無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

朝鮮人について

もっと深刻な政治介入を取り上げよ ! / 朝鮮学校への支援を素通りする二枚舌

教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 支那人の卑史 朝鮮人の痴史
黒木 頼景
成甲書房

朝鮮人が隠したい過去が明らかとなる !
好評発売中 !!
左翼議員とグルになるマスコミ

  マスコミによる連日連夜の「森友騒動」にはうんざりする。報道担当者に真相究明の意思はない。彼らにとっては、問題の核心など枝葉末節の「附け足し」に過ぎず、安倍政権を打倒するこに真の目的がある。テレビ局や新聞社に巣くう左翼社員は、支持率を保つ安倍首相の長期政権に辟易していねから、何とかして与党を崩壊させて再び民進党の天下にしたいのだろう。だが、「希望の星」たる民進党はあの体たらく。いくら支援したくても、党首に蓮舫が居坐っている限り無理だ。なぜなら、新聞やテレビが「安倍首相や稲田防衛大臣は嘘をついている、真実を語っていない !」と糾弾したって、肝心の蓮舫が自身の二重国籍問題をうやむやにしたままなんだから効果が無い。仮に、粋がった蓮舫が稲田大臣に「辞任」を要求しても、その批判がブーメランとなって自分の首に突き刺さる。これじゃあ、自らギロチン台に立つようなものである。我々なら彼女にこう質問したい。「二番手(副代表)じゃ駄目なんですか?」ってね。

  マスコミが真剣ではない事は、取材現場で籠池理事長に“ぶら下がりる”記者と、スタジオで偉そうな事を述べるキャスターを見れば分かるだろう。安倍首相から100万円もらったという発言に何の根拠があるのか? そんな与太話を長時間掛けて何回も再放送するなんて異常である。法廷での宣誓証言じゃないんだから、口から出任せでも良いし、記憶違いの適当な放言でもいい。正義漢ぶったジャーナリストの狙いは、籠池理事長と安倍首相の間に「黒い絆」があると“臭わせる”ことにある。(湯船での屁と同じ。) たとえ、その報道が誤りであっても、マスコミは「疑惑」という推測を報道しただけなので、異なった事実に直面しても無罪だ。ワイドショー番組など、新しい事実が出れば“都合良く”過去を忘れて、「皆さん大変な事が分かりました !」と騒ぎ立てる。しかし、自分たちが煽ったニセ情報には触れずじまい。テレビ局ってのは年末になるとプロ野球選手の失敗や珍プレーを特集するくせに、自分たちの「失敗」や「誘導操作」、「偏向報道」は知らぬ顔でパス。でも、素直に謝罪して辞職するする人が増えると、NHKや朝日新聞は社員が激減して困るだろう。「沈黙は金」である。たぶん、「反省回避、隠蔽美徳」という社訓を掲げているんだろうなぁ。

Abe shinzo 4Abe Akie 1Kagoike 1Sakota 1







(左: 安倍晋三  /  安倍昭恵 / 籠池泰典  /   右: 迫田英典)

  もし、マスコミが本当に森友学園問題を解明したいなら、事の発端となった用地売却での大幅な値引きと、その理由、そしてこの契約に係わった迫田英典(さこた・ひでのり)元理財局長を徹底的に問い詰めるべきだ。まずは、どうして9億5600万円の土地が1億3400万円になったのか。また、その値引き(8億2200万円)は妥当だったのかを迫田氏に質問し、納得の行く答えを引き出す方が筋だろう。安倍昭恵夫人の名誉職なんか二の次三の次。そもそも、マスコミは役人を「悪役」にしたって視聴率を稼ぐ事ができないと思っているので、迫田氏や近畿財務局の責任者、今回の取引に絡んだ財務省の高級官僚にメスを入れることはない。フジテレビが言うように「面白くなければテレビじゃない」からだ。陰で民進党を支援するマスコミは、今回の事件を最大限に「こじらせて」、あわよくば安倍政権の崩壊へと運んで行きたいのであろう。国会では軍事や外政の方が優先されるべきなのに、こんな下らない癒着事件で時間を浪費しているとは・・・。何とも腹立たしい限りである。

朝鮮人学校の方が悪質だ

  マスコミ各社は、森友学園の学校建設許可に関して政治家が口添えしたのでは、と大騒ぎしているが、それならもっと前から巨悪の朝鮮学校を問題にすべきだったんじゃないか。籠池理事長は本当に「いかがわしい」人物で、保守派に媚びて人気を得ようとした「営業愛国者」である。だが、少なくとも子供たちを反日分子や政治工作員にしようとは考えなかったはずだ。マスコミは教育勅語の暗唱に異を唱えているけど、そのどこが悪いのかを理路整然と述べていないからズルい。それよりも、日本を目の敵にする子供を育成してきた朝鮮学校の方が深刻である。一般国民は「朝鮮学校」と聞けば、在日アメリカ軍人の子供が通うアメリカン・スクールみたいな教育機関と考えがちだが、その実態は単なる「各種学校」で、日本人が学ぶ「一条校」ではない。そもそも、朝鮮学校の教員などは、将来の北鮮兵を育成する軍事教官みたいなものだから、とても教育者と呼べる人物ではない。だいいち、麻薬密輸で校長が国際指名手配されるんだから尋常ではないだろう。

  それなのに、左翼陣営はこうした危険な「私塾」に公的補助を与えようとしていたのだ。民主政権当時、朝鮮学校を高校無償化の対象から外そうとした時、毎日新聞は社説で反対論を述べていた。

  (朝鮮学校の)生徒たちは、日本に生まれ育った社会の構成員であり、将来もそうだ。高校無償化は「子ども手当」とともに、社会全体で子供の成長を支えるという基本理念に立つ。その意味で子供自身に責任のないことで支援有無の区別、選別をするのは筋が通るまい。北朝鮮の姿勢を理由に除外を押し通すなら、見せしめの措置と国際社会では受け止められかねない。子供たちに疎外感を持たせて何の益にもない。(「毎日新聞」2010年3月11日)

  さぁ~すが、朝鮮贔屓の毎日新聞が掲げる論調である。ちゃんと「国民」という日本語を避けて、どこの国籍だか分からぬ「社会の構成員」という言葉を用いている。まぁ、飼っている犬や猫だって家族の「一員」と見なす日本人だから、毎日新聞社はその思考を利用して、朝鮮人を日本国の「一員」であるかのように表現したいのだろう。だが、日本の法体系においては、ペットに投票権は無いし、国籍を付与することもない。さらに、いくら藝を披露して稼いでも、確定申告での所得控除は適用されず、扶養家族とも見なされない。だいたい、高等中学校は義務教育ではないし、外国人の子供、しかも危険極まりない敵対国の「成員」を、日本人と平等に扱う必要はないのだ。もともと、大半の朝鮮人は戦後に帰国したので、残っている在日朝鮮人は数百名だったはず。したがって、現在も住みつく大半の在日朝鮮人は、不法に忍び込んだ「密入国者」の子供だから、懸案の高校無償化どころか、強制追放の対象者になってもおかしくはない。ところが、左翼のインテリどもは、何かと言えば国連だとか「国際社会からの非難」を持ち出して、朝鮮人駆除を訴える日本人を非難する。しかし、そんなに北鮮人を大切にしたいなら、自分のお金を与えればいいじゃないか。数千万の年収を手にするテレビ局の重役とか、NHKのディレクター、人気キャスターなどは自分の貯金を献上し、宣伝広告を依頼するスポンサー企業にも寄附を呼びかけるべきである。もし、外国が日本の「見せしめ」を批判するなら、そこの政府に北鮮人を引き取って貰えばいいのだ。果たして、どんな「外国」が朝鮮人を受け容れるのか。実に興味深い。

