を同じくする保守派が多数となって民族の絆を固めることだ。もし、日本国民が一致団結したうえに、皇室への忠誠を誓うようになったら、支那や朝鮮にとって都合が悪くなる。日本人が結束すると凄まじいパワーを発揮するので、なるべく国民を細かく分断し、無力な弱小民族に留めておくことが反日勢力の目的なのだ。日本の政治家は支那や朝鮮が嫌がることをすべきで、日本での謀略工作を助ける支那人や朝鮮人を排除することは国益に叶っている。日本人は自らの家系と祖国を守るためにも、朝鮮人や支那人とは結婚せぬことだ。どうしても朝鮮人と結婚したいなら、日本国籍を捨てて南鮮国籍を取り、釜山やソウル、どこでもいいから朝鮮で幸せに暮らせばよい。日本で差別や偏見に苦しむのであれば、愛おしい朝鮮半島で生活するに限る。ただし、日鮮カップルが朝鮮を居住地に選ぶかどうか、という点には疑問が残るけどね。





気ブログランキングへ

息苦しい祖国に帰りたくない朝鮮人 / 腐敗した両班の支配は嫌だ

教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 支那人の卑史 朝鮮人の痴史
黒木 頼景
成甲書房

これを読めば「朝鮮人は帰れ !」がなぜ正しいかが分かる !!
絶賛発売中 !
在日鮮人と帰化鮮人が脅威だ

Koreans 008













( 上写真 / 伝統的服装の朝鮮人 )

  日本のマスコミは毎日飽きもせず、「北朝鮮が弾道ミサイルを発射した !」とか「金正男が暗殺された !」と騒いでいるが、一般国民からしたら「だから何だ ?」と言いたくなる。金氏北鮮が日本に向けてミサイルを発射するんなら、日本も北鮮を全滅できるだけの軍事力を持てばいい。また、金王朝の権力闘争や暗殺なんて昔からだろう。今更なんだ? 李朝の内ゲバは珍しくなかったぞ。毎回呆れるけど、テレビや新聞といったマスコミ各社は、我が国の核武装や國軍創設に反対しておきながら、国民に向かって北朝鮮の脅威を「どうしましよう?」と問い掛けている。北鮮人は日本国民を何百人も拉致した上に、覚醒剤までも輸出しているんだから、北鮮人の皆殺しだって選択肢の一つにすべきだ。各テレビ局は日本の貧弱な軍事力を宣伝せず、ただ単に北鮮軍の核開発を心配しているばかりで、10年前の議論とちっとも変わっていない。このままだと、10年後だって同じ報道を繰り返していることだろう。

kim jonnamu(左 / 金正男)
  ただし、拉致被害者は北鮮に拘束されたまま、病気や怪我で死亡する可能性だってあるから、呑気な「話し合い」など提案せず、武力攻撃を議論すべきだ。今の日本政府のだと、大金を払って金王朝に被害者を帰してもらおうと考えてしまうし、それを最善と考える議員が多いから、これだけは何としても避けねばならない。もし、何十兆円も渡してしまったら、北鮮の民衆は「やはり金日成は偉かった」という評価を下してしまうだろう。日本政府が北鮮の国家犯罪に恩賞を与えれば、結果的に拉致作戦は大金をもたらした政策となり、建国の父である将軍様は憎い倭人を懲らしめた英雄になる。日本人に対するテロ行為を何とも思っていない北鮮人は、南鮮が得た「植民地支配」の賠償金まで“ふんだくる”つもりだから、日本の庶民は更なる「貢ぎ物」を北鮮に献上する破目になるだろう。我が国の政界には、朝鮮人に籠絡された売国奴や、自ら進んで朝鮮の犬となる左翼が捨てるほどいるので、国民の税金を惜しげもなくプレゼントして、貧困に喘ぐ北鮮国民を助けようと試みる。だが、その元兇を作った金王朝はお咎め無し。NHKが日本の「朝鮮支配」を糾弾する特番を作れば、おのずと北鮮への朝貢外交が「正しく」見えてくるのだ。「民族枠」で入社した朝鮮系職員と、日本人の極左職員が共同で制作する番組なら、どんな内容なるのかだいたい察しがつくはず。たぶん、NHKは京都大学の小倉紀蔵とか、鮮人ジャーナリストの辺真一、NHK御用達の姜尚中なんかをゲストに招いて、如何に我が国が朝鮮を蹂躙したのかを語らせ、一般国民の反鮮感情を削ぐ一方で、その罪悪感を煽るに違いない。

