無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

皇室伝統

昭和聖帝の清らかな心 / なぜ日本人は天皇陛下に惹かれるのか?



処罰されても忠臣である理由

  現在の日本では皇国史観を口にすると、戦前の右翼か国粋主義者と間違われてしまうけど、その用語をどう定義は別にして、我が国は皇室を中心とした君主国であり、今も昔も天皇陛下が存在しない政治など想像できない。鎌倉幕府が成立しても朝廷の上位性は変わらなかったし、将軍の地位も天皇から認められなければ権威が無かった。本来、武力で獲得した棟梁の地位なら、名目的な朝廷の承認を無視しても構わないはずだ。しかし、神々が宿る日本だと具合が悪く、天皇陛下の君臨でなければ諸大名が納得しないときている。これでは征夷大将軍も折れるしかない。外国人には理解できないが、この政治体制は今でも続いている。国民は総理大臣以下の議員を選んでいても、その“選良”を崇めている訳じゃない。たとえ難しい試験を通った“お役人様”でも駄目。この「雲上人」にひれ伏す庶民でも、心の底では服従していないのだ。やはり、心から尊敬するのは天皇陛下だけ。自衛官だって勲章をもらう時は、賤しい顔附きの総理大臣からじゃなくて、後光の輝く天皇陛下の方がいい。菅直人からの授与だと、まるでレーニン勲章か金日成特別賞をもらっている気分になるじゃないか。鳩山由紀夫なんか論外、場外、蚊帳の外。突撃の指令を受けたって、「お前が先に行けや !」と言いたくなる。

  ゲルマン民族が主体の西歐諸国も本質的には日本と同じだ。元来、共和政より君主政の方が似合っているのだが、血腥い革命や熾烈な戦争で王室を失った国が多い。フランス人は「ふしだらな王族なんかいらねぇや !」と啖呵を切っているが、内心では王様を欲しがっているに違いない。日本の“エセ”知識人は「おフランス」かぶれで、サルトルなんかを称讃して格好つけているが、フランスの国民生活には魅力が無く、どこか荒涼とした寂しさがある。だいいち、祝日に大統領のツラなんか拝みたくない。実際、ヨーロッパ世界を見渡せば、王様を戴いている国民の方が活き活きしている。看板は素晴らしいけど、共和政は惨めだ。ブルボン王家と世襲貴族を扼殺したフランス人は、未だにその愚行を反省せず、毎年、懲りずに大革命を祝っている。本当に、アホは救いようがない。ドイツ人も第一次世界大戦の敗北で皇帝を失ってしまい、それ以降、君主政を復活させようとはせず、共和政を続けているんだから、これまた愚かである。せっかく第三帝國が滅んだのだから、それを好機に変えて王国に戻せばよかった。

  そう言えば、ドイツ人のイエズス会士で、上智大学の教授も務めていたヨゼフ・ロゲンドルフ神父は、対談本の中でパプスブルク家から王様を呼んでくればいいのに、と語っていたことがある。日本人だと「なんでオーストリアの皇帝を招くんだ?」と怪訝に思うかもしれないが、ヨーロッパ人の感覚からすれば自然なことらしい。まぁ、ヨーロッパ貴族は多かれ少なかれ、祖先の誰かがパスブルク家と繋がっているから不思議じゃないんだろう。我が国で男子の皇位継承者がいないからといって、朝鮮やタイから王子を連れてくるなんて考えられない。そもそも、日本人はアジア人じゃないし、アジア大陸とは地理的に隔離され、文明的にも異質である。だいたい、朝鮮人が「日本国民」になるなんて寒気がするじゃないか。それなら先に柴犬とかコーギー犬を国民にしてくれ。朝鮮人がコンビニやレストランに入れるのに、立派な盲導犬が駄目なんておかしい。朝鮮人の方が不愉快じゃないか。我が国を恨む在日朝鮮人が福祉金までもらっているのに、盲人を導く可愛いゴールデン・レトリバーが朝鮮人以下なんて赦せない。コタツに入って熟睡する猫だって、小声で「おかしい !」とつぶやくはずだ。現状をよくよく考えてみると、日韓併合を画策した山縣有朋の罪は万死に値する。

dog 112Cat 111








(左: 飼い主を見つめる柴犬  /  右: コタツで居眠りをする猫)

  西歐世界で一番威厳のある君主国と言ったら、やはりイングランド王国だ。現在の王室はウィンザー家と称しているが、昔は「ハノーヴァー家」と呼ばれており、ドイツからの王族ということが明白だった。だって王族の名前が「ザックス=コーブルグ=ゴーサ家(Haus Sachen-Coburg und Gotha)」じゃ、誰が聞いたってドイツ貴族と判るじゃないか。英語を話さない王様として有名なジョージ1世は、ラテン語で臣下と話したそうだから、応対する側近も大変だ。ハノーヴァーからブリテンに引っ越してきたんだから、ちょっとくらい英語を学んでもよさそうなものだが、大貴族というのは、「汝が余に合わせろ !」っていう考えなんだから。まったく、頭から爪先まで驚くほどの自己中心主義者だ。でも、これって乞食とよく似ているよねぇ。だって「両極端は一致する」って言うじゃないか。こんな王様だから、王国の政治は筆頭大臣のロバート・ウォルポール卿(Sir Robert Walpole)に丸投げだ。塞翁が馬じゃないけど、王様の怠慢でイングランドの立憲政治が固まり、それ以降、政治に関して国王の政治介入が難しくなった。まぁ、ジョージ1世はしょうがないとしても、ヴィクトリア女王までもが夫婦間でドイツ語を話していたそうだから、イングランドの君主は伝統的にバイリンガルだ。母親からアンジュー伯の領地を相続したヘンリー2世なんか、半分フランス王みたいで、冷やかしに「アンリ2世」と呼ばれる程である。

King George the FirstRobert Walpole 1Queen Victoria 2









(左: ジョージ1世  / 中央: ロバート・ウォルポール   /   右: ヴィクトリア女王)

  西歐史が軽視される現代だから仕方ないけど、、日本の高校生で「ザックス=コーブルク=ゴーサ」の名を知っている者は少ない。有名進学校の生徒は別にして、片田舎の子供だと「何それ?」って尋ねるし、大学生でも知らない人がいたりする。六年間も英語を習っているのに、イングランドの各王朝名を口に出来ない人がいるんだから驚いてしまう。もし、何年間も日本語を勉強しているイギリス人が、源氏や平家、足利氏、德川氏を知らないと答えれば、「何を勉強してきたんだ?」と言いたくなるじゃないか。そりゃあ、後醍醐天皇や正親町天皇、孝明天皇の区別がつかなくてもいいけど、皇統の萬世一系くらい頭に置いてもらわなきゃ。しかし、今の日本人も似たり寄ったりだろう。特に「ゆとり教育」世代の日本人だと、「プランタジネット朝って何?」と訊いてくるから、西洋史を教える大人も目眩がしてくる。中には、「えっぇぇ! 德川って源氏を名乗っていたの ?!」と驚く子供もいるくらいだから、学校から久しく離れていた大人は愕然とするぞ。(ただし、德川家の系譜は怪しいから注意が必要だ。) 嘘か誠かはっきりしないけど、「太陽が西から昇ってくる」と答えた大学生がいたくらいだから、日本は小さな島国でもけっこう広い。ぜひ、川口探検隊に調べてもらいたいなぁ。