  テレビや新聞は自分の政治目標に熱心なだけで、日本の国益を無視している。彼らは森友学園に対する公的補助を疑問視するのに、朝鮮学校に対する補助金となるや、いつもの矛先が鈍ってくるのだ。例えば、全国にある127の地方自治体は、あろう事か朝鮮学校への補助金を予算に計上しており、平成28年度の予算では総額で3億円を越えるという。(「産経新聞」2016年3月4日) 文科省によると18の都道府県と114の市区町であるらしく、合計の支出は約3億7200万円であるそうだ。こんな大金が朝鮮学校へ流れるということは、その裏に政治家や左翼団体の圧力があるんじゃないか。とりわけ、地方の役所には共産党・社会党系の議員や公務員ばかりではなく、在日鮮人を勧誘したい創価学会の回し者や多民族共生を目標とする「市民活動家」がいるから、朝鮮人から「のべらぼうな}要求が“すんなり”通ることがよくある。左翼議員から「朝鮮人への偏見や差別は駄目 !」という無言の圧力が役所全体に染み渡り、まるで空気のように存在するから、一般公務員や凡庸な議員は恐れをなして「朝鮮人案件」には触れようとはしない。結局、何事についても“穏便に”済ませようと考える。どうせ税金は「他人のゼニ」だ。節約したって自分の給料が増えるわけじゃない。住民のお金を大切にしたって、自分が糾弾されたり左遷されたら損である。だから、朝鮮人には「寛容」で「親切」にするのが一番。

朝鮮人を助ける日本人

  朝鮮人の横暴や阪神教育闘争にいつては、拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』(pp.230-235)で触れたから再度述べないが、朝鮮学校の設立に貢献した日本人の政治家についてはちょっと言及したい。

  朝鮮人は日本の敗戦を以て「解放」だとほざいているが、その「戦勝国民」は憎い日本に留まり、愛する祖国に戻ろうとはしなかった。日本政府が「帰れ」と言っても、決して従わず、泣いて喚いてゴネて拗ねる。散々抵抗した挙げ句、「哀号、アイゴォ~ォォ !!」と大声で叫ぶんだから始末に負えない。彼らには「みっともない」という意識が無い。朝鮮の統治権は朝鮮総督府からアメリカ軍に委譲されたので、朝鮮人は独立国の公民ではなく、合衆国の支配下に属する劣等民族、ないし保護領住民といったところだ。それでも、朝鮮に戻って仲間と暮らせば良いのに、彼らは日本に居坐って民族教育を認めろと言い出した。日本各地で朝鮮人が「国語講習所」を開設し、朝鮮人の子供に民族の言語を教えて、朝鮮人の自覚を持たせようと図ったのである。

  当初、朝鮮人の活動家はこうした「寺小屋もどき」を自前で創るしかなく、各人が資金集めや用地取得に奔走したそうだ。東京では西多摩や北多摩、武蔵野、八王子、立川、府中、町田などにある“みすぼらしい”建物や朝連事務所などが「校舎」となり、そこで貧しい朝鮮人の子供たちが祖国の言葉や文化を学んだらしい。しかし、朝鮮人「教師」たちは、校舎を建設するに当たって用地を購入することはなかった。というのも、当時の在日一世たちは、本国の情勢が落ち着けば直ぐにでも帰郷したいと思っていたから、その時が来るまでの間“一時的に”子供を教育すべく「学校」を創ったのである。ところが、その暫定的滞在期間が半世紀以上も伸びたんだから、朝鮮人というのは呆れるほど呑気というか愚図というか、このまま行けば在日5世はおろか、6世、7世・・・15世、23世、とハプスブルク家もビックリするような世襲特権を享受することになるだろう。戦前から朝鮮人は日本の恩恵をふんだんに受けていたのに、我が国の敗戦を見るや、日本人は三等国民だと嘲り、闇市で横暴に振る舞っただけではなく、解放前の皇民化政策を払拭すべく民族教育に邁進したとほざいた。もう恥知らずを通り越して人間のクズである。こんな民族に「戦後賠償を支払え !」という日本人は、日本国籍を捨てて朝鮮人になればいい。そうすれば朝鮮人に囲まれてさぞ幸せだろう。

Ogawa Ryo 1(左  /  小川良)
  日本人の大部分は朝鮮人が嫌いなのに、なぜか定期的にへそ曲がりや変わり者が現れ、「正義」や「博愛」を振りかざして朝鮮人に親切な日本人がいる。朝鮮人学校の建設は主に在日朝鮮人が担っていたが、その陰で日本人も一枚噛んでいたのだ。朝鮮人たちは三多摩朝鮮初等学院を建設するに当たって用地を確保しようとしたが、立川の地主たちはほぼ全員が反対だった。そんな中、「濱田屋酒店」を経営する濱田禎三だけは賛成派に廻ったようで、そっぽを向く地主たちに掛け合ってくれてばかりか、土地の賃貸契約に際し、その保証人にもなってくれたというのだ。(ウリハッキョをつくる会 『朝鮮学校ってどんなとこ ?』 社会評論社  2001年 p.52) さらに、この濱田氏に共鳴したのは小川良(おがわ・りょう)という女性であった。彼女は柴崎と学校周辺に宏大な土地を持つ小川家の嫁で、後に市議会議員となる支援者だった。

  立川市議会に立候補して当選した小川良の実家は、「加屋登」と呼ばれた鈴木家で、旧家の大地主であったらしい。彼女は女学校を卒業後、小川家の長男である宏と結婚したそうで、舅は立川村の助役を務めていたそうだ。嫁の良は普通の主婦であったけど、実家にいた頃、土地代の集金をした経験があったので、それを見込んだ舅は彼女に地代を集める仕事を任せた。多分こうした役目が切っ掛けで、濱田氏と親しくなったのだろう。1942年に夫を亡くした良は実質的に小川家を切り盛りするようななり、戦後になると地元の婦人会を結成するまでになったようだ。そして市議会選挙に二度も当選すると、1961年に全国で初の女性市議会議長になった。こうしたオバちゃん議員というのは実に厄介だ。素人時代には「これ」と言って政治に興味が無かったのに、ひょんな事から政界に進出するや、やたらと弱者救済に励んだりする。当時の朝鮮人というのは乞食か穢多並に貧乏で、地主の娘からすればドブ鼠の集団にしか見えない。だから、比較的裕福な日本人は偶然にも哀れな賤民を助けてしまうと、今までに経験したこともない「快感」を味わってしまうのだ。朝鮮人の老人や青年だけではなく、大勢の無邪気な子供たちから「ありがとう」と感謝されれば、涙が溢れるほどの感動が込み上げてくる。家で仕事をしている頃は単なる嫁だったのに、朝鮮人に土地を貸してあげると、急に神様か救世主のように崇められるんだから、その恍惚感ときたら実にたまらない。だから、もっと感謝されるために自ら進んで朝鮮人の為に働こうとする。朝鮮学校と契約を結んだ頃、彼女の自宅には「なぜ朝鮮人に土地を貸すのか」という抗議の電話がかかってきたそうだが、彼女はそんな非難に全く耳を貸さず、即座に一蹴したそうだ。