Ogura Kizo 1Kan Shochu 2Pyon 1








(左: 小倉紀蔵 / 中央: 姜尚中 / 右: 辺真一 )

  地上波テレビ局は北鮮の核兵器開発を騒ぎ立てるが、それよりも恐ろしいのは、朝鮮人が帰化申請や結婚で「日本国民」となっていることだ。一般国民はあまり関心が無いが、帰化鮮人の中には日本への恨みを募らせる者や、無意識的ではあるが我々に反撥を抱く者、工作員とまではいかなくても北鮮に協力的な者などが数多く存在し、彼らは我々と同じく合法的に政治へ参加する「権利」を持っている。こっちの方がミサイル開発よりも憂慮すべき“脅威”であろう。帰化鮮人は武器を用いずに我が国を動かすことができるのだ。少なくとも、有事に対処しようとする政府や自衛隊の足を引っ張ることができる。朝鮮系国民が左翼勢力と連携し、防衛出動に反対する政治家を支援すればいいのだ。自民党が与党の時なら、河野太郎みたいな奴が閣僚になって軍事行動を邪魔するし、民進党が政権を握れば白真勲が外政に容喙するから、日本の防衛はガタガタになるだろう。代議制民衆政体(デモクラシー)を採る日本なら、可能な限りアジア系帰化人を排除せねばならない。特に朝鮮人は日本にとって有害民族なので、下らない「人権」なんぞ考慮せず、帰化した朝鮮人から日本国籍を剝奪し、在日鮮人と纏めて朝鮮半島に追放すべきなのだ。国家の安全保障を真剣に考えるなら、潜在的な危険要素を取り除くべきなのである。

Kouno Taro 1Haku Shinkun 1Korean woman 20








(左: 河野太郎  / 中央: 白真勲 / 右: 左翼が好きな朝鮮人のタイプ )

  本音を言えば、朝鮮人の強制送還が一番いい特効薬なんだけど、今の日本政府だと絶対にできない。日本の防衛が内部から崩され、国家的危機に瀕しようとも、朝鮮人の永住権や帰化鮮人の生活が優先されるので、日系日本人の未来は二の次三の次である。本来なら、日本にこそトランプ大統領みたいな「自国優先主義者」が現れて、日系国民の世襲財産や民族的遺伝子を守るべきなのに、現実はそうなっていない。露骨に言えば、日本における朝鮮人の生活などは何十年、何世代も続こうが、日系国民の知ったことではなく、朝鮮人なら殊更「帰化」を難しくし、出来るだけ排斥する方針を取るべきなのだ。だいたい、一般の日本国民は朝鮮人に対して罪悪感を持ちすぎている。朝鮮人は日本に住むことを“当然”と見なしているが、本当なら日本人に土下座して居住を許してもらうのが筋であろう。在日鮮人や帰化鮮人にとって、朝鮮とは“忌まわしい”祖国であり、朝鮮人の血統は“汚点”でしかない。日本に住む南鮮人や北鮮人が「チョーセン」という言葉を聞くとドキっとしたり、真っ赤になって怒り狂うのは、「朝鮮人」という“おぞましい”出自を恥じているからだ。