  脱線したので元に戻す。フランスと違い、国王の斬首と復帰を体験した英国では、国王陛下に対する畏敬の念が非常に強い。とりわけ、チューダー朝のイギリス人は特筆に値する。ヘンリー8世に続き、エリザベス1世も人気が高く、イングランドの臣民は心の底から女王を愛した。民訴裁判所や王座裁判所の首席判事、士族院議員、枢密院顧問官を歴任したエドワード・クック卿(Sir Edward Coke)でも、女王の前では典型的な忠臣で、ジェイムズ1世の前とは大違い。このスコットランドから来た王様は、「最も賢い愚者」と揶揄されたくらいの変人で、王権神授論(Divine Right of Kings)を頑なに信じ、臣下に対して傲慢不遜。こんな調子だから、エドワード卿も癪に触ったのだろう。コモン・ローの巨星は事ある毎に新国王と対立し、時には失脚することさえあった。一方、偉大なる哲学者と評されるフランシス・ベーコン卿(Sir Francis Bacon)は、卑屈なまでのゴマスリり野郎で、法の支配を重んずるエドワード卿を煙たがっていた。カール・シュミットが大好きな田中浩(一橋大学名誉教授)なんか、絶対王政を支持するトマス・ホッブス贔屓で、コモン・ローを小馬鹿にしながら初心(うぶ)な学生を洗脳していた。象牙の塔に入る日本の青年が、赤く染まって左巻きになるのも当然である。それにしても、こんな老人が学会でデカい顔をしていたんだから、日本の法学部が蛸壺(タコつぼ)状態なのは誰の目にも明らかだ。(とんなクズ本を書いても、未来社とか岩波書店から出せば、“立派”な業績になるんだから。日本の大学教授は楽だよねぇ。激戦区で生き残っているラーメン屋の方がよっぽど偉い。)

Edward Coke 1James I King of EnglandThomas Hobbes 1









(左: エドワード・クック   / 中央: ジェイムズ1世   /   右: トマス・ホッブス)

  スチュアート朝のジェイムズと違い、エリザベス女王はイングランド国民の気質を熟知していたようで、彼女自身「生粋のイングランド人」であることを誇っていたそうだ。(ジョージ・M・ トレヴェリアン 『イギリス史』 第2巻、大野真弓監訳、1974年、みすず書房 p.57) ところが、エリザベスの治世は波乱に満ちた時代にあった。このチューダー朝の君主が即位した頃、イングランド王国は国家的脅威に晒されており、スペイン帝國はカトリック教会の守護神を自認する中原の覇者で、その競争相手たるフランス王国も侮りがたい。フランス国王は領内でプロテスタントのユグノー信徒を片っ端から弾圧し、カトリック教界の盟主を目指していた。スペインが支配していたネーデルラントでは、宗主国に対する反撥が澎湃として湧き起こり、叛旗を翻す勢力が集結していた。こうした焦(きな)臭い国際情勢だから、英邁な指導者たるエリザベスは、プロテンタント信仰に傾く紳士(ジェントリー)や郷士(スクワイアー)に理解を示し、国内の結束と安泰を一番に考えていたそうだ。既に、隣国のスコットランドにはフランスの食指が伸びていたから尚更である。

  チューダー王朝の政治基調は、専制政治ではなく国王崇拝であったという。(上掲書 p. 112) 中央に常備軍を有さず、地方に有給官僚制を持たないような君主では、腕力で臣下にあれこれ強要することは出来ない。イングランド史の泰斗、ジョージ・マコーレー・トレヴェリアンによれば、チューダー家の権力は実質的なものがなく、臣下の愛情とか忠誠心に頼っていたそうだ。(pp. 112-113) 国王は何か困った時には、無理強いではなく畏敬の念に訴えたらしい。この天主(God)に選ばれた代理人は、太陽にも似た威厳に包まれて行動する。国王の前では自惚れ屋も跪き、主君の逆鱗に触れた者は、その処分に従い、断頭台にさえ首を載せていた。国王崇拝こそ、チューダー王家が成功した秘訣であり、臣下の敬愛を保つことが存続の鍵となっていた。エリザベス女王が臣民の“心”に敏感であったのもうなづける。

Elizabeth IBloody Mary 1 2








(左: エリザベス世  / 中央: メアリー世  /  右: アラソン公爵)

  王国の風潮を察知したエリザベスは、大陸で優勢なカトリック教会と離れ、プロテスタント教会を以て国内政治を安定させようと図ったので、あからさまにカトリック信徒を保護することはできなかった。とは言っても、ブラッディー・メアリー(Bloody Mary)と呼ばれた姉のように、信仰上の敵を粛清するわけにも行かなかったので、カトリック信徒への弾圧はほどほどにし、宗教的迫害は極力避けていた。メアリー1世の時代には、毎年平均56人のプロテスタントが処刑されたのに、エリザベス1世の治世では、処刑されたカトリック信徒は毎年たったの4人だけ。しかも、その嫌疑は異端ということではなく、叛逆罪であったという。もしかしたら、エリザベス女王は彼らが国政に不満を表明せず、静かに信仰を守ってさえいれば無用な血を流す気はない、と仄めかしていたんじゃないか。一方、カトリック信徒のイギリス人だって辛いところだ。宗教上の主君たるローマ教皇に従いたいが、生まれ故郷の主君であるエリザベス女王にも忠誠を尽くしたい。女王陛下に背くなど、名誉と義務を重んずるイギリス人には想像できないし、叛逆者の汚名を被せられて生き恥を曝すなんて死んでも嫌だ。

John Stubbs 1(左  /  処罰されるジョン・スタッブス)
  政治と宗教が密接に絡み合っている時代には、自らの良心に従って神様を崇める権利など認められていなかった。ましてや、一般人が公(おおやけ)の政治に容喙(ようかい)し、主君や政府を批判するなどもってのほか。例えば、熱心なピューリタン信徒であったジョン・スタップス(John Stubbs)への処分は苛酷だった。彼は女王に対し、フランスのアラソン公爵フランソワ(François d'Alençon / Duc d'Anjou)と結婚すべきではない、と忠告するパンフレットを書いてしまった。これが切っ掛けで彼は逮捕となる。スタッブスに死兆星が見えたかどうか分からないけど、この煽動者には恐ろしい仕置きが待っていた。スタッブスは処刑台に引き摺り出され、残忍冷酷な刑吏は、命令通り、台の上で彼の右手を切断。その腕からは鮮血が飛び散ったという。しかし、スタッブスは血のしたたる腕を振りながら、「女王陛下万歳 ! (God Save the Queen !)」と叫び、気絶したそうだ。(John Morrill, ed., The Oxford Illustrated History of Tudor & Stuart Britain , Oxford University Press, 1996, p.335) 当のエリザベス女王はそんな結婚など露ほども考えてはいなかったが、一介のピューリタン郷士が君主の婚姻に口出しするなど、もってのほか。赦される言論ではない。したがって、厳格な処罰が妥当となる。でも、何となく可哀想。

