無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

支那人

マングースになる反共支那人

支那人の卑史 朝鮮人の痴史 教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 [ 黒木 頼景 ]
支那人の卑史 朝鮮人の痴史 教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 [ 黒木 頼景 ]

福島香織の缼点(けってん)とは?

Fukushima Kaori 11(左  / 福島香織)
  1月12日、チャンネル桜が『東アジアは米中の戦場となるのか?』という討論番組を公開した。この討論会には、産経新聞社に勤めていた福島香織がゲスト・コメンテーターとして出演しており、北京政府の謀略やアメリカの対応などについて様々な意見を述べていた。支那問題に精通する福島氏によれば、北京政府に対抗するには、反共の支那人、あるいは北京政府と対立する海外華僑から情報を得ることが重要で、そうした人脈や情報源を持たない日本政府は北京政府に勝てないという。なぜなら、謀略や諜報戦にかけては支那人の方が遙かに上手(うらて)であるからだ。お花畑に住む日本人はナイーヴ過ぎて翻弄されるだけ。福島氏曰く、支那人を一番知っているのは支那人。ゆえに、反共の支那人を抱え込まない限り、日本人の勝機は無いという。

  支那通の福島氏は保守派からの反発を覚悟の上で、支那人の亡命者や留学生の受け容れを提案し、日本政府は彼らから情報を得るべきだ、と力説する。確かに、外務官僚が魑魅魍魎の支那社会に潜入し、北京政府の内情を探るなんて無理。必ず、支那人の協力者や有力者の助けが必要だ。だから、もし日本の外政担当者が共産党内部の権力闘争を焚きつけ、北京政府の弱体化を図るなら、海外へ逃げ出した亡命者や豪商、歐米に住み着いたビジネスマン、および共産党政権を嫌う留学生を受け容れ、彼らから内部情報を入手した方がいい。つまり、「支那人のことは支那人に訊け !」ということだ。支那人ゆえに支那人の手口が判るんだろう。特に、大口のビジネスを手掛ける華僑は貴重な存在で、彼らは色々な人脈からもたらされる極秘情報を握っているので、味方にすると頼もしい。それに、北京政府への嫌悪感も相当強いから、アメリカ人に協力する人も出てくる。

  しかし、だからといって日本が支那人の亡命者や商売人、留学生を受け容れるべきなのか? これは諸刃の剣である。なるほど、北京政府の工作員に対抗するには、反共支那人の人脈や協力は欠かせない。空き巣対策を講じる警察だって、防犯の為に元空き巣を「アドヴァイザー」として雇い、彼らから狙われやすい民家の特徴や、侵入手口の基礎を学んだりする。ハッキング対策だって、パソコン・オタクの新米警官より、犯罪を楽しむ元ハッカーの方が適任だ。ただし、こうした協力者はごく僅かに留めるべきで、いくらなんでも警察が10万人の元犯罪者を雇うのは危険である。もし、悪質なハッカーを退治するために、千人のハッカーを各省庁に派遣したら、どんな不始末が起きるか分からない。中には役所の機密情報を盗む奴も出てくる。もっと怖いのは、ハッキングの痕跡を残さず、外国勢力のスパイになってしまう連中だ。したがって、知能犯の協力者は出来るだけ少人数に限定し、24時間の監視を怠ってはならない。

  となれば、我々は「反共」だからといって、支那人を受け容れるべきなのか? これは非常に危険な提案だ。なるほど、共産主義が嫌いで米国や日本に逃れてくる“善良”な支那人も、少しはいるだろう。しかし、その数が、10人、100人、1000人と増えてくれば、「利益」よりも「弊害」の方が上回ってくる。福島氏は「共産支那に打ち勝つため、是非とも支那人の協力が必要だ」と主張する。が、仮に北京政府が倒れたとしても、あの支那大陸が良くなることはない。 もし、習近平が失脚し、別の指導者も倒れ、最終的に共産党が壊滅しても、あの暗黒大陸には「支那人」が残っている。この民族が存続する限り、あの大陸には絶望しかない。日本のような“素晴らしい”国家を期待するのは、イエズス・キリストの奇蹟を10回臨むことより難しい。この救世主が出来たのは、せいぜい水を酒に変えることや、不具の人々を治すことくらいだった。いくらイエズス様でも、ユダヤ人を日本人に変えることは不可能である。それはともかく、たとえ共産党政権が崩壊しても、支那大陸に明るい未来は無い。どうせ、北京政府が打倒されても、代わりに誕生するのは、「デモクラシー」を掲げるマフィア政権くらいだ。