人間の「屑(くず)」たる朝鮮人

  日本人が朝鮮人に抱くイメージには、否定的なものや暗いものが多い。昔、朝鮮に詳しい今村鞆(いまむら・とも)が指摘していたが、朝鮮人が悪事をなした時には必ず「不逞鮮人(ふていせんじん)」と呼ばれていた。もし、朝鮮人が銀行を襲えば「鮮人強盗」と言うべきだし、政治テロを企てた者なら「政治犯鮮人」と呼べばいい。当時だって、犯罪や悪事をしでかす「不逞な」内地人がいたし、在日のアメリカ人やイギリス人が罪を犯せば「不逞米人」とか「不逞英人」と呼ぶはずだが、そんな名称は稀だった。今村氏は鮮人のみに矢鱈と「不逞」を冠する理由が無い、と述べていたが、当時の朝鮮人が粗野で下品な劣等民族だったからこそ「不逞」という枕詞が似合っていたのだろう。( 今村鞆 『歴史民俗 朝鮮漫談』 南山吟社  昭和3年 p.389)

 Isabella Bird 1( 左 / イザベラ・バード )
   日本人が驚くほどの貧乏生活を送り、これといった科学技術もなければ、無気力で意気地も無いのが朝鮮人。日本人がいなければアフリカ並の生活を未だに送っていたことだろう。彼らは根拠も無いくせにやたらと自尊心が高く、立派な日本人を見下していたんだから、日本人から「ヨボ」と馬鹿にされたって仕方がない。今村氏が昔の朝鮮を回顧していたが、その衣食住や市場、その他の社会状況を考察した結果、彼は当時の朝鮮を我が国の「足利時代」に相当すると評していた。(上掲書 p.475) しかし、あんな“みすぼらしい”朝鮮の生活水準を見て室町時代程度なんて、今村氏は少々褒めすぎじゃないのか。李氏朝鮮なんか縄文時代がせいぜいだろう。朝鮮各地を旅して廻った英国婦人のイザベラ・バード(Isabella L. Bird)は、朝鮮について率直な感想を述べていた。

  朝鮮にいたとき、わたしは朝鮮人というのはくずのような民族でその状態は望みなしと考えていた。(イザベラ・バード 『朝鮮紀行』 時岡敬子 訳 講談社学術文庫 1998年 p.307)

  いやぁ~、「クズ民族」とは正直な感想である。でも、彼女がこう判断したのはもっともだ。朝鮮の街や家は不潔で汚い。そこらじゅうで悪臭が酷く、井戸水は糞尿まみれで、宿泊する屋敷には恐ろしい虫や鼠が群れていた。基本的な生活すら「まとも」じゃなかったんだから、イザベラ・バードが朝鮮人に辛辣であっても無理はない。確かに、彼女は朝鮮人の長所も分かっていたが、その欠点が余りにも厖大なので、全体的に否定的な評価となってしまうのだ。彼女の体験談はたくさんあるので長くなるから、一つだけ紹介する。彼女が元山を訪れた時、商店がひしめき合う街道を通ったそうだが、路地の悪臭がこれまた凄まじかった。風が吹けば土埃はひどく、哀れな犬がそこらじゅうにうろついていたという。一方、店で売られている肉を見ると、日光に晒され黒ずんでいる。彼女はたいそう胸が悪くなったそうで、食肉は日本人の店じゃないと買えないと嘆いていた。朝鮮人の屠殺方法も酷いもので、牛の喉を切ると切り裂いた傷口に栓をし、手斧を持って牛の尻を死ぬまで殴る。この作業には一時間ほどかかるそうで、牛は意識を失うまで恐怖と苦痛に苛まれるらしい。ただし、その方法だと、血の放出は最小限となり、牛肉には血液がそのまま残るので、販売時の重量が減らないという。(上掲書 p.223) つまり、屠殺人や売り手にとったら「お得」という訳だ。

Korean food 1Korean dog 2








(写真  / 朝鮮人が大好物の犬 )