感涙にむせぶ日本国民

  西歐人の間だとイギリス人の忠節は大したものだが、日本人の尊皇精神と比べたら月とスッポンだ。我が国の天皇陛下は未だに神聖な存在で、その皇統は国民の熱狂的な尊崇に基づいている。こう述べれば、イギリス人からの反論も予想されるが、国家元首への信頼感は栄光に満ちた絶頂期ではなく、敗戦に伴う絶望の淵で測られるべきだ。敗戦を迎えたドイツのカイゼルは、戦勝国による処刑を避けるため、もがき苦しむ臣民を見棄てて隣国のネーデルラントへ逃れた。もし、ブリテンが大戦争で敗れた時、イングランドやスコットランドの臣民は王様をどう処分するのか? たぶん、国王の海外亡命はないと思うが、臣民からの怨恨は激しくなるんじゃないか。普段の生活でさえ、女王陛下に文句をつける国民がいるくらいだから、惨めな敗戦ともなれば、王族への風当たりは強くなるだろう。

Showa 1(左  / 昭和天皇 )
  しかし、我が国は違う。人類初の核攻撃と絨毯爆撃を受けて敗北を受け容れたが、誰も昭和天皇を恨まなかった。心底呪って抹殺しようとしたのは、共産主義者と朝鮮人くらい。一般国民と将兵は大本営とか東條首相を非難したが、天皇陛下に戦争責任を求める者など皆無で、多くは「力が及ばす申し訳御座いません」と逆に謝るほどだった。もし、占領軍が本国の輿論を受けて「天皇処刑」に動き出したら、帝國軍人はおろか女子供、老人、病人、負傷者までもが「陛下をお救いしろ !」と騒ぎだし、機関銃から鎌に至までの武器を手にして蹶起(けっき)を実行するだろう。そうなったら、将兵はライフルで「一人一殺」、銃弾が尽きたら肉弾攻撃。素人の民間人は戦闘能力に欠けるから、手榴弾を抱いて米兵に突撃だ。アメリカ人が銃で応戦したって、勤皇精神に燃える日本人には無駄。日本人は同胞の屍を乗り越えて津波のように襲いかかるだろう。鬼神と化した日本人の殺気に、アメリカ人は懼れを抱くに違いない。もっとも、マッカーサー元帥の副官だったボナー・フェラーズ(Bonner Fellers)やチャールズ・ウィロビー(Charles Willoughby)少将たちは馬鹿じゃないから、天皇訴追という愚策は最初から排除する。だって、占領後にアメリカ兵が大量に死亡したら、それこそ一大事だ。本国の遺族がトルーマン大統領に激怒するから、軍首脳は何としても平和裏に統治を完了させようとする。アメリカ軍は支配しやすかった日本に感謝すべきだ。イラクやアフガニスタンを見ろ。日本人が天使に思えてくるだろう。

Douglas MacArthur 1Bonner Fellers 1Charles Willoughby 1









(左: ダクラス・マッカーサー   / 中央: ボナー・フェラーズ  /  右: チャールズ・ウィロビー )

  未曾有の敗戦を迎えたのに、天皇陛下の御巡幸を歓迎した日本人は誠に素晴らしかった。悲惨な状況に喘ぐ国民であったが、各地を巡る天皇陛下のお姿を目にして感激したそうだ。昭和天皇の御巡幸はまさしく感動の宝庫である。例えば、昭和21年3月1日、陛下は八王子の織物統制会にお立ち寄りになった後、都立第四高等女学校に向かわれた。この女学校は戦災で跡形もなく焼けてしまったが、敗戦後、教師と生徒たちが立ち上がり、周囲の材木を集めて再建したそうだ。この話を耳にした宮内官が陛下に申し上げたところ、「そんな感心なことがあるなら、ぜひ行ってみたい」と仰せられ、お立ち寄りが決まったそうである。

  御車から降りられた陛下は、みぞれ交じりの雨の中、自ら傘をさされて粗末なお立ち台に立たれた。岩崎校長が教師と生徒で力を合わせて建築した事を申し上げると、陛下は「よく建てられましたね」と繰り返しお褒めの御言葉をかけられたそうだ。また、陛下は四年生の生徒の前に進まれ、先頭に立つ少女に向かって「家は焼かれたか」と尋ねた。この女生徒が「はい、焼かれました」とお答えすると、陛下は「そう。でも早く校舎が建ってよかったね」と慰められたそうである。陛下は整列する少女らに次々と優しい御言葉をかけられた。

  「お家はどこ。焼かれたの」
  「学校が焼けて大変だったね」
  「校舎がよく建てられたね」
  「しっかりね」

 このような御言葉を戴いた女性とたちは、みな感涙にむせんで声が出なかった。かくて陛下は、1,300人の職員と生徒らに涙を以て見送られ、御乗車になったという。(鈴木正男 昭和天皇の御巡幸』 展転社、平成4年 pp. 64-65)

  昭和26年11月15日に行われた滋賀県への御巡幸も印象深いものであった。陛下は東洋レーヨン滋賀工場を訪問された後、近江学園に御成になったそうだ。ここは戦争孤児や浮浪児、生活困窮児、精神薄弱児が共同生活をする学校であった。陛下は行儀良く並んでいた園児たちに笑顔でお応えになり、「元気で立派な子になって下さいね」と仰ったそうだ。しかし、そうした園児の中に、陛下を恨む一人の子供がいた。小学部六年生の佐々木春雄君(12歳)である。この不幸な少年は戦争を呪い、天皇陛下を嫌っていたそうだが、陛下がお越しになるという知らせを聞いてから、その心に微妙な変化が現れたそうだ。彼は自ら進んで毎日、先生から天皇陛下の話を聞き、さらに新聞を広げて陛下に関する記事を読んでいた。それから半月が経ち、陛下がお越しになる前日には、すっかり陛下を好きになっていたという。

  春雄君の日記には、次のようなことが書かれていた。

  僕は沖縄戦でタッタ一人になったのだ。僕達の友達もみんなソウダ。みんな戦争のギセイ者だ。天皇は僕達をみてなんと思われるだろう。不幸な子だと? 元気な子だと? 僕らは喜んでいるのだ。天皇に会えたんだもの --- お声もきけたんだもの --- 僕等は不幸からトックにでているのだ。元気で一生けんめい生きているんだ --- 生きぬくんだ。(上掲書 pp.336-337)