  日本人というのは誠にお人好しの民族である。朝鮮人に土地を貸した濱田禎三は、戦前から朝鮮人に親切だったようで、朝鮮人留学生5名を自宅に下宿させたこともあったらしい。(上掲書 p.57) 朝鮮からの留学生は禎三の倅(せがれ)である雍厚(やすひろ)とも親しくなり、彼と兄弟のように生活したそうだ。戦後、父親の禎三は朝鮮に渡って嘗ての下宿人と再会を果たし、たいそう御機嫌であったらしい。その後も面倒を見た朝鮮人たちからの手紙や連絡が絶えなかったので、禎三はますます朝鮮人贔屓となり、「彼らの為に何かせにゃいかん」と考え、土地の取得や学校建設に尽力したそうだ。こうした歴史を繙けば、なぜ貧乏で嫌われ者の朝鮮人が日本で勢力を誇るようになったのか、という理由の一端が分かる。朝鮮人に協力する日本人が居たから、非力な朝鮮人でも日本社会に浸透することができ、経済や政治の面でも財力や権力を築くことができたのである。ただ、こうした日本人支援者は、自らの好意が如何なる結果をもたらすのか分かっていなかった。鼻水を垂らした鮮人の子供に教育を授けたことばかりに満足を覚え、同胞の日本人に害を為す「ならず者」、政府転覆を狙う破壊分子、日本人叛逆者を操るフィクサー、民間人を装う準テロリストなどを育成したとは思っていないのだ。丁度、歐米のキリスト教徒が「難民」となったソマリア人やシリア人を自国に招き入れ、自分の「善行」に喜んでいるが、その入国者が同胞の娘たちを強姦する犯罪者になるとは予想していないのだ。日本人は天使が悪魔を呼び寄せる地獄絵を見ているのに、同じ愚行を真似しようとしているんだから、まさしく多民族主義に罹った重症患者である。

  朝鮮人が日本にいると軋轢や問題を起こすことは昔から分かっていた。吉田茂や白洲次郎が朝鮮人を追い返そうと奮闘したことはよく知られているが、日本を懲罰するために派遣された占領軍の軍人でも、朝鮮人の有害性に気づいているアメリカ人がいたのだ。我が国の教育や宗教を担当した「民間情報教育局(Civil Information and Education Section / CIE)」は朝鮮人の危険性を認識しており、初代局長のケネス・ダイク(Kenneth R. Dyke)大佐に代わって局長に就任したドナルド・ニュージェント(Donald R. Nugent)中佐は、保守派のアメリカ人で反共主義者であったから、教員のレッド・パージに熱心であった。(竹前栄治 『GHQの人びと』 明石書店 2002年 p.60) とりわけ、朝鮮半島が焦臭くなり朝鮮戦争が勃発すると、占領軍総司令部の反共主義者は日本に於ける朝鮮人のサボタージュ(破壊・妨害工作)を深刻に受け止めるようになり、その温床となっている朝鮮人学校の閉鎖を指示するようになったという。

  CIEの教育課で地方連絡官(Field Liaison Officer)を務めたセオドア・フォークナー(Theodore A. Faulkner)は朝鮮小学校を閉鎖すべし、と勧告していたそうである。彼は朝鮮人問題が深刻な山口県に赴き、現地の知事や朝鮮人教師に面会し、朝連下関学校ほか6校を見学したそうだ。彼はそこに勤める教師や学校のカリキュラム、教科書などを調査すると眉を顰めた。というのも、朝鮮学校では北鮮の国旗が掲揚され、生徒や教師が襟に北鮮旗のバッジを附けていたばかりか、日本の教科書を無視して朝鮮語の教科書を用い、朝鮮の歴史や地理に加え、共産主義のプロパガンダまで吹き込んでいたのだ。しかも、朝鮮人の児童が朝連の事務所に出入りしていたんだから、フォークナーが危機感を覚えたのも無理はない。朝鮮学校の「教育」は本質的に「洗脳」であり、北鮮に忠誠を尽くす未来の兵隊を養成する温床であるから当然だ。だいたい、学校閉鎖に反対するため教師が子供たちを動員し、率先して妨害工作に勤しみながら生徒にも協力を仰ぐなど言語道断である。常識外れも甚だしい。現在でも、朝鮮有事の際に米軍の前線基地となる日本には、北鮮軍を攻撃する米軍を無力化するため、多くの工作員が派遣され、在日鮮人や帰化鮮人の協力者が大量に潜んでいる。彼らの中には朝鮮学校の卒業生が混じっているので、こうした学校がスリーパー(本国からの指令で行動を起こす隠れた「草」)の養成機関であることは明らかだ。

  現在、マスコミは森友学園に便宜を計った容疑で安倍首相を非難しているが、それなら左翼メディアが同志とみなす共産党や社会党の過去を報道すべきであろう。戦後間もない頃までは、在日朝鮮人の過激分子や左翼主義者はコミンテルン日本支部(いわゆる「日本共産党」)の庇護下に入っていて、日鮮共同で我が国の体制を転覆させようと狙っていのである。やがて両者は民族の相違から袂を分かつが、水面下での共闘関係は維持していたようで、共産党議員は朝鮮学校を熱心に擁護していた。例えば、阪神教育闘争を経た1949年4月に、朝鮮人が学校への国費援助を国会に請願すると、日本共産党議員の岩間正男はそれを掩護し、調子に乗った在日朝鮮人は、民族差別をされずに教育を受ける権利があると言い張った。さらに、朝鮮人も納税やその他の義務を負っているから、日本政府は朝鮮学校へ国費を投入すべきだとぬかしていたのだ。まったく盗っ人猛々しいというか厚、顔無恥を絵に描いたような連中である。ふてぶてしい居候や不法入国者の分際で、何が「教育を受ける権利がある」だ。朝鮮人は液体窒素の中に飛び込んで頭を冷やせ ! 朝鮮人は日本で商売をしているんだから税金を払うのは当然だろう。日本の社会インフラをタダで使おうなんて太い奴らだ。そんなに税金を払うのが厭なら、さっさと朝鮮へ帰れ。

  たとえ外国人といえども、異国で商売をしたり生活するんだから、現地人以上に税金を納めても不思議ではないし、そもそも国民の権利は先祖伝来の遺産であり、外人が購入できる商品ではない。ところが、日本人には国家意識が薄いから、「国民の権利」を外人に渡しても至って平気。普通の日本人でも国籍を簡単に考えてしまうくらいだから、左翼議員になれば無料配布のティッシュ程度にしか思っていないのだ。日共議員の渡部義通などは朝鮮人議員と見なした方がよい。彼は朝鮮人の金薫外が代表する請願を国会で取り上げ、朝鮮人の利益を代弁していたのだ。

  わが國在留の朝鮮人は、教育基本法によつて民族的差別なく教育を受ける権利を有し、法律に從い、納税その他あらゆる義務を果しているのであるから、朝鮮人学校教育費に対し、國庫負担をなされたいという趣旨によるのであります・・・・。(国会議事録 「衆議院文部委員会24号」 昭和24年5月21日)