  でも、英国人からすれば野蛮に見える。朝鮮人は犬を屠殺する時も同じ方法を取るから残酷だ。生きているのに縛って吊し上げ、棍棒で死ぬほど叩きながらいたぶり続ける。瀕死の犬が悲鳴を上げてもお構いなし。どうせ捌いて食べちゃうんだから、アザができるほどドツいて撲殺しようが、刃物でひと思いに刺し殺そうが結果は同じだ。「かわいそ~う」と思うのはセンチメンタルな日本人だけ。朝鮮では囚人だって死ぬほど殴られたり、残酷な拷問を受けたんだから、犬が虐殺されたくらいで動揺する方がどうかしている。アジア大陸では人間と動物の区別は無い。支那人が人間を料理するのは、厨房で豚肉や牛肉を炙るのと一緒。よく支那人が調理に使う中華包丁なら、赤ん坊の首や腕を切り落とすのに最適だ。一回でスパっと切断できるから料理がスムーズに進む。日本の穴あき包丁なんてマグロやキュウリを切るための刃物であって、鶏の首を刎ねることを念頭に置いている分けじゃない。TVショッピングで自慢していたのは、ビニール・パイプを簡単に切れるといった特徴のみで、豚の頭を一刀両断とするパフォーマンスなんか絶対無理。視聴者の奥様たちが仰天してしまうから。

国家衰亡の元兇たる両班

  在日朝鮮人が“愛おしい”祖国に戻らず、“憎き”異国に永住するのは不可思議だが、朝鮮社会の過去を遡れば、その理由は明らかとなる。彼らの故郷は言葉で言い尽くせぬほど悲惨で、とりわけ支配階級たる両班の弊害は著しい。この朝鮮貴族ときたら武藝はからっきし駄目なくせに、庶民の前では驚くほど傲慢な態度に出る。日本だと會津の保科正之とか越後の上杉鷹山はもちろんのこと、町奉行だった大岡忠相(ただすけ / 越前守)や遠山景元(かげもと / 「遠山の金さん」)といった有能な行政官がいて、庶民の暮らしを大切にしていたんだから、日本は秕政(ひせい)に苦しむのが当り前の朝鮮人にとって信じられぬ理想郷であった。イザベラ・バードは両班に対してかなり批判的である。

Korea 001Koreans 002









(写真  /  朝鮮の両班)

  朝鮮の災いのもとのひとつに、この両班という特権階級がある・・・・両班はみずからの生活のために働いてはならないもの、身内に生活を支えてもらうのは恥じとはならず、妻がこっそりよその縫い物や洗濯をして生活を支えている場合も少なくない。両班は自分ではなにも持たない。自分のキセルですらである。両班の学生は書斎から学校へ行くのに自分の本すら持たない。慣例上、この階級に属する者は旅行するとき、おおぜいのお供をかき集めて引き連れていくことになっている。本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、両班に求められているのは究極の無能さ加減である。(上掲書 p.137)

  両班は重い物を持つことは下層階級の役目と考えていたから、日常生活では箸か筆くらいしか持たないと言われていた。ただ、こんな説明をすれば、日本の子供が「パパ、朝鮮の偉い人ってオシッコする時はどうするの?」と尋ねるかも知れない。そんな時、困った父親は「そうだなぁ、朝鮮人のおチンチンは鉛筆より軽いから、自分で支えたのかも知れないぞ」と答えるだろう。しかし、「えぇぇっ? 本当なの ! パパ見たことあるの?」と訊かれるから、「うぅぅ~ん、そうだなぁ、噂なんだけどね」と曖昧に答え、「あとはママにききなさい。パパよりママの方がお勉強できたからね」と逃げるのが普通。すると、「ママぁ~、あのねぇ、パパがねぇ・・・」と子供は女房のもとへ行くから、焦った亭主は妻に頭が上がらない。「なんで子供に下らない話をするのよ ! 余計な事ばかり教えて、まったく!」と愚痴をこぼしながら、鬼の形相で夫を睨む妻の顔がこわいよねぇ。だから、朝鮮の歴史は家庭で話題にすべきではない。