Chinese 002Chinese coolies 4






(左 : アメリカに住み着く現在の支那人  / 右 : 北米に移住した昔の支那人 )

  ということで、支那人は排除するのが一番。仮に共産支那の脅威が去っても、米国や日本には支那人が居続けるので、「支那人の害悪」が根絶されることはない。むしろ、潜在的な「支那人の脅威」は増すことになるだろう。なるほど、一党独裁を嫌って逃げ出した第1世代はいい。彼らは西歐風の自由主義や民衆政治を称讃するだろう。辛い経験を経た第1世代は、共産主義に戻る事はない。しかし、その子供である2世や孫の3世になれば別である。彼らは北京政府を唾棄した両親や祖父母と違い、亡命先の現地人に対し民族的な憎しみを抱く。風習や容姿が違う支那人は、学校や職場で疎外感を味わい、白人に対する反発心を強めてしまうのだ。

  支那人というのは、米国や日本へ移住したからといって、「アメリカ人」や「日本人」になれる訳じゃない。「国籍」というのは単なる紙切れである。帰化申請は血と肉を変える手続きではない。支那人は何年経っても“支那人のまま”である。日系日本人は暢気な民族だから気づかないが、支那人の貿易商とか留学生、および「出稼ぎ人」たる研修生が流入すれば、それはやがて濁流の津波となり、日本各地に支那人街が溢れてしまう。こうなりゃ、日本の美しい風景は台無しになり、下品で不愉快なエイリアンが闊歩するドヤ街が普通となる。まるで、ソドムとゴモラが蘇ったような光景となるはずだ。

ハブを狙わないマングース

Mangoose 2(左  / マングース )
  異人種の輸入は誠に危険で、原住民の減少・滅亡に繋がりかねない。これはマングースの輸入を実施した沖縄県を見れば明らかだ。昔、沖縄ではハブがウヨウヨいたらしい。とりわけ、サトウキビ畑などで働く住民は警戒したそうで、運の悪い人は猛毒のハブに噛まれたという。この毒牙にかかった者は、吐き気や動悸、血圧の上昇、呼吸困難といった症状に見舞われてしまい、アナフィラキシ反応(anaphylaxis shock)で苦しむ破目になる。最悪の場合、死亡するケースもあったらしい。そこで、東京大学で動物学を専攻する渡瀬庄三郎(わたせ・しょうざぶろう)教授が、インドのガンジス川流域に棲息するマングースを輸入し、沖縄に放ったそうだ。なぜなら、当時、マングースはハブを捕食すると考えられたからである。昭和時代に生まれ育った日本人なら覚えているだろう。よく娯楽番組で「ハブ対マングースの戦い」といった企画があり、それを観た子供達は「すげぇぇ~、マングースがハブをやっつけだぞ !」と大はしゃぎ。まるで「ガメラ対ゴジラ」の死闘を観ているようだった。

  ところが、沖縄県では“予期せぬ”事態が進行していた。何と、ハブを駆逐するはずのマングースが、大切にされる「キリボリトカゲ」とか「アマミノクロウサギ」、「ヤンバルクイナ」といった稀少動物を食べていたのだ。これには役人や専門家もビックリ仰天。唖然として、顔面蒼白だった。でも、これは当然である。腹ぺこのマングースにとったら、わざわざ厄介な蛇を狙って苦労することはない。自然豊かな沖縄には、簡単に餌食となる兎や鳥がいっぱい居るんだから、そっちの方を襲った方が楽じゃないか。インド産のマングースは、濠洲のシープドッグ(牧羊犬)じゃないんだぞ。渡瀬教授の指示に従ってハブ退治なんかする訳ないだろう。結局、環境庁の役人は税金を使って「マングースの捕獲」をする破目に・・・。これじゃあ、何のためにマングースを輸入したのか分からない。