  この売国議員は朝鮮人による請願の動機を述べながら、彼らの言い分を正当化していたのである。
  
  かつて日本の帝國主義のもとで、その教育文化をまつたく抑えつけられて、植民地的な教育をしいられて來た朝鮮人が、終戰後民族的な自覚と新しい朝鮮人の養成のために、非常に大きな努力をもつて朝鮮人学校というものを建設経営して來たのであります。ところが日本の文部省はこういう朝鮮人の努力の結果を、また朝鮮人の民族的な当然の要求を無視したやり方で、当時この朝鮮人学校の彈圧を行つたのであります。その結果流血の惨を來しただけではなくて、朝鮮人青年の死亡者までも出すような大阪警察当局の乱暴な取締りとなりまして、非常に社会の耳目を聳動させた事件がございました。(同議事録より)

  日本の極左分子は、政府が朝鮮統治時代に朝鮮人を抑圧し、その文化を奪った前科があるので、国費を与えて朝鮮人学校を支援しろと訴えていたのだ。こんな見解は事実誤認で、朝鮮社会の実態を無視した暴論である。一般教育などひとかけらも無かった朝鮮に大衆教育を与え、無知蒙昧の乞食を一般の「人間」にしたばかりか、栄光ある大日本帝國の「国民」に昇格させたのに、なぜ我々が謝らなくてはならないのか。豚小屋に住む賤民に豪邸をプレゼントしたら、十億円の罰金を請求されるなんて事はあり得ないだろう。野良犬だって餌をもらえば「ありがとう」と聞こえるような鳴き声を上げるものだ。まったく、朝鮮人は根っからのタカリ屋である。もし、国費補助を要求する朝鮮人がいたら、我々は躊躇なく制裁を加えるべきだ。腕力に自信がない日本人女性は、卓球のラケットで朝鮮人の頬をビンタすればいい。彼らが鼻血を出して赦しを乞うても簡単に止めちゃいけないよ。日本人が甘やかすら朝鮮人は何度でも「お金をくれ」とせがむのだ。

隠れ共産主義者の中曾根康弘

  日共議員のついでに中曾根康弘についても述べてみたい。レーガン・サッチャー時代の1980年代、保守思想の波に便乗した中曾根は、日本の保守層をまんまと騙して首相になったけど、その本質は共産党員と変わらなかった。というより、もともと中曾根は左翼陣営に属していたのである。この風見鶏は吉田首相の朝鮮人対策を非難していた。 

  吉田内閣は、たとえば朝連の解散であるとかあるいは朝鮮人学校の閉鎖であるとか、一連の政策をお取上げになつた。私はあれを見て非常に悲しんだのであります。われわれが東亜諸民俗に与えた惨害その他の大きな障害というものは、はかり知れざるものであり、まして朝鮮の人やあるいは台湾の人や中国の人が、日本で現在多少のいろいろな支障を起こしている、そんなどころの騒ぎではないと思う。我々はやはりアジア人として、日本人として、一つのアジアというものを復興して進まなければならない。そういう際に、敗戦国の日本として、今まで迷惑をかけた近隣の諸国人に対して、あまり刺激的な政策をやるということは、私は国家百年のためにとらない。(国会議事録 「衆議院予算委員会5号」 昭和24年11月19日)

  昔から中曾根は左翼と同じ歴史観を共有し、日本はアジアに損害を与え、支那人や朝鮮人に迷惑をかけたと信じていたのだ。案の定、中曾根は朝鮮学校に同情的だった。

  吉田内閣がこの間おとりになつた、たとえば朝鮮人学校の閉鎖という問題を考えてみても、韓国の李承晩系統の南鮮の人が来て、あれをいろいろ調べているようです。私はこれは今後の日韓関係に一つの傷を与えたと思う。やつたことはしようがないが、あれを閉鎖したままでおき、解散したままでおくというようなことは、はなはだ不親切な態度だと思う。たとえば解散を命じたなら、送還するというところまで行かなければならぬ。送還するかぎりは財産をみな持つて向こうへ帰つてよろしい、一千円とか二千円とか制限しない、そういう取扱いをして向こうへ送還するというところまでやつて、初めて閉鎖とか解散とかいうものはやるべきである。学校の問題もそうです。そういうような刺激的な政策を吉田内閣はどうしておとりになつたか。総理大臣のあの措置をおとりになつた時のお考えを承りたい。
  
  中曾根の質問だけを聞いていると、誰もが共産党の議員による発言と錯覚してしまうだろう。それもそのはず、中曾根にもその自覚があった。

  総理大臣にお断りしておきますが、私は何も朝鮮でもなければ、共産党員でもない。私はやはり日本人として、将来の日本のためを思つて率直に申し上げておるのであります。日本が過去において東亜各地でやつた罪業というものは、ぬぐうべからざるものであり、強盗をやつた、強姦をやつた、それくらいのもので拭われるものではない。そういう大きな罪の自覚立つて外交というものは行われなければならない。
  今後このようなことが吉田内閣によつてますます続行されるということになれば、あなたはそのうちにお亡くなりになるからいいかもしれないが、我々はあとになつて大いに迷惑をする。そういう尻ぬぐいを我々はやりたくない。吉田内閣はそのような政策を今後やらぬということを、総理大臣に対して希望して、私の総理大臣に対する質問を終ります。(同国会議事録)

  「愛国者」を気取る中曾根によれば、日本軍の将兵はアジア諸国で「強盗」をやり、そのうえ「強姦」も犯し、一生拭うことが出来ぬほどの罪過を重ねてしまったというのだ。中曾根は政治家にならなければ、NHKか朝日新聞に入社できたんじゃないか。筆者は高校生の頃、日曜日の朝に竹村健一の「世相を斬る」を観ていたけど、彼が中曾根を褒めることだけには違和感を覚えていた。もちろん、凡庸な子供だったから中曾根の過去を知らなかったが、中曾根がアジア人に対して妙に肩入れしていたから、第六感で「こいつは保守を掲げているが怪しいぞ」と思ったものである。普通の子供なら本能的に支那人や朝鮮人の生徒を嫌うし、アジア人との友好なんて馬鹿らしいと思うはずだ。実際、朝鮮語や朝鮮文学を専攻したいと考える高校生は皆無だったし、恋人と旅行す場合、支那大陸を希望するなんて奴はいなかった。たいていは、パリとかミラノ、ローマ、ウィーン、あるいはアメリカなどを選び、あとはエーゲ海附近のどこかでバカンスというのが主流だった。もっとも、売春婦を求める農協団体のオッちゃんたちは、安上がりなアジアを贔屓にしていたから、一概に人気が無かったとは言えないけどね。

Nakasone Yasuhiro 2Koizumi Junichiro 1











(左: レーガン大統領と一緒の中曾根康弘  / 右: 小泉純一郎親子 )

  産経新聞や雑誌『正論』は中曾根を保守派の重鎮と持て囃していた。しかし、中曾根には独特の厭らしい雰囲気が漂っていたから、正直な国民は分かっていたはずだ。中曾根はインタヴューを受ける時、一瞬だが、ちらっと横目で周囲の反応を確認するしぐさを見せていた。視聴者がこういった癖に気づくと、「こいつ何か嘘くさいぞ」とか「他に別の考えがあるんじゃないか」と思ってしまう。当時、『世相を斬る』には若き代議士の小泉純一郎も出演したことがあり、国防や郵政を熱心に語っていたのを筆者も覚えている。中曾根と違い純ちゃんは腹を据えて、じっと相手を見つめながら持論を述べていた。子供でもテレビ画面に映る小泉氏が信念を吐露していることくらいは分かったものだ。中曾根が選挙に弱く、小泉が強かったのも何となく判る気がする。一般有権者の嗅覚は侮れない。