  朝鮮で圧政を続けていた両班の所行は酷いものだった。イサベラ・バードは数々の話を挙げている。例えば、両班の従者は腹が減れば、近くの農民を脅かして飼っている鶏や卵を奪って行く。もちろん、代金を払うことはない。また、両班は庶民に重い年貢を課していた。如何にもヤクザと瓜二つの両班は、民衆を労働に駆り立てても賃金は一切支払わず、タダ働きを当然と思っていたという。さらに、両班は阿漕(あこぎ)な真似を平然としたてそうで、「借金」という名目で庶民からお金を巻き上げていた。これじゃあ、街の不良どもがひ弱な学生を取り囲んで、「おい、ちょっと金を貸せよ !」と凄むのと似ている。財布のお金を全部召し上げられた学生は、怯えながら「いつ返してくれるの?」と尋ねるが、恐喝者は「いずれな !」といって一生返さない。中には「100年後に返してやるよ!」と笑いながら答える者がいる。

Korean 003Korean YangbanKorean Yangban 2Korean women 231








( 左: 3枚朝鮮の両班 / 右: 朝鮮人女性 )

  こうした朝鮮の支配者は役立たずな割に、鼻と耳が鋭くて「強請(ゆす)り」や「たかり」に関しては一流であった。巷(ちまた)の商人や農民が、ある程度の「穴あき銭」を貯めたという噂を聞けば、両班か官吏が「借金」を求めにやって来る。これは実質的に「徴税」であり、もし断れば、その者は負債をでっち上げられて投獄されてしまうのだ。さらに、本人かその身内が要求額を支払うまで、毎朝笞打ちの刑に遭うというんだから酷い。そうじゃなくても、一旦捕らえられれば、食事もろくに与えられぬまま、ずっと両班の家に監禁されてしまうのだ。「借金」といったって、利子も附かなければ、元金すら返ってこない「掠奪」である。実質的に、この連中は貴族を称する無頼漢だ。例えば、朝鮮の支配階級は田畑を買う場合、その代価を踏み倒すのがごく一般的で、貴族に支払いを強制する高官や制度など全く無いのである。(上掲書 p.138) そもそも、民事訴訟裁判所なんて機関は朝鮮には皆無だし、それを設置しようとする発想すら無いのだ。本来、社会における「正義」と「公正」を保つ行政官なのに、骨の髄まで腐敗しているんだから話にならない。朝鮮総督府が朝鮮にできて、日本の警察官や裁判官が現れた時、朝鮮の民衆はどれほど嬉しかったことか。朝鮮の歴史には無かった「厳格な捜査」や「公正な裁き」「法に基づく正義」など、日本人は神様以上の存在だった。朝鮮の神々だって日本人ほど高潔じゃないだろう。

  朝鮮に「これ」っといった技術や発明が無いのは、朝鮮人の知的能力が極端に低く、社会一般に活力や独創性が欠落しているためだが、李朝が平民を極端に抑圧したことも理由の一つである。朝鮮を観察した今村氏は、発見や進歩を阻碍する朝鮮の病理を述べていた。例えば、当時の人々には、今景福宮の一宮殿と昌徳宮の宣政殿、開城の某寺にしかない青瓦の製造法が分からなかった。というのも、発明者がその作り方を伝えていなかったので、誰も再現できなかったのだ。では、なぜ伝えなかったのか? 理由は簡単。発明者の子孫は支配者層から苛斂誅求に遭うことが分かっていたので、厄介事を避けるため製造法を葬っていたのである。どうせ努力したって、その成果を強奪されるんだから、汗水垂らして働くだけ損。したがって、何もしないでタバコを吹かしていた方が“まし”である。これなら朝鮮人が陸(おか)に上がったナマズみたいに、道端でぼけ~としているのも理解できる。