  戦争で家を焼かれ、親兄弟を失い、貧しさの中で生きる子供だと、誰かに責任を求めたくなり、その怒りを何とかしてぶつけたくなるのも無理はない。ふとした大人の会話で天皇の戦争責任を聞けば、事情を知らない子供は天皇陛下が戦争を起こしたと思い込む。ただ、親の愛情を受けて育った子供や、素直に育てられた子供は、無闇に人を憎むことができない。しかも、戦前は陛下への敬愛や畏敬の念が国内に満ちていたから、いくら子供たって、そう簡単に陛下を憎むことはできず、「本当に悪い人なのか?」と何らかの疑念や不安がよぎってくる。おそらく、春雄君が先生に尋ねたのは、陛下への憎悪に確信が持てなかったからじゃないのか。実際に会ってみると、陛下のお人柄がよく解るから、子供は素直に感動する。根性のひん曲がった知識人には出来ない仕草だ。

showa 10Showa 1











  昭和24年6月6日も注目に値する。陛下は宮崎県にある県立盲学校に御成になった。ここには小学、中学、高等の各生徒47名が学んでいたそうで、陛下のご訪問に関して教師たちは知恵を絞っていた。何しろ、生徒たちは全盲なので、失礼が無いようにするのはもちろんのこと、如何にして陛下を身近に感じさせることが出来るのか、学校側としては色々と考えたらしい。そこで、陛下以外の全員、つまり側近の方々や新聞記者たちに履を脱いでもらい、陛下の靴音だけが聞こえるようにしたそうだ。

  間もなくして、陛下がお越しになり、学校の廊下にコツコツと御靴の音が聞こえてきた。教室内の生徒たちに緊張が走る。陛下が小学二年生の教室にお入りになると、先生は、「天皇さまが、今あなた達の前に立ってをられますのよ。どこか判りますか」と尋ねた。すると、陛下に一番近い所に立っていた村社まつ子(10歳)が、思わず一歩二歩と進み出て、両手を前に差し出したという。だが、どこに陛下がいらっしゃるのか判らない。そこで、この様子を御覧になった陛下は、自らの御身体を少女の方へとにじり寄られたそうだ。見ている先生は堪らず、「まつ子ちゃんの右前よ・・・」と語りかけた。盲目の少女は左右の手を差し出して探し求める。陛下は更にお進みになり、御身体をすり寄せた。

  陛下は「ここに居るよ」とおっしゃりたい御様子だったが、強く感動なされたせいなのか、言葉が出ない。まつ子ちゃんの手がやっと陛下の御洋服に触れた時、父兄会の人々、側にいる先生、みなが声を上げて泣いたそうである。陛下はこの少女をジッと見つめられていた。陛下の御眼にも涙が浮かんでいたそうだ。

  「不便でしょうが、しっかり勉強して、立派な人になってくださいね」

  このように陛下が優しくお言葉をかけると、生徒たちは不自由な眼を瞬きさせてうなづく。陛下が教室を去り、廊下へ出られると、生徒たちは一斉に「天皇さま、さようなら」と叫んだ。すると、陛下は再び教室に戻られて、六名の生徒一人一人の前に歩まれ、「さようなら、さようなら」と語りかけ、心から名残を惜しまれたという。居並ぶ人々は再び熱い涙をこぼしたそうである。(上掲書 pp.281-282) 盲学校の生徒たちは視力を失ったが、純粋な心までは失っていなかった。この子供たちは“心の眼”を持っていたのである。言うまでもないが、昭和天皇は本当に純粋無垢な心の持ち主であった。

  一連の御巡幸に接し、側で見ていた者が皆それぞれ感涙にむせんだのは、いったい何故なのか? 色々な解釈があるだろうが、陛下の真摯なお気持ちが皆に伝わったからじゃないのか。陛下は戦禍に苦しむ国民をいたわり、そして愛された。その大御心には一切の打算が無く、臣民の安寧をひたすら願うだけである。日本人は喜びも哀しみも陛下と共に分かち合ってきた。だから、国民の悲しみを御一身に受け止める陛下の御姿は誰にでも分かる。たとえ遠く離れていても、国民と陛下を隔てる精神的な壁は無い。陛下の御言葉は我々の胸に直接響く。陛下の御尊顔(ごそんがん)を拝した国民が思わず泣いてしまう所以である。日本人は陛下の清らかな御心に触れると、その魂を激しく揺さぶられてしまうのだ。このような君主と臣民との絆は他には無い。地球上で日本だけである。

  日本の中心は皇室であり、天皇陛下が存在するから日本人がある。したがって、この貴い皇室を撲滅しようと謀る反日分子は、日本人のツラをしていても日本人じゃない。日本政府はアジア移民に国籍を“気前よく”無料配布しているが、法務省の役人は申請者の中身を吟味しているのか? 在日朝鮮人が帰化申請をした時、国家と皇室への忠誠心を確かめているかは疑わしい。彼らは正直に陛下への忠誠を誓っているのか? 日本人はスイスを見倣って、帰化申請者を国民投票にかけるべきだ。ツタヤ・カードや楽天カードよりも緩い審査基準なんて馬鹿げている。とりわけ、裸踊りフィリピン人や偽装結婚の支那人に日本の国籍を「くれてやる」なんて言語道断だ。マスコミの連中が何と言おうが、我々は日本人の血が流れる日本国民であり、陛下に忠誠を誓う祖先の子孫である。現在を生きる我々は、幼い子供たちに「日本人に生まれて良かった」と言えるような国を残すべきであろう。
  



人気ブログランキング

無礼な国民を育てる教育 / 皇室を潰したい勢力が蔓延る



皇室伝統を潰したい反日分子

showa 18Emperor Japan 1









  いよいよ天皇陛下の譲位が現実のものとなってきた。NHKや朝日新聞に代表されるマスコミ各社は、「生前退位だ !」と触れ回って、一刻も早く陛下を放逐したいと思っているに違いない。歴史を遡ること半世紀以上前、国民が嘆き悲しむ敗戦を、逆に絶好の「チャンス(好機)」と捉えた進歩的知識人やマルクス主義者たちは、皇族を皆殺しにできないまでも、せめて皇室を廃止できはしまいか、と考えあぐねたものである。モスクワ本店のボルシェビキはロマノフ王家を抹殺できたんだから、日本の左翼も「よぉっしゃ、いっちょう俺たちもやってみるか」と張り切った。でも、日本の皇室は歴史と国土に深い根を張っているから、ちょっとやそっとでは倒れない。なぜならば、ロシア皇帝なんかは農奴に鞭打つ専制君主(ドミヌス)に過ぎないが、我が国の天皇陛下は臣民から愛される国父であり、どの国民をも分け隔てなく慈しむ立憲君主であるからだ。日本の儒者は孔子なんかを崇めているが、昭和天皇に比べたら街角の詐欺師みたいなものである。もしも孔子が先帝陛下に謁見すれば、腰を抜かして驚くだろう。「こんな君子がいたのか?!」ってね。支那じゃ「聖人」といえども、どこか腹黒いから当然だ。

Peter the GReat 1Aleksandr II of Russia 0001Nicholas II 0004Showa 2








(ロシアの専制君主: 左から  / ピョートル大帝 / アレクサンドル2世 / ニコラス2世 / 右: 聖帝の昭和天皇 )