Habu 11Yanbaru 3








(左 : ハブ /  右 : ヤンバルクイナ)

  しかし、もっと恐ろしいのは「民主党の国会議員」で、こっちの方が遙かに危険であった。彼らは「事業仕分け」という名の下に、マングース退治の予算を削ろうとしたのだ。せっかく、罠を仕掛けてマングースを減らしてきたのに、ここで駆除を中止すれば、取り逃がしたマングースが再び繁殖し、有害動物の増加になってしまう。幸運にも予算の確保が出来たのでマングース退治は継続されたけど、もしあの時、予算が削減されていたら、沖縄に棲息する原生物はどうなっていたことか ! おそらく、飛べない「ヤンバルクイナ」は絶滅していたかも知れないぞ。他の貴重動物たって、どうなっていたことか。外来生物の安易な輸入は、予期せぬ弊害をもたらす。

  日本の大学に棲息する支那学者(or追随者)や人権派弁護士は、「マングースと支那人を一緒にするとは何事だ !」と激怒するが、実際の支那人を目で確認してみろ ! アメリカのみならず、支那人が蝟集するブリテン、カナダ、オーストラリアは、同質的なコミュニテイーを破壊され、「静かな侵掠」で腐敗の極地だ。裕福なアングロ・サクソン人は支那人を避け、この賤民がが近寄れない高級住宅地か郊外に移り住んでいる。ある者は森の中に邸宅を築き、別の者は要塞の如きゲーテド・コミュニティーに自宅を構えている。西歐世界の白人は、たとえ「反共」でも支那人が大嫌い。まともな西歐人なら支那人とは混血せず、交友関係すら持たないだろう。もし、自分の娘が支那人と結婚し、生まれてくる孫が支那人じゃ厭になる。支那人の父親を持つ子供は、自分を西歐人とは思わず、「支那人の変種」か「落ちぶれた白人」としか思わない。混血児に国境や国籍を憎む者が多いのは、幼い時に「異人種の壁」を体験するからだ。

  水島総社長との会話で福島氏は、共産党を支持する者、あるいはそれと癒着するの支那人と、北京政府に叛旗を翻す支那人を区別していた。彼女は支那人を一色単にして排斥することに反対する。だが、本心は違うのかも知れない。なぜなら、彼女は支那人を情報源にしているから、支那人への批判を意図的に避けていた、とも考えられる。もしかすると、福島氏は日本に住む支那人の友達か、外国で暮らす華僑や留学生を情報提供者にしているんじゃないか。それゆえ、福島しは「支那人の本質」を剔ることができないんだろう。もし、自分が親しくする友人を敵に廻せば、貴重な情報が入ってこないし、せっかく築いた人脈すら危うくなる。だから、「善い支那人」と「悪い支那人」を選別しているんだろう。でも、一般の日本人にしたら、善い支那人も悪い支那人も同じで、「昔ながらの支那人」だ。支那人を受け容れることは、将来に禍根を残す失政となる。

  日本人の缼点は冷酷になれないことだ。支那人というのは地球上で最悪な民族。支那大陸では何が起ころうとも「最悪」にはならない。なぜなら、常に殺戮、強盗、詐欺、掠奪、陰謀、疫病が蔓延(はびこ)っているからだ。支那人はどんな事態になろうとも、「いつもの災禍」と思っている。彼らは日本人のように絶望しないし、どんな屈辱にも耐えうる。「生き恥を曝すくらいなら、いっそ死んでしまいたい !」と思うのは、「恥の文化」を持つ日本人だけ。他人の面前で尻をまくり、ビリビリっと脱糞できる支那人とは根本的に違うのだ。日本人女性で「ニーハオ・トイレ」に入れる者はいるのか? (支那人の便所事情については拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』で論じたので、111頁の「尻を隠せない支那のトイレ」を参照。) 筆者の言うことを信じられない人は、支那人街に行って公衆便所を使ってみればいい。