  また、ある寺の僧侶が精巧なる紙を漉(す)く技術を発明したが、誅求が甚だしかったので、多額の賄賂を使って製造の中止を許可してもらったそうだ。さらに、両班や官吏の手は農業にまで伸びていた。ある農民たちが全羅陸地で蜜柑(ミカン)の栽培に成功したという。しかし、その部落に対しての誅求が激しくなったので、耕作者たちは蜜柑栽培の為に苦しむようになり、遂には蜜柑の木を伐(き)り倒す者まで現れるようになった。そこで官吏は台帳を作り、木の伐採をせぬよう禁止したそうだ。だが、栽培者の中には、木の根に穴を穿(あ)け、そこに毒草から搾った汁を注いで、自然と立ち枯れたように偽装する者までいたという。( 今村鞆 『歴史民俗 朝鮮漫談』 p.495) 役人の徴税が余りにも厳しくて、庶民が悩みをもたらす元兇、すなわち利益を生む産業の種を自ら潰すなんて本末転倒だ。朝鮮人は自ら働いて利益を上げようとはしない。支那人を兄貴分と仰ぐ朝鮮人は、支那人の狡猾な側面を充分に吸収し、弱い者から搾り取ることを学んでいたのだ。だから、朝鮮人は格下の民族で「弟分」の日本人から大金を掠(かす)め取ろうとする。「性奴隷」という妄想を捏造し、慰謝料を要求する現在の朝鮮人を見れば、腐敗を極めた両班を思い出すはずだ。日本人はもっと朝鮮の過去を認識すべきである。

Korean kids 1Korean kids 189








(写真  / 朝鮮人の子供 )

  在日朝鮮人や帰化鮮人は日本人に恨みを抱くが、祖国の同胞と暮らすのはもっと厭(いや)である。朝鮮社会は身分差別が激しく、日本人のような人情に薄いから帰りたくない。高圧的な態度を取る朝鮮の役人は忌々しく、重税を課すくせに平民への配慮に欠け、権力者も私腹を肥やすことに熱心だが、責任を取ることはほとんどど無いから、国家の発展は期待できない。今や、南鮮は経済的に逼迫しているし、庶民は明るい将来を描くことはできない。若い朝鮮人が憧れるのは日本での暮らしだ。こんな訳だから、日本で呑気に暮らす鮮人が、そんな祖国に生活基盤を移そうとは思わない。沈没する船から逃げ出す鮮人が多いのに、そこへ戻ろうとする馬鹿はいないだろう。だから、朝鮮人男性と結婚した日本人女性が日本国籍を捨てず、南鮮に嫁ぐことを拒否して日本に留まるのも分かる。それに、せっかく日本人に生まれたのに、結婚して「金」とか「朴」の姓に変わるなんて想像すらできない。朝鮮の名前に変えるのは恥ずかしくてたまらないから、結婚しても絶対に夫の姓は名乗らないだろう。問題は日鮮混血児の存在だ。彼らは確実に増え続けるが、こうした半日本人が学校で歴史を習えば、無意識的に朝鮮史を避けようとするはず。仮に朝鮮の過去に興味を抱いても、薔薇色に捏造された「朝鮮史」を学ぶだけ。本当の朝鮮史はつらくて直視できない。恥辱と屈辱に苛まれた日鮮混血児は、北鮮や南鮮の工作員にとって潜在的「資産」となる。選挙権をもつ朝鮮系国民を動員すれば、日本の国防を骨抜きにできるから、核ミサイルを開発するよりも安上がりである。一方、国民的紐帯がズタズタになった日本人は、静かに忍び寄る内部崩壊に怯えるだけだろう。もし、日系日本人が祖国の壊滅を防ぐつもりなら、朝鮮人をはじめとするアジア移民をどれだけ排除できるかにかかっている。我々に必要なのは、断固として彼らを排斥する勇気である。




気ブログランキングへ
記事検索
最新記事
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
黒木頼景の本
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