  マスコミの報道によると、譲位なされる陛下は「上皇」と呼ばれるそうだが、納得できないのは秋篠宮殿下が「皇嗣(こうし)」という呼称になるという決定だ。どうして昔からある「皇太弟」では駄目なのか? 政府や皇室会議は秋篠宮殿下が第一位の皇位継承者と知らしめたいから、という妙な屁理屈を並べていたが、こんな言葉を用いずとも、日本人なら誰でも秋篠宮殿下が皇太子殿下に次ぐ後継者であると判っているじゃないか。「皇太弟」を使うと国民が皇位継承の順位が分からなくなる、なんておかしいだろう。もし、幼い息子が「ママ、次の天皇陛下は誰になるの?」と尋ねたら、「今の皇太子殿下が皇位に就かれて、次が弟君の秋篠宮殿下になるのよ」と教えてやれ。それで事足りるだろう。いい年した亭主が女房に、「なぁ母さん、次の天皇陛下は誰になるんだ?」って訊くのか。こんな亭主なら三行半(みくだりはん)を突きつけてやればいい。

Emperor Japan 2Crown prince 2Akishino 2








(左: 天皇皇后両陛下  / 中央: 皇太子殿下と雅子妃殿下 / 右: 秋篠宮殿下 )

  筆者は皇室に詳しくない平民だけど、少なくとも皇室を尊敬しているし、畏敬の念だって忘れたことはない。ところが、政府に雇われた知識人には仰慕の気持ちが無いのだ。敬意を持っているようなフリの皇室会議のメンバーは、日本国民に対して“くどい”ほど「皇嗣」を押しつけるくせに、歐米の外国人に対しては「皇太子」や「皇太弟」を区別せぬ「クラウン・プリンス(crown prince)」と説明します、と述べていた。それなら、我々にも馴染みのある「皇太弟」でいいじゃないか。一般国民はこれで納得するはずだ。皇室会議の御厨貴(みくりや・たかし)は、何か不都合でもあるのか? もしかしたら、「皇嗣」を用いることで皇室の何かをねじ曲げ、少しでも皇統に「手を入れて」かき乱したいという魂胆があるのかも知れない。美智子皇后陛下の呼称だって、どうして「皇太后」じゃなくて「上皇后」とせねばならぬのか? 御厨は「皇太后という呼称は未亡人を連想させるから避けたい」という旨の意見だったが、「上皇」になられる陛下がご存命のうちから「皇太后」で我々に何の誤解があるというのか? 崩御されてもいない陛下がお隠れになった、と多くの国民が勘違いするのか? そんなことはないだろう。皇室の廃絶を願う御厨たちは、国民が早く両陛下の存在を忘れ去るよう期待しているのだろうが、たとえ陛下が「上皇」になられても庶民は決して忘却することはない。御厨たちが「退位」を皇室「抹殺」の第一歩と考えているから、「国民が譲位と崩御をごちゃ混ぜに考える」と心配しているのだろう。

外人たちのプリンチェプス(第一人者)

  敬称に関する日本の公教育は片手落ちどころか欠陥だらけだ。まず、皇室は日本文化とその政治において中核となるのに、これを全くと言っていいほど教えないんだから異常である。赤い教師とグルになるマスコミも、反皇室となれば寝る暇を惜しんで頑張ってしまう。「皇太子殿下」とか「悠仁親王殿下」、「秋篠宮妃殿下」とお呼びすることに問題なく、我々にとっては自然で普通なのに、マスコミは意地でも敬称を用いず、どの皇族にも「さま」で統一しようとする。そのくせ、自分の上司や社長の倅(せがれ)だと「御子息」とか「御曹司」を使い、娘なら「ご令嬢」とか「お嬢様」と丁寧になる。味噌汁だって<「お」「み」「お」附け>と三つも「御」がついているのに、殿下や妃殿下には「さま」だけとは、本当に酷い。いくらTBSやNHKでも、重役の女房が来社した時、偉い上司に向かって「アンタの妻が来ているよ!」と内線電話で伝えないだろう。必ず「ご夫人がお見えになっていますが、どうなさいますか?」と伺うはずだ。ニュース番組でも妙な話し方があって、殺人事件などを扱う時、キャスターは被害者の夫人を「殺された何々さんの妻が・・・」と読み上げて平然としている。自分の女房なら「うちの妻」でいいが、他人の奥さんなら「夫人」と呼ぶべきなんじゃないか。話は変わるけど、観光シーズンを伝える時、公園とか遊園地の近くに「マイカー200台ほどが列を作り・・・」と言うのは滑稽だが、これくらいは許してもいい。誰もそのキャスターが「200台も自家用車を持っているのかぁ」とは思わないだろう。

  横道に逸れるけど、英語能力を自慢する人は矢鱈と横文字を使いたがる。ちょっと昔だと、「快適性」を英語で「アメニティー(amenity)」と言い換え、企業による文化・藝術分野での支援をフランス語で「メセナ(mécénat)」と呼んでいた。それならラテン語風に「パトロン」でいいじゃないか。何も中年男が若い女性を妾にする訳じゃないんだから。今古代ローマなら「パトロン」と言えば、たいてい家長とか族長なんだから。でも今は時代が違っているようで、気取った商売人が普段の会話なのに、「コンプライアンス(法令遵守)」とか「コンセンサス(合意)」、「ウィン・ウィンの関係」なんて使っている。何でわざわざ外国語にするのか分からない。日本人なら互いに知っている日本語で話してくれ、と頼みたくなる。ただし、翻訳しづらい言葉ならいい。例えば、快適さというか、ゆったりとした心地よさを表す「ゲミュートリッヒカイト(Gem
ütlichkeit)」をピッタリの日本語に訳せないのならそのままでもいいし、日本語の「しぶい」をドイツ語に翻訳できないのであれば、そのまま日本語で伝えてもいい。また、「宜しくお願いします」なんていう挨拶は、色々な意味や願望、依頼がギュっと凝縮されているので、英語になんかにとても翻訳できない。それに、頼む相手は人間なんだから、お願いされたって神様じゃないんだ。どだい無理な話だ。

  ついでに言えば、筆者が世間の会話を耳にして「変だ」と思う日本の英単語はたくさんある。例えば、報道機関は集合住宅の長屋(アパートメント)を「マンション(一軒家の豪邸)」と呼ぶ。「ショア・ラ・クリーム(chouà la crème)」を英語で「シュークリーム」と呼べば、「靴墨(shoe cream)」になってしまう。工務店は改築を「リフォーム」と呼ぶけれど、英米諸国なら通常「リノヴェイション(renovation)」だ。昔、「テレフォン・カード」があったけど、英語なら「コーリング・カード(calling card)」なので不思議だった。もっとややこしい和製英語を述べれば、日本人が言う「コンロ」は英語の「ストーブ」で、日本の「ストーブ」は英語の「ヒーター」だ。また、英語の「ローラー・コースター」を何故わざわざ「ジエットコースター」と呼ぶのか分からない。筆者が不思議だったのは、初めて「ツーショット写真」を聞いた時だった。よく判らなかったので、カメラのシャッターを2回押して、写真を2枚撮ることかと思っていたら、友人から二人で撮る写真と教えてもらって驚いた。そこで彼に「じゃあ、3人以上で40人とか50人が写ったら何て呼ぶの? フォーティー・ショット写真か?」と尋ねたことがある。すると、「それは集合写真だよ」と窘められてしまった。また、求人広告店の人に教えてもらったんだけど、男の臨時雇いを求める時にはドイツ語風に「アルバイト」を用い、女性を募集する時は「パートタイマー」を使って、「パートさん大募集」なんだって。男女雇用機会均等法の弊害だそうだ。