  歐米諸国は「学問分野で有能だから」とか「難民で可哀想だから」と言って、支那人やユダヤ人を大量に迎え入れた。しかし、その結果はどうなったのか? 誰も「素晴らしい外国人」と思わず、むしろ「穢らわしい異人種」と毛嫌いし、「不愉快なエイリアンども !」といった感情を抱いている。安易に外来種を輸入すると思わぬ副作用や弊害に苦しむ。行政官や政治家は、もっと冷徹な反論に耳を傾けるべきだ。一般の日系日本人は「後悔」という言葉を忘れているのだろう。「支那人を排除すべし !」と呼びかける同胞を「差別主義者」として排除するなんておかしい。でも、こうした人々でさえ、支那大陸からの外来種が近所に定着すると豹変する。彼らは前言を翻し、「支那人は出て行け !」と叫んでしまうのだ。結局、日本人には言葉による理屈より、体験という授業の方が効果的なのかもね。



人気ブログランキング

支那人は排除するのが一番 / 有害民族を入国させる愚策

支那人の卑史 朝鮮人の痴史 教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 [ 黒木 頼景 ]
支那人の卑史 朝鮮人の痴史 教科書に載せて全日本人に知らせたい現代史 [ 黒木 頼景 ]

日本人に厳しく、支那人に優しい日本政府

Chinese in France 992Chinese tourists 2








(左 : ヨーロッパに入国する支那人親子  /  右 : 迷惑な支那人の観光客)

  都市部や観光地では、再び武漢ウイルスの流行が懸念され、政府はその対策に追われているようだ。しかし、これは政府の失策によるところが多い。なぜなら、日本人に旅行や飲食を控えるよう警告するくせに、10月からドンドン外国人を受け容れているからだ。特に不愉快なのは支那人で、彼らを筆頭にアジア人を入国させているなんて赦せない。10月だとベトナム人が6,200人、支那人が4,500人、南鮮人が2,000も入国していたという。これが11月になると激増し、支那人が10,752人で、ベトナム人が10,181人、インドネシア人が2,078となっている。

  いくら政府が入国者のウイルス検査をしているからといって、こんなに受け容れたら水際での排除なんて無理だ。事実、東京の15地区では感染した外国人の数が報告されており、10月の時点で510名から520名くらい見つかったそうである。東京都は「外国人によるクラスターが発生しています !」と注意喚起をしているそうだが、それなら、せめてアジア人だけでも追い払ったらどうなんだ? 留学生や研修生に戻ってきてほしいから、日本人を犠牲にして歓迎しましょうなんて馬鹿げている。日本の政府は日本人を最優先にすべきだ。コンビニ業界や食品業界が安いアジア人労働者を求めるのであれば、まず不況に喘ぐ日本人を雇い、その賃金を上げるべきなんじゃないか。それなのに、財界はアジア人ばかりを大切にする。

  一方、お役人様は在日外国人を心配し、色々な問題を取り上げていた。例えば、外国人は検査以外の医療だと、公的な補助金が無いから受診をためらう。彼らは医療機関を訪ねないで、市販薬で済ませる傾向が強い。かかり付けの医者がなく、受診できる医療機関が近所に無いから大変。民族コミュニティーでの集会や会食が多い。生活習慣や宗教的行事で集まるから感染する。手づかみでの食事、キス・ハグ等の風習で感染しやすいという。(「新型コロナウイルス感染症対策分科会」(第15回)2年11月12日, p.6.)

  これを認識した東京都の対策は何とも呆れてしまう。お役人様は「外国人新型コロナ生活相談センター」を設置して、各外国人の母語で対応するそうだ。例えば、支那語、朝鮮語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ポルトガル語、カンボジア語、ビルマ語などである。意外な事に、フランス語でも対応するそうだが、ゲルマン・ケルト系のガリア人(フランス人)が、いったい何名、我が国で“問題児”となっているのか? まさか、フランス語を喋るアフリカ人を想定しているのか? もし、ギニアとかガボン、カメルーンなどからの黒人を相手にしていたら一般国民は怒るぞ。普通の日本人だと情報が入ってこないから分からないけど、こうした通訳には“いくら”払われているのか?