  横道に逸れるけど、保守思想を「売り」にしていた西部邁なんか、中曾根を「先生」と呼んで媚びていた。一般読者からするとゴマすりにしか思えないが、「リアリスト」をアピールしたい西部氏には必要だったのかも知れない。なにぶん西部氏は全共闘上がりだから、自分の過去を消したくって、「保守派」と目されていた元首相に近づいたんじゃないか。ちなみに、『正論』の編集部は西部を保守派論客と位置づけていたが、彼の取り巻き連中を見れば左翼の変形と判る。筆者は『発言者』を準備号から購読していたけど、西部氏が登庸する執筆者には、誰ひとり保守派の知識人が見当たらなかった。例えば、根暗な保阪正康とか民主党を支持した榊原英資、自称「パンク右翼」の福田和也、田原総一朗の後釜を狙っていた宮崎哲弥、難解な文章しか書けない左翼上がりの絓秀実(すが・ひでみ)とか、毎回つまらない文章を書く佐伯啓思(さえき・けいし)などが「レギュラー登場者」なんだからガッカリする。こんなガラクタ文士を集めて「クウォリティー・ペーパー」だなんて詐欺だろう。

獅子身中の虫を育成する金王朝

  森友学園の籠池理事長が政治家に「口利き」を頼んだのは、永田町に蔓延る因襲が強固に残っていたからだ。確かに、籠池氏は保守派の看板を掲げた“ちんけな”政商だが、あの程度の経営者なら教育界にいくらでもいる。問題なのはこんな“雑魚”ではなく、北鮮という犯罪国家に忠誠を尽くす在日朝鮮人と、彼らとグルになって勢力を拡張しようとする議員や官僚だ。日本を呪う朝鮮人と革命を目指した日本人にとって、共通の敵は愛国派の日本人であるから、日鮮両国の左翼勢力は“合法的に”国家権力と税金を利用し、保守派を殲滅しようと試みる。日本国民にとって深刻な脅威というのは、北鮮が保有する核兵器より、国内で増殖する朝鮮人の存在であろう。例えば、日本がいくら防衛力を強化しても、政府首脳に朝鮮系議員やその手下となった高級官僚が君臨すれば、自衛隊の出動命令は発せられず、動きがとれないイージス艦や最新鋭戦闘機は宝の持ち腐れになってしまう。また、専守防衛を堅持して、北鮮からの第一次核攻撃を受けてから反撃に出るなんて狂気の沙汰である。もっと言えば、自衛隊の中には支那やロシアのスリーパーが潜んでいるから、一旦有事となれば必ずや北鮮の工作員と連携し、各方面で我が国の軍事行動を妨害するはずだ。国家の中枢を乗っ取られた日本に祖国防衛は無理である。

Kim 1Kim 2Kim 3







(左: 金日成  / 中央: 金正日 /  右: 金正恩)

  狡猾な金日成は在日朝鮮人に対し、日本に留まって暮らすよう命令した。それは、日本国内に伏兵を養成するためである。1950年代、北鮮は“赤貧洗うが如し”の状態だったのに、共和国赤十字を通して朝鮮学校へ1億2100万円ほどの支援金を送っていたから驚きだ。在日朝鮮人の教員や父兄は、祖国が苦しい国家予算の一部を割いて、救いの手を差し延べてくれたことに感動し、皆が歓喜の声を上げたり涙を流して感謝したそうだ。(『朝鮮学校ってどんなとこ ?』  pp.94-95) 2001年までに金日成や金正日からの送金は147回に及び、合計446億396万3000円に上ったという。現在の北鮮支配者たる金正恩も先代に倣ったようで、2億1880万円の教育支援金と奨学金を送ったそうだ。(「Daily NK」 2016年4月15日) だが、我々は朝鮮学校を支援したのが朝鮮人だけではなかったことを銘記すべきである。全般的に朝鮮学校が輩出する“偉人”など、強姦魔か暴走族、チンピラ、ゴロツキ、ヤクザの組長くらいだが、こんな学校を支援する日本人は意外に多くいて、その中には有力者も含まれていた。代表的なのはマルキスト学者で東京都知事となった美濃部亮吉だ。

Minobe 1( 左 /  美濃部亮吉)
  朝鮮大学校は1966年4月に各種学校の認可申請を提出したが、なかなか認められず、ようやく許可が下りたのは1968年4月になってからである。というのも、前年の1967年に美濃部が都知事に当選し、極左分子が歓迎する革新都政が誕生したので許可が下りた。それまでは文部省が地方に建つ学校の許認可にに睨みを効かせており、朝鮮学校のカリキュラムを監視していたのである。政府与党も「外国人学校法案」を検討していたくらいだ。もしも、この法案が実現されていれば、文部大臣に教育中止命令や学校閉鎖命令を発動しうる権能が与えられ、監督庁の職員による朝鮮学校への立ち入りが可能となり、その実態を検査できるようになるはずだった。だからこそ、朝鮮人やその仲間たちは必死で抵抗し、その法案は七回も妨害され、ついに1972年、廃案へと追い込まれてしまったのである。朝鮮学校の少年たちはデモ集会に出掛ける親を見送りながら、毎日のごとく「外国人学校法案」に反対するハガキを首相や国会議長、文部大臣に送り続けたそうだ。「勉強」よりも「課外活動」に熱心なんだから呆れてしまうじゃないか。どうりで朝鮮人に左翼の素質がある訳だ。その努力以外の「圧力」があったのか、1960年代になると急に朝鮮学校の許認可数が増えたという。まぁ、朝鮮人の背後には社会党の土井たか子や高沢寅男も控えていたから、役所の中では色々な圧力や脅迫が罷り通っていたのかも知れない。

  マスコミは「報道の自由」や「編集権の行使」を楯に、自分にとって「都合の良い」報道を繰り返している。安倍政権を何としても潰したいマスコミは、取るに足らぬ“小火(ぼや)”でも、ガソリンをふりかけて“大火”にしようとするらタチが悪い。彼らは大衆を操作できるとの自信を持っている。視聴者を間抜けなガキと見なしているから、刺戟的で大袈裟なワイドショーを連日連夜垂れ流すことで、倒閣運動にまで発展させるとこができると思っているのだろう。だが、国家の優先事項を考えれば、拉致被害者を奪還する方が先決なんじゃないか。一般国民だって、どうでもいい下らないリンチ劇よりも、苦難を嘗めた同胞が帰還するシーンを見たいはずだ。北鮮が我が国に向けてミサイルを発射するなら、在日朝鮮人をまとめて突き返してやればいい。福田康夫は「相手が嫌がることはしない」と言ったが、教養のある日本人なら「北鮮が厭がることをすべし」と考えるだろう。コブラにはパイソン(ニシキヘビ)を、悪魔には支那人を、北鮮には同胞を差し向けて、陰に陽に「嫌がらせ」を行うべきである。でも、あの金正恩なら水際で皆殺しにするかもね。




人気ブログランキング

欠陥だらけの朝鮮人 / 怒りで自爆する民族に救い無し

好評発売中 !
激昂するだけの民族

kids 8Koreans anti-Japanese 3kid 16








(  中央写真 / 日の丸を燃やす朝鮮人 )

  日本人にとってアジア大陸の住民は実に迷惑な存在である。特に、支那人と朝鮮人は最も有害で、彼らが日本の近くに住んでいる事だけでも天を恨んでしまう。毎年毎年、支那からは不愉快な流民がやって来るし、彼らが傍(そば)に近寄れば虫酸が走る。しかし、その支那人に負けず劣らず、朝鮮人はしつこくって鬱陶しい。もし、図々しさを絵に描くとしたら朝鮮人が最適だ。彼らが本国で何をしようが勝手だが、売春婦の彫像を造って「日本の性奴隷」と称し、ドイツにまで設置するんだから赦せない。朝鮮人には「恥」という観念が無いんだろう。そもそも、ありもしない淫売女の悲劇を捏造し、本来なら隠したい民族の恥部を暴露するんだから正気じゃない。凱旋式なら分かるけど、如何に自分が惨めだったのかを外国に宣伝するなんて常軌を逸している。こうした傍迷惑な民族は何処かに消えてもらいたい。そこでマギー四郎にでも頼みたいところだが、たぶん茨城か群馬の営業で忙しいから、スケジュール的に無理だろう。でも、凄腕のMr.マリックに依頼するとギャラが高そうだから、引田天功に引き受けてもらうしかない。一瞬でトレーラーを消せるくらいだから、朝鮮人なら百人くらい消せるかもしれないぞ。でも、意外ととシンプルにダイナマイトを使ったりして・・・。

Maggy Shiro 1 Maric 1Hikita Tenkou 1







(左: マギー司郎  / 中央: Mr.マリック /  右: 引田天功)

  日本のテレビ局は重要な課題を放送せず、どうでもいい事件ばかり垂れ流している。ついこの間までは金正男が暗殺されたと騒ぎ、最近では朴槿恵が罷免されたと驚いている。だいたい、任期満了が近づく南鮮の大統領に「悲惨な末路」が待っているのは毎度の事で、日本人の我々がいちいち慌てることじゃないだろう。朝鮮で腐敗や瀆職(とくしょく)なんか珍しくないし、誰が大統領になろうが南鮮が“まとも”な国になる訳じゃあるまい。朝鮮の混乱は三面記事で充分だ。だって、そうだろう。例えば、「シベリアで雪が降りました」とか、「猫が電柱に登って降りられなくなりました」という事件が「特ダネ」になるのか? それと同じことだ。騒ぐだけ馬鹿らしい。在日朝鮮人や帰化鮮人はこうしたニュースを聞く度に、朝鮮人の宿痾(しゅくあ)たる「民度の低さ」に辟易するだろう。多少なりとも賢い在日朝鮮人なら、早く自分の系譜を忘れたいと必死になるはずだ。

  それにしても、朴槿恵が大統領の座から引き摺り降ろされたというのに、それを哀しむどころか逆に花火を上げて「祝う」国民とは、一体どんな頭をしているのか? 我々には理解不能である。もし、精神を病んだ南鮮人を治すとしたら、「花火を口にくわえてみたら」とアドバイスするのが一番だ。苦しまずに一瞬で楽になるだろう。朝鮮日報で論説委員をしている朴正薫によれば、「韓国人はみんな狂っている。まともではない」とのことだが、こんなことは子供でも知っている周知の事実。本性がバレだだけ。そもそも、南鮮が“いっちょ前”の国家になれたのは、日本人による壮大な無駄遣い、則ち日韓併合による朝鮮人の教育と天文学的設備投資、そして日韓基本条約による経済支援などがあったからで、朝鮮人だけの努力ならモザンビークかスーダン並の貧乏国がせいぜいだ。とても近代産業を擁する国家にはなっていないだろう。ソ連と支那に支配された北鮮をみれば分かるじゃないか。端っから朝鮮人に経済大国は望めないし、ましてや高度な力量を要する立憲政治は更に無理。空からダイヤモンドが降ってくる確率より低い。出来損ないの缶詰みたいな顔をぶら下げる南鮮人は、窮地に陥った大統領の失脚を喜んでいる。憎い権力者が没落すればスッキリするし、新しい大統領が決まれば明るい未来が到来する、と思っているんだから呆れて物が言えない。まことにお目出度い民族である。まぁ、こんなアホが同胞なんだから、帰化鮮人が「チョーセン」という響きを嫌うのも分かるし、日本人が心の底で「チョーセン人」と馬鹿にしたくなるのも当然だ。

Koreans clash with the policeKoreans in Protest 5








(左: 警官隊と衝突する朝鮮人  / 右: デモ行進を行う朝鮮人 )

  先ほどの朴論説委員が狂った南鮮人に言及していたけど、ちょっと賢い日本人なら朝鮮人の民族性に関して昔から分かっていた。例えば、カトリック教会のシャルル・ダレ(Claude Charles Dallet)神父は、朝鮮で布教活動をしたダヴリュイ(Marie-Nicolas-Antoine Daveluy)司教の資料を基にして当時の朝鮮社会を記していた。だから、それを読めば誰にでも朝鮮人の愚劣さが分かるだろう。ダレ神父は朝鮮人の民族性に触れた箇所で、彼らが客人をもてなす風習を褒めていたが、そんな長所はごく僅かで、短所を述べた部分の方が生々しくて説得力がある。彼は現在の朝鮮人にも通じる性格を述べていた。

  朝鮮人は一般に、頑固で、気むずかしく、怒りっぽく、執念深い。それは、彼らがいまだ浸っている半未開性のせいである。(ダレ 『朝鮮事情』 金容権 訳 東洋文庫 平凡社 1979年 p.269)

  こんにちの我々は、朝鮮人の「半未開性」と聞けば当時の貧しい朝鮮人の事と思ってしまうが、朝鮮は何年経っても未開のままである。そもそも、時代と共に朝鮮人が「進歩」すると考えること自体が間違っているのだ。日本人は開国以来、西歐文明を咀嚼(そしゃく)して自国を改善できたから、他国も努力次第で同様の発展を達成できるだろう、と安易に考えてしまう癖がある。しかし、根本的に異なるアジア諸国には困難だ。アジア人は西歐人の文化を飲み込んでも、吐いてしまうか下痢を起こすのが関の山である。日本人とは体質(constitution)が違うのだ。ダレ神父の考察は今でも色褪せることなく正しい。朝鮮人が「怒りっぽくて執念深い」のは慰安婦騒動を見れば誰にでも分かる。朝鮮人っていうのは本当にしつこく、靴底に附いた犬の糞みたいで、地面にこすりつけても中々消えることがない。

Koreans 004Koreans 007











(写真  / 古き朝鮮社会の人々 )

  日本人が朝鮮人を避けたがる理由の一つに、彼らの激昂しやすい性格、つまり理性のカケラも無い行動に出る点が挙げられる。何らかの屈辱で猛り狂った朝鮮人は、スイッチの壊れたチェーンソーみたいで手がつけられない。ダレ神父によると、朝鮮人の間には何らの倫理教育も行われていないし、子供が感情のコントロールができなくても懲罰を受けないので、幼子はそのまま成長するそうだ。だから、男も女も成長したとはいえ、見境の無い怒りを絶えず爆発させるようになるらしい。