  今の社会だと昔ながらの日本語が「ダサい」場合があるようだ。以前、筆者が小遣い稼ぎのため中学生に英語を教えていた時、雑談で「乳母車」とか「襟巻き」と言ったら、女の子たちが「やだぁ、古くさ~い」と笑い転げてしまった。「それじゃあ、何て言うんだ?」と訊いたら、「ベビー・カー」と「マフラー」と答えやがった。でも、英語で呼ぶなら「マフラー」より「スカーフ」の方が普通だし、「消音器」だって「マフラー」だ。さらに、「えりまきトカゲ」だっているじゃないか。英語風に「ベビー・カー」と言えば「小さなクルマ」を連想してしまうから、筆者は彼女たちに「普通ならストローラー(stroller)かプラム(pram)を使うんだよ」と教えた記憶がある。しかし、彼女たちは「そんな英単語聞いたことがなぁ~い」と不満そうだった。「だから勉強しているだろ !」と叱りたかったが、少女といえども、その本質は「小さなオバタリアン」なので反論しないことにした。まったく、「子連れ狼」の大五郎が「ベビー・カー」に乗っていたらおかしいのに。またその時、「ルーズ・ソックス」が思い浮かばなかったので、彼女たちに「あの蛇腹のダブダブ靴下は何って言ったかなぁ」と尋ねたら、また笑われてしまった。

  藝能界の和製英語には、とにかく意味不明なものが多い。例えば、ある歌手の曲が人気となれば、「大ブレイク」と囃し立てるが、筆者は最初聞いた時、「破産か挫折でもしたのか」と推測した。まさか「ブレイク・スルー(break through)」の略語とは思えないけど、真相は謎のままである。おかしな英語が飛び交っているかと思えば、奇妙な言い換えも流行っているようだ。例えば、今だと「盲(めくら)の按摩(あんま)」という座頭市は、「目のご不自由なマッサージ師」と配慮せねばならないし、新宿や原宿の「無宿者」に至っては「ホームレス」と呼ばれている。これじゃあ時代劇が廃れる訳だ。ちょっと前、テレビの時代劇を見ていたら、同心がセリフで「自由」とか「保険」を口にしていたけど、これらの漢語は西洋語の意訳で、江戸時代には使われていなかった。明治以降にできた近代的概念を江戸の武士が用いるなんておかしい。また、当時の武士が乗っていたとされる映画の軍馬もおかしくて、江戸時代にはアラビア産の純血種(サラブレッド)は輸入されていたなったはずだ。明治以前の日本ならポニー程度の小柄な馬が普通だったと思うけど、映像的にはサラブレッド(Thoroughbred)の方がいいのかも知れない。

  だいぶ脇道に逸れてしまったから元に戻す。日本の中学生や高校生は英語を勉強しているが、ある外国の言葉はその歴史と深く結びついている、と習っていないので、我が国の若者には妙な具合に知識が抜けていることが多い。例えば、英国の「皇太子(王太子)」を「プリンス・オブ・ウェイルズ(Prince of Wales)」とだけ覚えるが、その由来までは分からず、西歐史を選択しなければ無知なままだ。だいいち、イギリス人が「よそ者」を意味する「ウェイルズ」と呼んでいたことも知らないんだからしょうがない。つまり、征服者たるノルマン系アングル人にしたら、ウェイルズの住民なんか「ケルト族の外人」でしかない。これはフランス人にも言えることで、彼らはドイツ人を「アレマーニュ(Allemagne)」、すなわち「アレマン族」の「外人」と呼ぶが、そのドイツ人は自分の国を「ドイチュラント(Deutschland / 我々みんなの、人民の土地)」と呼んでいる。大抵の国ではこれが普通で、自国を「我が国」と思わず、「この国」と他人事のように突き放して呼ぶのは日本人だけだ。敗戦後、支那人に命令されて「支那」を「中国(世界の中心)」と「お呼びする」よう庶民に命じた岡崎勝男は、一体どこの国の人間なんだ? 外務省の役人はペニスをちょん切って、支那の宦官にでもなれ。チャイナ・スクールの槇田邦彦なんか、その髭を摑んで引きずり回したくなる。槇田は髭を伸ばすより、性器を切断した方がいい。そうすれば不倫の癖もなくなるだろう。

岡崎勝男 1槇田1Chinese protest 2








(左: 岡崎勝男  / 中央: 槇田邦彦  / 右: 彼らが大切にする反日的支那人 )

  英国の王太子を「ウェイルズのプリンス」と呼ぶようになったのは、国王エドワード1世がウェイルズを征服した頃だ。「長い脛(すね)( Longshanks)」とか「スコット人のハンマー(Malleus Scotorum)」という綽名を持つエドワードは、ウェイルズ征服を目論みた。そして現地人との戦いに勝つと、負けた彼らを寛大に、しかも名誉を以て待遇したという。当時のウェイルズでは、グリフィズのルウェリン(Liywelyn ap Gruffudd)が領地のプリンスになっていて、その弟デイヴィッド(Dafydd)と共に軍隊を率いていた。英国のユスティニアヌスと評されるほど立法活動に熱心な王様だったから、エドワードはウェイルズに州郡や裁判所を設置し、巡回法官までも差し向けて、ウェイルズを英国風に統治しようと試みた。しかし、ウェールズ人はこれに反撥し、自らの文化と慣習を主張して譲らなかったが、それに応ずるエドワードがこれまた頑固一徹の居丈高。したがって、両者の衝突は時間の問題だった。案の定、叛乱が勃発。約束を破ったルウェリンとデイヴィッドをエドワードは許さなかった。今度という今度は容赦せぬとばかりに、彼らを殺すまで戦ったという。結局、ウェイルズの軍勢は破れ、ルウェリンは戦闘中に死亡し、デイヴィッドは捕捉されて絞首刑。デイヴィッドは四つに裂かれて殺されたうえに、その死骸はズタズタに切り裂かれてしまったそうだ。(アンドレ・モーロア 『英国史』上巻 水野成夫 他訳  白水社 昭和14年 p.262)

Edward I of England 02Llywelyn 1Princess Diana 13








(左: エドワード1世  / 中央: ルウェリン / 右: プリンス・チャールズと故ダイアナ妃 )

   ウェイルズ人自身のプリンスは、1282年に殺されたルウェリンと、その後を継いで1282年12月から1283年10月の短い期間しか君臨せず、無惨にも処刑されたデイヴッドを以て終焉を迎えたという。1301年、エドワード1世はウェイルズで生まれ、現地人の乳母に育てられた王子のエドワードを、ウェイルズ人たちにプリンスとして与えようと約束した。そして、イングランドの国王は息子に「プリンス・オブ・ウェイルズ」の称号を授けたのだ。(David Hume, The History of England :from the Invasion of Julius Caesar to The Revolution in 1688(Indianapolis : Liberty Classics, 1983) Vol. 2, p.82) これ以降、次期国王となる王太子は「ウェイルズのプリンス」というタイトルを冠することになる。ところが、ウェイルズ人は隣の王国に編入されず、議会にも代議士を送らなかったという。イングランドとウェイルズが併合されたのは、チューダー朝のヘンリー八世の時代であった。

Ioan Gruffudd 5Ioan Gruffudd 4Jessica Alba 3







(左: 「ファンタスデック・フォー」のグリフィズ  /  中央: 「ホーンブローワー」でホレイショ役  / 右: ジェシカ・アルバ )

  蛇足だが、ウェイルズの征服とエドワード1世で思い出すのは、ウェイルズ出身の男優ヨアン・グリフィズ(Ioan Gruffudd)の家系である。彼は日本でも馴染みがあり、ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)も出演した大ヒット映画『ファンタスティク・フォー』に加わっていて、主役格のリード・リチャーズを務めたことで知られている。でも、配役の目玉は美人女優のジェシカ・アルバだったから、忘れてしまった人もいるかも。筆者は彼が主演を果たしたTVドラマの『ホーンブロワー(Hornblower)』の方が好きだ。グリフィズが主人公ホレイショ役を見事に演じていたから感心したものである。日本でも放映されたから覚えている人もいるんじゃないか。件のグリフィズはその系譜を遡ると、ご先祖がエドワード1世に辿り着くそうだ。本当かどうか定かではないけど、あり得ないこともない。デイヴィッド・キャメロン前首相も国王ウィリアム4世の子孫で、キャメロン氏の祖先を見ても、父方の家系にアルフレッド・クーパー卿(Sir Alfred Cooper)がいるし、母方の家系にはデンビ伯爵のウィリアム・フィールディング(William Feilding, Earl of Dinbigh)がいたりする。とはいっても、英国にはスケベ心満載の貴族がたくさんいたから、「御落胤」にも事欠かぬ状態だ。庶民にも伯爵や子爵の血統を持つ人が多い。

英国の貴族社会は複雑だ

  英語を学ぶけど、英国の社会に疎い高校生や大学生は結構たくさんいて、王族や貴族の称号に戸惑う人が珍しくない。例えば、なぜ「プリンス・オブ・ウェルズ」のチャールズは「皇太子」と呼ばれるのに、エリザベス女王の崩御で「王」に格下げになるのか、が分からない。まぁ、たぶんイングランド国王がインド皇帝を兼ねていた頃、日本人の誰かが「皇太子」という訳語を広めたからなんだろう。ドイツのカイゼル(皇帝)になる後継者なら「皇太子」と呼んでもいいが、連合王国の次期国王なら「王太子」でいいんじゃないか。ただ、日本のマスコミは英国の王族だと伝統的な呼称を大切にする。エジンバラ公爵が来日した時は、たしか「フィリップ殿下」と呼んでいたぞ。日本のテレビ局は奇妙で、英国の王族だと「フィリップ様」とか「チャールズ様」と呼ばないのに、我が国の皇太子殿下だと「皇太子さま」なんだから変だ。さらに、北鮮や支那のトップだと絶対に呼び捨てにしないんだから。「きん(金)」とか「しゅう(習)」でいいじゃないか。だって、お世話になっている合衆国大統領を「とらんぷ」と吐き捨てるように呼ぶんだからさ。

Camilla Parker Bowles 1Prince Charles 1Princess Diana 7








(左: カミーラ公爵夫人  / 中央: プリンス・チャールズ  / 右: 故ダイアナ妃 )

  英国の王室を取り上げる時にややこしいのが、王侯貴族のタイトルである。例えば、チャールズ王太子の妃になったカミーラ・ボウルズ・パーカー(Camilla Parker Bowles)夫人は、旧姓「シャンド(Camilla Rosemary Shand)」で、現在はコーンオォール公爵夫人(Duchess of Cornwall)兼ロスシー公爵夫人(Duchess of Rothesay)となっている。ちなみに、チャールズ王太子の弟アンドリュー王子と離婚したサラ・ファーガソン(Sarah Margaret Ferguson)は、引き続き「ヨーク公爵夫人(Duchess of York)」のタイトルを保持しているから、王室にとって頭痛の種になっているようだ。亭主と別れても貴族の称号だけは欲しいという女心はすさまじい。でも、いくら離婚の慰謝料に不満で、お金に困っているからといっても、飲料水のテレビ広告に出演したり、ショッピング番組の「QVC」に登場することはないんじゃないか。こんな破廉恥をしでかすから、世間のイギリス人は彼女を太ったヨーク公爵夫人をもじって「ダッチェス・オブ・ポーク(Duchess of Pork)」と呼ぶのだろう。それにしても、「豚肉」とはあんまりだ。日本人は秋篠宮妃殿下を戴いたから幸せだ。

Sarah Ferguson 11Sarah Duchess of York









(左: ヨーク公爵夫人サラ  / 右: ショッピング番組に出演するサラ夫人 )

  スコットランドでは「ロスシー公爵夫人」と呼ばれるカミーラ妃は、「プリンセス・オブ・ウェイルズ」にでもなればスッキリするんだけど、亡くなったダイアナ妃が「プリンセス・オブ・ウェイルズ」を離婚後も保持していたし、彼女の人気は不動だから、二番目のお妃であるカミーラ夫人が簒奪するのは無理だ。それにつけても、ダイアナ妃と比べられる彼女も気の毒だ。「お姫様は見かけが大切」とは言いたくないけど、二人の写真を並べると、やはりダイアナ妃に軍配を上げたくなる。それでも、日本人がカミーラ妃を呼ぶ時は、「妃殿下(Her Royal Highness Duchess of Cornwall)」と呼ばねばならない。いくらなんでも「カミーラさま」じゃ失礼だろう。日本の一般国民があまり知らないのは、彼女の公式行事における席順で、カミーラ公爵夫人はエリザベス女王、アン王女(Princess Royal Anne)、アレグザンドラ王女(Princess Alexandra)に次いで第四位となる。アレグザンドラ王女の父はケント公爵ジョージ(国王ジョージ5世の4男)で、母はギリシアとデンマークのプリンセスたるマリーナであった。もし、プリンス・チャールズが王位に就いたとしても、二番目の妃であるカミーラが「王妃(queen consort)」と呼ばれるのかは微妙なところだ。現在、有名な「クィーン・コンソート」と言えば、最近来日したスペイン国王フィリップ6世と結婚したレティシア王妃(Queen Letizia)だろう。西歐のプリンセスが好きな日本人からすれば、彼女が王女たちと一緒に来日しなかったのは残念だ。もし、同伴して来ていたら、きっと「わぁ~、きれい! 可愛い !」と話題になっていただろう。

Queen Elizabeth 23Princess Anne of England 2Princess Alexandra 2Camilla Parker Bowles 3








(左: 女王エリザベス2世  / アン王女  / アレグザンドラ王女  /   右: カミーラ妃)

  ちなみに、国王の妃は「クィーン」と呼ばれるけど、女王の夫君(prince consort)は、「キング」にならない。現在のケンブリッジ公爵夫人のキャサリン妃は、将来「クィーン」になるだろうげと、フィリップ殿下は「キング・フィリップ」にはならず、スコットランドのエジンバラ公爵(Duke of Edinburgh)になった。これは「キング」の方が「クィーン」より上位になってしまうためで、「キング・フィリップ」は駄目ということだ。ちなみに、フリップ殿下(Philip Mountbatten of Greece and Denmark)にとって有名なマウントバッテン伯爵(Louis Mountbatten, 1st Earl of Mountbatten of Burma)は叔父に当たる。殿下の母君はアリス・ベッテンベルク(Alice Bettenberg)でルートヴィヒ・アレクサンダー・フォン・バッテンベルク(Ludwig Alexander von Bettenberg)の娘である。彼女の弟がビルマにいたマウントバッテン卿なのだ。インド総督を務め、ビルマに君臨したルイス・マウントバッテン海軍元帥は、日本軍によって手痛い屈辱を受けたから、ビルマを失った元兇の昭和天皇を嫌いだった。だから、チャールズ王太子は昭和天皇の崩御に冷淡だったというわけ。敬愛するマウントバッテン卿の影響は意外と大きい。(ちなみに、マウントバッテン卿の父ルートヴッィヒ(ルイス)は、ヴィクトリア女王の孫娘であるヘッセンのヴィクトリアと結婚し、1912年に英国海軍の「第一海軍卿(First Sea Lord)」となった。第一次大戦による英国の反ドイツ感情から、ヘッセンの名門「バッテンベルク家」は、その家名を英国風に「マウントバッテン」と改めたそうだ。)

Ludwig Alexander_von_Battenberg 2 Battenberg 1Alice von Battenberg 2Prince Philip 3







(左: ルートヴィッヒ・バッテンベルク  /  ヴィクトリア妃 / アリス・バッテンベルク  /  右 : エジンバラ公フィリップ殿下 )

(バッテンベルク家の系図」)
ルートヴィッヒ・バッテンベルク(父) →娘アリス(姉)→孫フィリップ(公爵)→曾孫チャールズ王太子
ヴィクトリア(母)
                        →弟のルイス・マウントバッテン(インド総督)

Mountbatten 1Prince Charles 2Prince William 1








(左: マウントバッテン卿  / 中央: チャールズ王太子 / 右: ウィリアムズ王子 )

  普通の公立学校で英語を学ぶ高校生や、英文科以外の学部を選んだ大学生、あるいは英国史に興味の無い大人には、イギリス人の階級社会は複雑怪奇で、説明されてもチンプンカンプンだろう。街角で見かける英会話教室に「英語好き」の人達が通っているけど、いったい何を学んでいるか分からない。たぶん、日常会話を流暢に話すんだろうが、彼らは礼儀正しく英語を話すことが出来るのか? 赤点学生だった筆者が心配するのは僭越だけど、英文科に進んだ大学生でも西歐貴族の称号や尊称、親戚関係などを知らない人が多い。英国をはじめとする西歐諸国には王侯貴族ばかりではなく、貴族出身の聖職者や軍人がいて、彼らの尊称だって様々だ。例えば、カトリック教会の枢機卿に対しては「猊下(Your Eminence)」だし、主教座大司教に対しては「閣下(Your Excellency)」と呼ばねばならないが、東方教会の総大司教になると「猊下(Your Beatitude)」に変わってしまうから、何ともややこしい。ちなみに、日本人はカトリック教会の「ビショップ」を「司教」と訳し、アングリカン教会やギリシア正教会の「ビショップ」を「主教」と訳するが、この違いが何に由来するのか分からない。キリスト教事典を引いても不明である。で、肝心のローマ教皇は「聖下(Your Holiness)」という尊称だけど、ローマ司教区の長はみんなから「パパ(Papa)」と呼ばれているから、ちょっと微笑ましい。それなら、アングリカン教会の首長であるエリザベス女王は、「ママ(Mama)」と呼ばれるのかな? 

  軍隊の階級や呼称になると、もう複雑でやっかいだから省略する。でもさぁ、有名大学の英文科をご卒業されたお嬢様が、師団とか旅団の規模、海軍大佐と陸軍大佐の違い、様々な下士官の階位、歴史上の有名な海戦および軍人を知らないなんて、どうかしているんじゃないか。これでは洋画のスパイ物や娯楽としての戦争映画、推理小説を元にした作品などを観ても理解できないだろう。(映画「007」のジェイムズ・ボンドが「コマンダー」と呼ばれ、予備役の海軍中佐というのを知らない映画ファンも多い。) 登場人物の階級や組織の上下関係を分からぬまま、単にストリーを追っていっても、何が何やら解らず終いでちっとも楽しくない。もし、日本の歴史を知らぬイギリス人が、我が国の時代劇を観ることになっても、登場人物の役職が判らないし、どの身分が上なのか下なのかも不明だから面白くないだろう。ちょんまげをしたサムライばかりを眺めても、ストーリーは一向に分かるまい。例えば、徳川御三家とか、代官と同心と与力の階級差、外様と旗本の区別など理解不能だから、宇宙人と同じだ。「公儀介錯人」の拝一刃なんか、西歐人にしたら貧乏な「暗殺者」にしか見えないし、遠山の金さんは刺青をしたプレイボーイかと思ってしまう。

Roger Moore 1Pierce Brosnan 2007 Daniel Craig 2








(左: 「007」でボンド役のロジャー・ムアー  / 中央: ピアース・ブロスナン  /  右: ダニエル・クレイグ)

  日本人は相手に対する礼儀を弁えているはずなのに、外国で無礼者になるような教育を施されているんだから、心ある日本人は恥ずかしくなる。それに、学校では皇室について一切教えないんだから異常だ。王室について説明せず、庶民だけの英国史を教えるイギリス人教師なんていないだろう。「天皇め、さっさとくたばれ!」と呪う教師が多いんだから、本当に頭が痛い。こんな状態で陛下の「ご譲位」を国民的議論にしようとするんだから、国会議員というのは国家の根本に関心が無いんだろう。地元の利権にしか興味が無いんなら、地方議員「待遇」の国会議員でいいんじゃないか。明治大帝と伊藤博文が和やかに会話を交わしていた頃が懐かしい。今では「天子さま」と呼ぶ国民は何人いるのかなぁ。




人気ブログランキング
記事検索
最新記事
アクセスカウンター