Asian immigrants 221Asian kids 2








(左 : 帰化を求めるアジア系移民  /  右 : 日本で増えそうなアジア人の子供)

  電話相談は平日の10時から17時まで行われているそうだが、専門職に対する通訳料は安くない。たぶん、日本人の通訳ではなく、在日アジア人が雇われているんだろうが、ボランティアとして働いている者も居るんじゃないか。とにかく、多民族社会になると、余計な出費が嵩んでしまうのも事実だ。一般国民は税金に無頓着だから、知らない場所で大金が使われていることに気づかない。これが病院に雇われる医療通訳だと、きちんとした専門知識を持つ資格者となるはず。となれば、雇われるのはプロの通訳係。しかも常勤となれば、通訳料金は更に高くなる。結果的に、その費用は現地の役所が補填するか、国民健康保険で賄うことになるだろう。もしかしたら、各地方自治体は更なる保険料の値上げを狙っているのかも・・・。年間50万円とか80万円に跳ね上がったりしたら嫌だよねぇ~。これが原因で鬱病になったらどうするんだ?

フランスで暗躍する支那人スパイ

  支那人というのは実に厄介な種族で、歐米諸国でも昔から頭痛の種になっている。支那人は犯罪を増加させ、地域コミュニティーを劣悪化させるだけじゃない。彼らは結社も作るし、それが北京政府のスパイ組織に転化する場合もあるのだ。アメリカやブリテンばかりじゃなく、フランスでも支那人街が昔から形成され、支那からの工作員や在仏支那人が集まる「悪の巣窟」にもなっていた。フランスの諜報組織「DST(Direction de la Surveillance du Territoire)」も、支那人のスパイ活動には手を焼いたそうで、国内を自由に動き回る東洋人の追跡に苦労したそうだ。

  フランスに住み着いた支那人は、故郷の北京料理や上海料理を出すエスニック・レストランに出入りして、様々な悪事を密談することが多かった。DSTはチャイニーズ・レストランに局員を忍び込ませ、クローク係にしたそうだ。こうしたスパイは客のコート(外套)を預かると、ポケットの中に何が入っているのかを調べたらしい。また、厨房の料理人に扮した者は、洗い場にテープ・レゴーダーを設置して、支那人の会話を録音したそうである。こうやってフランスの防諜組織は、あちこちの支那レストランに潜入捜査官を派遣し、大量の情報を集めたらしい。しかし、その情報収集は困難を極めていた。なぜなら、DSTは毎日毎日、支那人の会話を盗聴していたのだが、盗聴の専門家でも支那人の方言には参ったからだ。(ロジェ・ファリゴ / レミー・クーファー 『中国諜報機関』 黄昭堂、光文社、1990年、 pp.244-245.)

Roger Faligot 001(左  / ロジェ・ファリゴ )
  何しろ、支那人の会話は複雑怪奇である。北京語や広東語のニュアンスを飲み込んだ者でさえ、田舎の方言や訛りにぶち当たると理解できない。支那大陸は驚くほど広大だ。地域により様々な方言があり、そこの出身者じゃないと通じないニュアンスもある。しかも、一般人とスパイとの境界線が曖昧だ。支那人は元々「間諜」の素質を持っているから、特殊な訓練を受けなくとも、立派なスパイになれるし、利益になると思えば簡単に協力者となってしまう。したがって、歐米の防諜機関は全ての支那人を怪しんでいる。実際、ロジェ・ファリゴ(Roger Faligot)も述べているが、「支那人をすべて潜在的なスパイと考えない限り、実質的にはその実態はわからない」そうである。(上掲書 p.245.) 今、アメリカでも支那人工作員の国内浸透が問題になっているけど、アメリカはまだFBIとかNSAがあるからいい。我が国には公安調査庁しかなく、こんなのは「子供探偵団」程度の組織に過ぎない。