  この国では、ひとたび決心すると、これを証明するために、自分の指を刺し、その血で誓いを記す。怒りが爆発したりすると、人びとは不思議なほど安易に首を吊ったり、投身自殺したりする。些細な不快や、一言の蔑視、ほんのなんでもないことだが、彼らを自殺へと追いやっている。(上掲書 p.269)

  本当に半島の鮮人すべてが首でも括って死んでくれれば、どれだけ幸せなことか。てるてる坊主の隣に短冊を吊して星に願いをかけたくなるだろう。これは想像だけど、神様は天地創造の際に朝鮮人用の「理性」を附け忘れたのかも知れない。冗談はさておき、朴槿恵を糾弾していた朝鮮人を思い出せば、知性が無く激情的な人間が昔から居たことが分かる。財閥と癒着した朴大統領に抗議するため、憤慨した大勢の朝鮮人が集まったという事までは理解できるが、半ば発狂した群集が警官隊と衝突した挙げ句、三名の死者が出てしまった。偶然の出来事なんだろうが、結果的に「馬鹿は死ななきゃ治らない」を実践してしまった事になる。たぶん、抗議者の中には南鮮社会に鬱積する不満を晴らすために参加した者や、みんなが集まるから「流行」で駆けつけた者もいるだろうが、朝鮮人には集団で感情を爆発させることに快感を得る民族的気質があるのかも知れない。

無謀が本能になってる朝鮮人

  朝鮮人の「無謀さ」で思い出したけど、2005年、テレビの挌闘番組「PRIDE」を観ていた時のことだ。俳優の金子賢が試合をするというので驚いたことがある。初めての実戦なのに、相手は凶暴な黒人格闘家のチャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット(Charles “Krazy Horse” Bennett)。格闘技ファンなら「まさか、そんな」と天を仰ぐが、朝鮮人の金子氏はやる気満々だったから、筆者もその「無謀さ」に驚いたことを覚えている。(金子賢の本名は「キム・ヒョン(Kim Hyeon)」というらしい。) あんな兇暴な黒人を対戦相手にするなんて、プロモーターもあんまりじゃないか。虎と仔猫のバトルじゃないんだぞ。案の定、腕ひしぎ十字固めで惨敗。だいたい、ちょっと練習しただけの素人が、歴戦のプロに勝てる訳がないじゃないか。元横綱の曙だってK-1で散々な目に遭ったのだから、俳優が考えるほど挌闘の世界は甘くはないのだ。

Kaneko Ken 1Charles Krazy Horse Bennet 1Tokoro 1(左: 金子賢  / 中央: 「クレイジー・ホース」と呼ばれるベネット /  右: 所英男)

  しかし、これで懲りないのがアホな朝鮮人。金子氏は2006年、またもやプロを相手にした試合に臨んでしまったのだ。今度の対戦者は所英男(ところ・ひでお)で、舞台は「HERO'S」のリングであった。で、「結果は?」と言えば、「やはり」惨敗。金子は最初から所氏にタックルされて押さえ込まれてしまった。でも、所氏は憐憫の情があったのか、金子の顔面を肘や拳でボコボコにせず、腕十字を決めてさっさと試合を終わらせてしまったのだ。おそらく、所氏は素人を対戦相手にされて興行主に怒っていたんじゃないか。また、金子を「あてがわれた」プロの挌闘家にしてみけば、「俺をナメてるのか?」と言いたいところだろう。一方、金子は負けても幸運だった。もし、所氏が本気で鼻をへし折ったり、パンチで眼底骨折にしていたら、俳優人生はどうなっていたことか。2009年のK-1 Dynamiteでは、青木真也がアーム・ロックをかけて廣田瑞人の腕を折ってしまったのだから。あの時、廣田の関節から出た「ボキ」って鈍い音は凄かった。とにかく、どうしてこうも朝鮮人は理性が足りないのか不思議である。元プロレスラーで帰化鮮人の前田日明(まえだ・あきら)に金子が叱られたのも当然だ。

  世の中には「三度目の正直」というものがあるけれど、アマチュアが飛び込むリングの上では皆無。敗戦に懲りない金子は、同年末の「K-1 Dynamite」に出場し、黒人のアンディー・オロゴンと対戦し、少しは腕を上げたようだが、判定であえなく負けてしまった。誰でも「当り前」と納得するが、我々はそこに朝鮮人の特徴を二つほど見ることができる。ひとつは、後先考えずに矢鱈と格好をつけたがるという点だ。朝鮮人はとにかく「大物」になりたがる。例えば、懐が寒くても後輩に飯を奢る先輩とか、恋人に自慢したくて中古でもいいからベンツを乗り回す見栄っ張りなどだ。彼らは意地でも朝鮮の「ヒュンダイ」なんかには乗らないだろうなぁ。(だって格好悪いもん。) もう一つは、妄想を積み上げて「現実」にしてしまう癖だ。朝鮮人は客観的な判断ができず、都合の良い状況を想定し、根拠は無くてもそれが実現すると思い込む。簡単に言えば「バカ」ということだが、悲しいけど朝鮮人にはそれを認識する能力が無い。ただし、日本で育てばその愚かさに気づくだけの知能が備わってくる。だから、朝鮮には戻りたくはないのだろう。

scooter wheelchair 2Korean Elevator 1











(左: 電動スクーター の一例 / 右: エレベーターに突撃する死亡した朝鮮人 )

  朝鮮人の「愚かさ」を語る上で欠かせないのが、2010年の8月25日南鮮の大田(テジョン)で起きた事件である。場所は定かではないが、ある駅に設置されたエレベーターに中年女性が乗り込み、ボタンを押して扉を閉じた。そこへ、電動スクーターに乗った障碍者とおぼしき朝鮮人男性が滑り込もうとしたのである。しかし、ほんの少しだけ早く扉が閉まったものだから、その障碍者はエレベーターに乗ることができなかった。ところが、これに腹を立てた男性は、スクーターを勢いよく前進させ、閉まっている金属製の扉にぶつけたのだ。でも怒りが治まらなかったのか、スクーターをバックさせ、もう一度勢いよく扉に向かって突進。すると、エレベーターの扉が破損し、勢い余ったスクーターは停止せず、そのまま前進を続けてしまったのだ。激昂した男性は為す術もなく、暗いシャフト(昇降路内)の中に消えてしまった。スクーターごと前のめりに落下した男性は、「うぉぉぉ~!!!」という叫び声を上げて即死。冷たい金属音が印象的だった。興味のある方は、YouTubeのサイトを開き、「エレベーターに突っ込んで死ぬ韓国人」と検索すれば、問題の動画を観ることができる。(ただ、注意しなければならないことがあって、悲惨な事故なのに、つい笑ってしまうから後で罪悪感に苛まれてしまうかも知れないよ。)

空を飛ぶ深海魚を捜す徒労

  だいぶ脱線したので話を戻す。ダレ神父は結果を考えずに復讐を果たす朝鮮人の軽率さにも触れていた。

  彼らは怒りっぽいが、それと同時に、復讐心で満ちている。たとえば、五十の陰謀のうち四十九までが何人かの陰謀加担者によって事前に暴露される。これらはほとんどいつも、個人的な恨みを満足させるためのものであったり、かつての少し辛辣な言葉に対する仕返しのためであったりする。敵対する者たちの頭上に懲罰を加えることができるならば、自分が罰せられることなど、彼らにとっては何でもないのである。(pp.269-270)

  朴槿恵を権力の座から引き摺り降ろすことに夢中な朝鮮人は、その後に訪れる政治的混乱と左傾化、さらに深刻な事態とも言える北朝鮮による容喙や工作を考えていないのだ。金王朝が南鮮の政界に工作員を送り込む一方で、米国は南鮮を見棄てるオプションまで考えているんだから、南鮮軍の将校は顔が青ざめてくるだろう。でも、脳天気な一般人は失墜した大統領の顔を眺めて清涼感に浸っている。朴槿恵が罷免されたことを祝して、店のドリンクを無料にした食堂があるくらいだ。最近、マンガ本すら売れなくなっているというが、朝鮮人の日常を描く漫画家が現れれば、意外なヒットが出るかも知れない。『まさちゅーせっつ』で有名な故・波南カンコとか、名作『愛の泉』を出したザビエル山田の如き人材が期待されるところだ。

Korean kid 1Korean 26Korea the Life in Busan in the early 1950s (4)








(左: 日本統治時代にいた朝鮮人の幼児  / 中央: 南鮮ドラマに出てくる子供 / 右: 1950年代にいた朝鮮人の子供 )

  カトリックの司祭だから嘘をつけないという訳ではなかろうが、朝鮮人の民族性を語るダレ神父は非常に正直だった。彼は各地に住む朝鮮人の性格について書いている。例えば、平安道の人は他の道に住む人より屈強で、粗野な上に性格が激しい、と述べていた。(p.275) 黄海道の者は狭量で、視野の狭い性格として知られていたらしい。彼らは欲深く、信義が無いと非難されていた。翻って、京機道、つまりソウルの人々は、軽薄で節操がなく、奢侈と快楽に耽るらしい。朝鮮人の野心、強欲、浪費、豪奢などに当て嵌まるのは、まさしく彼らであるという。全羅道の民は他の朝鮮人から、下品で偽善的、狡猾なうえに自己の利益しか求めず、利得のためなら醜悪な背反行為も辞さない連中と目されていたそうだ。(p.276) 現在の朝鮮人も同じだから、朝鮮人というのは自国の「伝統」を忠実に守る民族なんだろう。それにしても、こうした欠点を縷縷(るる)述べているということは、ダレ神父も相当あの朝鮮人たちに手を焼いたのかも知れない。日本に来たルイス・フロイスや聖フランチェスコ・ザビエルは、布教には成功しなかったものの、素直で賢い子供や慎み深い女性、立派な武士に逢えたから幸せだった。例えば、フロイスは日本の子供について書いている。

  ヨーロッパの子供は青年になってもなお口上(レガード)ひとつ伝えることができない。日本の子供は十歳でも、それを伝える判断と思慮において、五十歳にも見られる。(ルイス・フロイス 『ヨーロッパ文化と日本文化』 岡田章雄 訳註 岩波文庫 1991年 p.65)

  またフロイスは次の様にも褒めていた。

  われわれの子供はその立居振舞に落ち着きがなく優雅を重んじない。日本の子供はその点非常に完全で、全く賞讃に値する。(上掲書 p.66)

  まぁ、朝鮮人を評するに当たって日本人と比較するのは酷であろう。社会の基盤や人間の質が雲泥の差なんだから、ゴミ溜めにうずくまる賤民と武勲に輝く英雄を比べるようなものだ。朝鮮には立派な人物などほとんどいなくて、悪党ばかりが目立つ。筆者は拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』で、朝鮮人の「前科者カードは偉人伝」(p.217)と述べたが、我が国に潜り込んだ朝鮮人を調べてみれば、あながち暴言とは思えまい。朝鮮人が「英雄」とか「偉人」とみなす人物は、拳銃や爆弾を用いたテロリスト、警察官を襲撃する「ならず者」、婦女強姦を得意にするゴロツキ、麻薬密輸を行うヤクザ、庶民から嫌われる博徒など、立派な朝鮮人なんてまずお目に懸かることができない。ちようど「空を飛ぶ深海魚」を捜すのと似ている。朝鮮学校を「卒業」した優等生が就く職業なんて、パチンコやの店員か朝鮮料理店の給仕くらいなものだろう。もっとも、朝鮮総聯の幹部候補生なら別だけど。だって、暴力団との交渉役とか、密輸船の指揮官になれるんだから、憧れの的である。

Korean Spy 3Korean Criminal 3Boku Retsu








( 左: 日本で工作活動をしていた辛光洙 / 中央: 密入国者で賭博業者の韓昌祐 / 右: 皇太子殿下暗殺を謀ったアナーキストの朴烈)

  日本のテレビ局は我々がどうすることも出来ない朝鮮人の問題を毎日のように取り上げているが、韓国の大統領を選ぶのは南鮮人で日本人ではない。次の大統領が誰になろうが、日本人は朝鮮人を冷たく突き放し、お金を一切渡さず、助け船も控えて深入りせぬ事だ。ただし、南鮮が北鮮に併合される事態も予想されるから、国家の防衛を強化すべきである。何度も過ちを繰り返す朝鮮人というのは、エレベーター・シャフトに落ちた男のように「救いようのない愚者」である。アニメ『フランダースの犬』では、絵画の前で亡くなったネロを天使が抱きかかえて天国に連れて行ってくれるけど、朝鮮人が死んだら優しい天使でも知らぬ顔を決め込んでソッポを向くだろう。いくら天使だって好き嫌いがある。たぶん、神様に仕える妖精だって、栃木県の宇都宮か佐野で開かれるマギー四郎のマジック・ショーの方が面白いから、朝鮮人のピンチに駆けつけるような事はないだろう。だいいち、ニンニク臭い朝鮮人の息だと鼻が曲がってしまうじゃないか。それより名物の餃子やラーメンの方がいい。(『ドラゴンボール超』を観ている人は、たぶん分かるよねぇ。良い子へのヒント。「ビルス様の師匠」を思い出してね。)

Koreans in Protest 8Park 3








(左: 激昂する朝鮮人の抗議者  / 右: 幸せな頃の朴槿恵 )

  朝鮮の社会は昼間でも暗い煉獄だから、日本人は朝鮮人に生まれなくて良かったと神様に感謝すべきだ。とにかく、大統領の椅子から転げ落ちた朴槿恵の運命がどうなるか分からないけど、平穏な余生を期待できるとは思えないから、何らかの罪状を問われて法廷に引き摺り出されるんじゃないか。朝鮮では「ポケモンGO!」じゃなくて「牢屋へGO !」だから怖い。一般人になった朴槿恵は毎日、戦々恐々とした気分だろう。もしかしたら、報復を恐れてどこかに亡命するかもね。でも、仮に日本を亡命先に選んだら、ピシャリと国境の門を閉ざすべきだ。それでも亡命を望むなら、愛しい「竹島」にでも幽閉してやれ。ちょうど南鮮人の警備隊が暇を持て余しているから名案だろう。冗談みたいだが、「独島」の名物が韓国の元大統領なんて、なかなか乙(おつ)じゃないか。でも、「アイゴぉぉぉ~」と泣く声は釜山に届くのかなぁ。




人気ブログランキング
記事検索
最新記事
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