昔から残酷な支那人

China execution 3China execution 2








(左 : 有罪判決を受ける支那人  /  右 : 公衆の面前で屈辱を噛みしめる支那人)

  大半の日本人は脳天気で、支那人の害悪を指摘しないが、ロジェ・ファリゴの本を読むと、「そうだよなぁ~」と思うことが多い。例えば、支那人の処刑方法だ。1951年、上海では3千人以上の「反革命派」が公安部によって逮捕された。この時、逮捕された者は射殺されたというが、この方法が採用されたのには歴史的経緯があるらしい。

  時は、1927年に遡る。フランス人が建設したカニドロームというスタジアムは、犯罪者をぶち込む収容所に変わったそうだ。国民党政府は「反革命の犯罪者」を国民の前で処刑することに決めたが、フランスの特権階級出身者で、上海の租界警察署で署長をしているフランス人が「ある提案」をしたので、それに従うことにしたそうだ。当時の処刑方法ときたら非常に残酷で、囚人は一列に跪(ひざまづ)き、目の前に置かれた台の上に頭を載せることになっていた。次に、処刑人が現れると、バカでかい青竜刀を振り上げ、罪人の頭をバサっと刎ね飛ばす。これを一人一人やるわけだから、順番を待つ囚人はまさしく生き地獄だ。

China execution 5(左  /  処刑される支那人)
  しかし、野次馬の支那人にとったら究極の娯楽である。彼らは罪人の首が青竜刀で切り落とされる光景をジッと見つめていたのだ。これにはフランス人の署長もビックリ。彼が「東洋の野蛮人め !」と憤慨しても不思議じゃない。彼は死刑囚に改宗を勧めていたカトリックの神父に相談し、彼らは国民党政府に新たな処刑方法を提案した。署長と神父の提案を受け容れた国民党は、青竜刀を棄てて、「トカレフTT31」という拳銃で殺すことにしたそうだ。(上掲書 pp.88-89.) 斬首刑と銃殺刑のどちらが「よりマシ」なのか判らぬが、西歐人にとったら首に弾丸を撃ち込む方が「慈悲」に近いらしい。

(註 / 支那人の残虐性に関しては拙書『支那人の卑史 朝鮮人の痴史』で書いた。しかし、出版社によると、この本は重版されないので、今ある在庫だけでお終いである。筆者は宣伝したくないのだが、アマゾンでは中古業者が高値で儲けようとしているので悔しい。興味のある方は早めに楽天ブックスの方で購入してね。)

  菅義偉総理や二階俊博幹事長は支那人の到来を歓迎しているが、一般国民にしたら不愉快なアジア人の増加に他ならない。もう既に、会社や学校で在日支那人や帰化支那人が溢れている。茂木敏充外務大臣はアジア人との共生を望んでいるようだが、まともな日本人は違うぞ。日本人は支那人との共存は嫌いだし、在日外国人(主に朝鮮人と支那人)の参政権にも否定的だ。「さいたま市議会」で活躍する吉田一郎議員(無所属)は、日本語を理解しない支那人が有権者になってしまうので、外国人参政権には反対だと述べていた。彼は議会で演説中、北京語や広東語、福建語を披露し、将来、支那語で演説する議員が出るかも知れないと警告していた。

連戦 001蓮舫(左 : 連戦 / 右 : 謝蓮舫 )
  この吉田議員は香港中文大学に留学し、月刊『香港通信』や『香港ビジネスポスト』で編集長をしていた経歴を持つ人物。彼の支那語は支那人も称讃するくらい流暢だ。蓮舫(謝蓮舫)議員なんか血筋だけは支那人だけど、北京語や上海語をどれくらい流暢なのか、あまり定かではない。もし、彼女が総理大臣になったら、「謝総理」とよばれるのか? もし「蓮舫総理」だと、台湾の副総統(国民党)になった「連戦」みたいで滑稽だ。もしかすると、立憲民主党には告白しないだけで、実は支那語や朝鮮語が得意な議員がいるかも知れないぞ。激怒したら、つい母国語の北京語や福建語が出てくるような議員がいそうで怖い。
  



人気ブログランキング
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: