無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

ヨーロッパ

金髪のオランダ人キャプテン / 保守派へ伸びる魔の手 (後編)

保守派へユダヤ人の魔の手が伸びる

Marine Le Pen 7Geert Wilders 44







(左 : マリーヌ・ル・ペン   /  右 : ヘルト・ウィルダース)

  第21世紀になると、再び民族の大移動が起きた。歐米諸国には祖国の貧困や紛争を嫌うイラク人やシリア人が雪崩れ込んだ。さらに、彼らに加え、アフリカの黒人やアジア人も我先にと続々押し寄せてきた。とりわけ、左翼思想にドップリと漬かったスウェーデンは悲惨な状態だ。北歐の白人国家なのに、街には異質な容姿の外人が溢れている。日本人ならギョッとしてしまうが、マルメといった都市ではチャドルを着たムスリムや黒い“スウェーデン人”が珍しくない。こうした惨状は、ドイツやフランスでも現れている。最近では、黒いドイツ人議員まで誕生しているんだから、チュートン系ドイツ人じゃなくてもショックだ。いくらリベラル教育で洗脳されたドイツ人とはいえ、まともな国民であれば異人種との共存なんて真っ平御免である。案の定、裕福な紳士・淑女は都市部から逃げ出し、郊外の高級住宅へと“移住”した。しかし、貧乏な庶民は置いてけぼり。引っ越しの費用すら捻出できないから、「右翼」と称される候補者に投票するしかない。

  ということで、デンマークやオーストリア、ネーデルラント、ベルギーといった国家でも、同様のナショナリズムが台頭している。自国民を“第一”とする政党は、移民・難民への“優遇措置”を廃止しよ、と要求し始めた。リベラル思想が強いネーデルラントでもナショナリズムの“うねり”が勃興し、「自由党(Partij voor de Vrijheid)」のヘルト・ウィルダース(Geert Wilders)が脚光を浴びるようになった。彼はムスリム移民の流入に対して異議を唱え、難民の定住を促すEU委員会にも叛旗を翻す。主流メディアは非難囂々だが、保守派国民は密かに大歓迎。そりゃそうだ。普通の日本人だって「色黒のオランダ人」を見たらビックリするだろう。(註/ 所謂「オランダ」は連邦制度をとるネーデルラント王国の1州であるから、本来は「オランダ州」を意味する名称なんだけど、世間では「オランダ」が一般的なので、筆者もこれを使っている。ただし、国家全体を指す場合には、なるべく「ネーデルラント」を使うことにしている。)

  今は存在しないけど、昔、格闘技の「K-1」や「PRIDE」の試合を見に行った人は、アーネスト・ホースト(Ernest Hoost)やレミー・ボンヤスキー(Remy Bonjasky)を見て、「アフリカの選手かぁ~」と思ったが、リングから発せられる彼らの出身国を聞いて「えっ !」と驚愕した。ピーター・アーツ(Peter Aerts)やセーム・シュルト(Semmy Schilt)が、所謂「オランダ人」選手なのは理解できる。「でも、あの二人は・・・」と呟いた人も多かったんじゃないか。ネーデルラントの歴史を知らない日本人は、「確か・・・オランダ人って白人だよなぁ~」と困惑するが、どうして黒人がオランダ人なのか腑に落ちない。しかし、彼らが「スリナム系」と判れば、何となく納得できるだろう。

  一般の若者や格闘技ファンのオッちゃん達は、埼玉スーパー・アリーナや横浜スタジアムの場所を知っていても、中南米の地理には詳しくない。普通の大学生や高校生だと、友人や先輩から「スリナム共和国(Republiek Suriname)」と聞いてもピンと来ず、「えっ、それ何処っすか?」と真顔で訊いてくる。ある先輩と後輩の会話がとても面白い。スリナムを知らない後輩に先輩が説明する。

  先輩 : 「オメェーよぉ~、知らねえのかぁ? ガイアナ(Guyana)と仏領ギアナ(French Guiana)に挟まれた国だよ !」
  後輩 : 「ガイアナとギアナですかぁ? ・・・ちょっと分かんないっス !」
  先輩 : 「まったく、地理の授業で習わなかったのかよぉ~? ブラジルの北に小さな国があんべ ! 昔の“オランダ領ギアナ”っていう所だ。オメェー、世界地図見たことねぇのかぁ?」
  後輩 : 「あぁぁ、そこですか ! いやぁぁ~、俺、地理の授業が苦手なんで・・・。先輩、詳しいっすねぇ~。どんな国なんですかぁ?」
  先輩 : 「えっ、それは・・えぇぇとぉ~、俺もよう知らんけど !」
  後輩 : 「先輩、何でそこだけ関西弁なんすかぁ?」
  先輩 : 「えぇやん !」
  後輩 : 「んもう、先輩、すぐ誤魔化すんだからぁ~」
  先輩 : 「しょうがねぇだろ~、俺も地理の授業苦手だし(笑)・・・」

  とまぁ、一般人の会話なんか、こんな程度だろう。ちょっと呆れてしまうが、アメリカ人の大学生も似たようなものだったから、「まぁ、しょうがねぇか !」と諦めるしかない。ちなみに、PRIDEやUFCで活躍したアリスター・オーフレイム(Alister Overeem)は、スリナム系じゃなくてジャマイカ系であるそうだ。

Remy Bonjasky 2Ernest Hoost 2Alister Overeem 3








(左 : レミー・ボンヤスキー  / 中央 : アーネスト・ホースト  / 右 : アリスター・オーフレイム  )

  脱線したので話を戻す。ウィルダース党首は自由党を創設する前、やや保守派に近い「自由と民衆政の国民党(Volkspartij voor Vrijheid en Democratie / VVD)」に属していた。しかし、彼のイスラム批判は辛辣で、「ムスリムの過激派は危険だ !」と大宣伝。それゆえ、VVDの幹部からは「極右分子」と見なされ、仲間と思われたくない「厄介者」扱い。そこで、ウィルダース議員はVVDに見切りをつけ、小池百合子のように古巣を去ることに。2004年、一匹狼となったウィルダー氏は、「ウィルダース・グループ」を結成する。これが後に「自由党」と呼ばれる“極右”政党だ。自前の党を創ったことで、ウィルダース氏は遠慮なく自分の意見を発表できるようになり、彼のイスラム教批判とムスリム移民の排斥は更に激しくなった。

  ネーデルラントにおけるムスリム問題は日本にも伝えられたから、「テオ・ヴァン・ゴッホの殺害事件」を覚えている方も多いだろう。有名な画家のゴッホを祖先とし、映画監督を務めていたテオ・ヴァン・ゴッホ(Theo van Gogh)は、「服従(Submission)」という反イスラムの映画を製作したことがある。しかし、そのことでムスリムの怒りを買っていた。この映画はソマリア難民のアヤーン・ヒルシ・アリ(Ayaan Hirsi Ali)を題材にしたドラマ。当時のヨーロッパでは、イスラム教徒の野蛮性を批判した作品、ということで話題になっていた。

Theo Van Gogh 01Mohammed Bouyeri 2Ayaan Hirsi 111








(左 : テオ・ヴァン・ゴッホ  / 中央 : モハメッド・ボイエリ  / 右 : アヤーン・ヒルシ・アリ )

  しかし、特定の宗教を槍玉にあげることは、致命的な悲劇を生むことになる。2004年11月2日、自転車に乗っていたゴッホ氏は、イスラム教徒のモハメッド・ボイエリ(Mohammed Bouyeri)に拳銃で撃たれてしまった。彼は自転車から転げ落ち、そのまま道路へ倒れ込んだ。すると、暗殺者のボイエリは倒れたゴッホ氏に近づく。このテロリストは更に数発、彼の体に銃弾を撃ち込んだ。でも、暗殺はそれで終わりじゃない。激しい憎しみを抱くボイエリは、ゴッホの頭を摑み、彼の喉をナイフで切り裂いた。よくシリア人とかアラブ人のテロリストが敵を捕まえると、処刑や見せしめのために捕虜の首を切り落としたり、喉をナイフで突き刺すことがある。思わず目を背けてしまうが、首からは鮮血が吹き出し、囚人は即座に絶命。これは羊とかの生け贄を屠る時と同じだ。中東アジアのアラブ人やユダヤ人は、捕まえた異教徒を人間と思わず動物扱いするから、日本人とは違った精神構造を持っている。だいたい、ペニスの皮を切り取ることが神様との契約なんだから、お花畑の日本人には全く理解できない。

Muslims in Netherlands 001Muslims in Netherlands 002







(上写真  /  ネーデルラントに住み着くムスリム移民)

  イスラム教徒を激しく非難する事で人気を博したウィルダースであるが、その背後にはユダヤ人の影がチラついている。日本のマスコミは全く報じないが、彼は生粋のバタウィ人(Batavi / ゲルマン系民族)じゃない。父親のヨハネス(Johannes Henricus)はオランダ人らしいが、母親のマリア(Maria Anne)はインドネシア出身で、彼女の家族はアジア・ユダヤ系と伝えられている。母方の祖父であるヨハン・オーディング(Johan Ording)は、オランダ領インドネシアで金融業を営んでいたそうだ。そして、彼の妻、すなわち母方の祖母であるヨハンナ・オーディング・メイヤー(Johanna Ording-Meijer)はマレー系のユダヤ人であったという。ユダヤ人というのはヨーロッパ人にくっ附いて、北米や南米、あるいはアフリカ大陸や東南アジアの植民地へ赴き、白人のフリをして支配者層になる。彼らは銭儲けが上手いから、植民地で一財産築く者もいた。中には奴隷商人もいたけど、ユダヤ人の学者は意図的に隠している。

  祖父母の家系を知れば、なぜ孫のヘルトが妙にユダヤ人と親しかったのか、が理解できるよう。驚くことに、ウィルダースは若い頃、自発的にイスラエルへ渡航し、トマー(Tomer)にあるモシャブ(Moshav)で過ごしていたそうだ。この「トマー」というのは、ヨルダン川西岸にあるユダヤ人の入植地で、「モシャブ」とは農業を基本とした村落共同体である。左翼体質が濃厚な一部のユダヤ人は、神様から貰ったカナンの地で共産主義のコミューンを創り、資本家による搾取の無い農村で暮らしたいと思っていた。イスラエルのメディアによれば、ウィルダースはユダヤ人を移民の模範と評していたそうだ。彼は同化に励む移民に対して、「ユダヤ人を見倣え」と何度も述べ、自らを熱心なイスラエル支持者と表明していた。(Cnaan Liphshiz, "In the honeymoon over for Geer Wilders and Dutch Jews? ", The Times of Israel, 2 May 2014.)

  ちなみに、農民となったユダヤ人が集まる「キブツ(kibbutz)」は、歐米人の間でもよく知られている。カナダ出身の俳優であるセス・ローゲン(Seth Rogen)は、アングロ・サクソン系のカナダ人じゃなくて、見た目通りのユダヤ人。彼の両親であるサンディーとマーク・ローゲンはキブツで知り合ったそうだ。また、「アメリカ人女優」のデブラ・ウィンガー(Debra Winger)も種族的にはユダヤ人。彼女は若い頃、イスラエルのキブツで過ごしたことがあるという。正統派のユダヤ教を信奉する家庭に生まれたデブラは、自分の意思で「キブツ」へと向かい、18歳の時に米国へ戻ってきたそうだ。その後、デブラは女優の道を歩み、ヒット作品となった『愛と青春の旅立ち』に出演する。その他の作品としては、『アーバン・カウボーイ(Urban Cowboy)』や『ブラック・ウィドー(Black Widow)』、『背信の日々(Betrayed)』が挙げられる。

Seth Rogen 3Seth Rogen in PickleDebra WInger 6








(左 : セス・ローゲン  / 中央 : ユダヤ移民を演じるローゲン  / 右 : デブラ・ウィンガー )

  毎度の事ながら、ユダヤ人の俳優には社会主義者やピンク・リベラルが多く、豊かな資本制国家に住みながらも、貧乏な共産主義の村落を理想とするみたいだ。でも、左巻きのユダヤ人はキャピタリストが資金を流す映画で成功すると、黒塗りのリムジンを購入し、高級住宅地の豪邸に住む。ところが、その心は依然としてプロレタリアートかマルキスト。庶民を苦しめる金融業者や白人ナショナリストを批判して自己満足なんだから呆れてしまうじゃないか。それなら、さっさとアメリカを離れてイスラエルに移住すればいいのに・・・。

  脱線したので再び話を戻す。ウィルダース氏はゲルマン系の“オランダ人”に憧れているのか、生来の髪を金色に染めている。ブロンド・ヘアーにしたウィルダース氏には、「キャプテン・パラキサイド(Captain Peroxide)」なる渾名が付いているそうだ。(Thomas Moerman, "How Geert Wilders slowly transformed into on of Europe's most radical politicians", Business Insider Netherland, March 15, 2017.) (註 : 黒髪の人が金髪にする場合、先ず髪を過酸化水素<hydrogen peroxide>で漂白してから、金色に染めるという。) もしかすると、彼はインドネシアのルーツを隠したいのかも知れない。ウィルダース氏にはポールという兄がいて、ポールは『シュピーゲル』誌のインタヴューに応じたとき、「私はヘルトの意見に反対だ !」と述べていた。

  金髪のウィルダース氏を見ていると、何となくデーブ・スペクターを思い浮かべてしまうが、反ナチスのユダヤ人でも、憎いアーリア人の容姿には憧れるようで、「俺は黒髪のセム種族じゃない。ヨーロッパの白人なんだぞ !」と言いたいようだ。まぁ、ウィルダース議員は外見をゲルマン人風にしていたが、その中身は“ユダヤ人的”であった。彼は国内でのコーラン禁止を訴え、イスラム教の聖典をヒトラーの『我が闘争』に譬えていたのだ。でも、これはいくら何でも酷すぎるんじゃないか? ちなみに、彼と結婚したクリスティナ(Krisztina Marfai Arib)夫人は、ユダヤ人の血を引くハンガリーの外務官僚だった。「類は群れる」と言うけど、本当なのかも知れない。

Geert Wilders & wife Krisztina 1Paul Wilders 1









(左 : 金髪にしたウィルダース議員とクリスティナ夫人 /  右 : ポール・ウィルダース )

  兄のポール・ウィルダース氏によれば、弟のヘルトは18歳の時にイスラエルへ渡り、キブツで働いたことがあるそうだ。若い頃、ユダヤ人と一緒に過ごしたことが嬉しかったのか、帰国後のヘルトは地元のユトレヒトにトルコ人やモロッコ人が流れ込んできたので不快になった。まぁ、ゲルマン系のオランダ人だって、隣人がイラク人とかエジプト人になれば不愉快になるだろう。ムスリム移民に嫌悪感を抱いたヘルト・ウィルダースは、9/11テロが起こると、そのイスラム嫌いを益々加速させていった。

  「寛容の精神」を尊ぶネーデルラントでも、不気味な外人で治安が乱れると、さすがに「堪忍袋の緒」が切れるようだ。平穏だった国にはムスリム関連の事件が頻発し、一般国民は口には出さないがムスリム移民に敵意を燃やす。こんな政情になったから、ウィルダースに追い風が吹いたのも当然だ。しかも、2002年には政治家のピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)が殺害されたから、さあ大変。下手人のフォルカート・ヴァン・デア・グラーフ(Volkert van der Graaf)が動機を訊かれると、フォルタインがムスリム移民をダシ(scapegoat)にして少数派を非難していたから、という言い訳だった。また、2004年には例のテオ・ヴァン・ゴッホが暗殺されている。多民族国家となったネーデルラントでは、髭面のゴロツキによる殺人が増えたけど、恐ろしい犯罪はそれだけじゃなかった。ムスリム系移民による強姦や輪姦、人身売買、傷害事件なども発生し、街中でチャドルやブルカを着た女性も増えてしまった。性犯罪を専門とする警察機構のマリク・ヴァン・オヴァーフェルト(Marijk van Overveld)やエスミー・ヒュジプス(Esmee Huijips)によれば、毎年約1,400名の女性(主に10代の少女)が誘惑され、娼婦として売買されているそうだ。こんな状態になっては、さすがに温厚なオランダ人も黙ってはいられない。腹に据えかねた庶民は、勇気を振り絞って移民反対の声を上げている。

Pim Fortuyn 004Volkert van der Graaf 001Pim Fortuyn 003








(左 : ピム・フォルタイン  / 中央 : フォルカート・ヴァン・デア・グラーフ / 右 : 殺害されたピム・フォルタイン )

  普通の歐米人だと、ウィルダースの激しいムスリム批判を耳にして、「あんな風に言って、大丈夫なのか?」と心配してしまうが、彼にはちゃんと有力な“ケツ持ち”が附いていた。ユダヤ人のパトロンというのは、マフィアの首領みたいなもので、黙っていてもドスが利いている。「暴言王」と呼ばれたトランプ大統領だって、背後にイスラエル・ロビーやネタニヤフ首相が控えていたから、堂々と不法移民の排斥を訴えることができたのだ。マスコミから「レイシスト」呼ばわりされたウィルダースであるが、彼はちゃんと「ユダヤ人の味方 !」という看板を掲げていた。この右翼分子は『Nieuw Israelietisch Weekblad』の取材を受けた時、「私はイスラエルに居ても、ネーデルラントに居るような気分を味わえる」と述べたそうだ。確かに、彼は17歳から19歳までイスラエルに住んでいたし、それ以降も、約40回ほどイスラエルを訪問したというから、相当な「ユダヤ贔屓」である。ウィルダースのゴマすりは磨きがかかっており、「イスラエルは中東アジアで唯一のデモクラシー」であるとベタ褒めだ。しかし、イスラエル軍によるパレスチナ人の虐殺も凄いけど・・・。

元兇には触れないナショナリスト

  移民や難民を排除したい保守派の政治家にとって、ユダヤ人を味方に附けることは財政的に必要な妥協となる。フランスの政界で注目を浴びるマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)も、ユダヤ人を敵に廻したら永遠に政権奪取はできないと悟ったのか、ユダヤ人をパトロンにして基盤を固めているようだ。「国民戦線(Front nayional)」から「国民連合(Rassemblement national)」へと改名したマリーヌ・ル・ペンには、二度の離婚経験がある。しかし、フランス人は死ぬまで恋愛を諦めない。彼女は失敗にめげず、2009年頃から同僚のルイス・アリオ(Louis Aliot)と交際し始めた。二人の関係は同棲にまで発展したが、2019年頃には愛情が冷めてしまい、ついに破局となってしまった。党の副代表にまで昇りつめたアリオは、現在、フランス南部にあるペルピニャン(Perpignan)で市長を務めている。

Louis Aliot 11Louis Aliot in Israel








(左 : マリーヌ・ル・ペンとルイス・アリオ   /  右 : イスラエルを訪問したアリオ )

  弁護士から政治家へ転職したアリオは、若い頃から国民戦線の青年部に属していたそうで、彼の両親も創成期から国民戦線の支援者であった。しかし、アリオは毛並みが違う「保守派」で、彼の父親はフランス人だが、母親のテレーズはユダヤ系フランス人となっている。テレーズの家族はアルジェリア戦争が勃発した時、フランスに戻ってきた引揚者であった。アルジェリアでは「クレミュー法令」が施行されたから、書類上の「フランス国民」になったユダヤ人はゾロゾロいる。しかし、息子のアリオはフランスのトゥールーズ生まれで、信仰の面ではカトリック教徒だ。フランスだけでなく、他のヨーロッパ諸国でもそうだが、宗教的にはキリスト教徒であっても、血統的にはユダヤ人という人物は案外多い。よく日本の大学教授は、お気に入りの知識人、とりわけ左巻きのユダヤ人が書いた下らない洋書を翻訳するけど、執筆者の血統や育ちを紹介することはほとんどない。たとえ、ユダヤ人らしき知識人でも、「フランス人」とか「ドイツ人」と紹介し、後ろ暗い過去や民族性を隠したりする。

  ユダヤ人に対する批判を取り下げ、ムスリム移民に対する攻撃に特化することは、ナショナリズムを掲げる政治家や政党にとっては非常に重要だ。政治に妥協はつきもの。これは生き延びるための“秘訣”だからしょうがない。自国民の遺伝子や伝統文化を守りたいナショナリストは、不愉快なエイリアンを全て排除したいと望むが、そこにユダヤ人を含めてしまうと、財政的に苦しくなるから、ユダヤ人の駆除には目を瞑ろうと考える。やはり、大口の政治献金を求めるなら、ユダヤ人に媚びた方がいい。実際、マリーヌ・ル・ペンが代表になると、国民戦線を擁護するメディアも現れたから、「反ユダヤ色」を消したのは正解だった。

  例えば、右派雑誌と評される『Causer』の編集長を務めるエリザベス・レヴィ(Élisabeth Lévy)によれば、国民戦線と足並みを揃えるユダヤ人もいるらしい。フランスの愛国者を気取るユダヤ人だと、「我々は国民戦線と一緒になって、共通の敵であるムスリムと闘っているのだ !」、と豪語する。( Saïd Mahrane, "Marine Le Pen fait la cour aux juifs", Le Point, 3 décmbre 2011.) ちなみに、このレヴィ編集長は『Causer』の創刊者で、アルジェリア系のユダヤ人である。元々、彼女の家族はモロッコに住むセファラディー系のユダヤ人であったが、移住先のアルジェリアが厭になったから、一家揃ってフランスへ移り住んだのだろう。アルジェリアのユダヤ人は、現地のフランス人に協力して、何らかの恩を売りつけ、「愛国心に満ちたフランス人」としてフランス本土に引き揚げてくるから、とても狡猾だ。「黒い足(ピエ・ノワール / Pieds-Noirs)」と呼ばれた引揚者については、別の機会に述べたい。日本でも有名なエコノミストのジャック・アタリ(Jacques Attali)や、ノーベル物理学賞を貰ったクロード・コーエン・タヌージ(Claude Cohen-Tannoudji)もアルジェリア出身の「黒い足」でユダヤ人。

Elisabeth Levy 1Patrick Drahi 3








(左 : エリザベス・レヴィ  /  右 : パトリック・ドラヒ )

  ル・ペン党首に賛同するユダヤ人が存在すると言っても、やはり国民戦線に敵意を抱くユダヤ人の方が断然多い。例えば、2017年、大統領戦を巡ってエマニュエル・マクロンと争っていたマリーヌ・ル・ペンは、マクロンを矢鱈と支援するメディア業界、とりわけ大御所のパトリック・ドラヒ(Patrick Drahi)を非難した。このドラヒは大富豪の「フランス国民」だが、血統的にはモロッコ系のユダヤ人。カサブランカで生まれたドラヒは、ポルトガルから追放されたユダヤ人の子孫らしい。こうした背景もあってか、彼はフランス国籍のほか、モロッコ国籍にポルトガル国籍、さらにイスラエル国籍まで持っている。日系日本人では考えられない。ドラヒは一体、何処に忠誠を誓っているのか? まったく、重国籍を認めるフランス人は狂っている。カルロス・ゴーンみたいな奴がフランス各地にのさばり、商売と節税のために世界中を飛び回っているんだから。

  このドラヒは巨大な国際メディア企業の「Altice」(IT通信会社)を創設したビジネスマンで、「Altice France」の傘下には有名な「Libération」や「L'Express」、「l'Etudiant」、「BFM(大手のテレビ局)」、「RMC(ラジオ局)」がある。さらに、ドラヒは通信・携帯電話会社の「SFR」を買収した。さらに2019年、あの世界的に有名な競売会社の「サザビーズ(Sotheby's)」に目を附け、そこの大株主になってしまったのだ。多重国籍のユダヤ人がメディア王となって、庶民の精神を支配するフランス。異邦人が合法的な国民となり、どんどん財産を増やしても気にしないフランス人。ホント、フランスの國體を破壊し、廃墟に住むガリア人には治療薬が無い。『フォーブス』誌によれば、2019年の時点で、ドラヒの総資産額は94億ドルに上るそうだ。

  とにかく、大統領を目指すマリーヌ・ル・ペンは、国民戦線のユダヤ批判を封印した。おそらく、ムスリム批判だけに絞れば、マスコミからの攻撃が和らぎ、財界からも何らかの支援を貰えるかも、と考えたに違いない。その一環なのか、マリーヌの恋人になったアリオは、2011年、国民戦線の幹部で初のイスラエル訪問者となった。(Yair Ettinger, French Natioanl Front Heads to Israel to Stump for Support Ahead of Election", Haaretz, December 13, 2011.) イギリス人やアメリカ人の政治家もそうだが、当選を願うフランス人も、やはり卑屈な「イスラエル参詣(もうで)」をするみたいだ。でもさぁ、神社で合格祈願をする受験生じゃあるまいし、嘆きの壁に寄りかかって下半身を揺らしても、あっさり当選するとは限らないぞ。

  一方、ユダヤ人に好意的でない所属議員には、主流メディアやユダヤ知識人からの非難が向けられている。国民連合内部にも、同両議員を批判するユダヤ人メンバーがいて、それが経済学者から地方議員に転向したジャン・リシャール・サルザー(Jean-Richard Sulzer)だ。彼は非公式な「全国ユダヤ人協会(Cercle national juif)」の頭目を務めている。サルザーは内部に反ユダヤ主義者が蔓延(はびこ)らないよう、監視委員会(Un comité de vigilance)を設置したので、この党は世間から「ユダヤ人の国民連合(Rassemblement national juif)」と呼ばれている。

Jean Richard Sulzer 1Gilles Pennelle 01Jordan Bardella 3Jean Francois Jalkh 001







(左 : ジャン・リシャール・サルザー  / ジル・ペネル  /  ジョーダン・バルデラ /  右 : ジャン・フランソワ・ジャルク )

  サルザーのブラックリストに載った同僚議員を挙げてみると、先ず政治家に転向した元歴史学者のジル・ペネル(Gilles Pennelle)が思い浮かぶ。彼は「大地と民衆(Terre et Peuple)」を口にしたことで、サルザーの検閲に引っ掛かってしまった。これはナチスのイデオロギーである「血と土(Blut und Boden)」を連想させるから“駄目”となる。もう一人は、党の副代表を務めるジョーダン・バルデラ(Jordan Bardella)だ。彼は以前、国民戦線の重鎮であったジャン・フランソワ・ジャルク(Jean-François Jalkh)の側近を務めていた。ネオナチの臭いがするのか、バルデラはサルザーから睨まれている。何しろ、ジャルクはマリーヌの父で国民戦線の党首であったジャン・マリー・ル・ペンの盟友であったし、ガス室でのユダヤ人殺害に関して疑問を抱いていたから、ユダヤ人の敵と見なされても不思議じゃない。さらに、ジャルクはヴィシー政権を非難せず、むしろペタン元帥を称讃していたから、サルザーからすれば獅子身中の虫である。

   ここでは詳しく触れないが、歐米人や日本人の大半は、ナチスによるガス室殺人を盲目的に信じているが、そんなのはおかしい。だいたい、現場検証も科学的捜査も行われず、公式な報告書、遺体の検死も無い「虐殺物語」なんだから、信じる方が異常である。しかも、お人好しの日本人は、ドイツ人を有罪にするための心理戦や謀略活動、極秘の拷問、軍に買収された科学者などを想像していないのだ。もし、「科学的調査」にOSSの御用学者が使われたらどうするんだ? もっと怪しいのは、法廷での宣誓をしていないユダヤ人の「証言」である。こんなのは女性週刊誌が目玉にする「衝撃の事件簿」か、居酒屋での愚痴に過ぎない。スティーブン・スピルバーグの『ショアー』を観て、「ユダヤ人は可哀想だなぁ~」と憐れんでいる日本人は反省しろ ! カナダの法廷に立ったラウル・ヒルバーグ博士(Dr. Raul Hilberg)は、偽証罪を恐れるあまり、いつもの饒舌さを失い、明確な証言を避けていた。これは奇妙な光景である。物的証拠があれば、堂々と提出すればいいじゃないか ! 不思議なことに、興味深い裁判は大々的に報道されなかった。

  ジャルクも反対していたが、娘のマリーヌが父親のジャンを党から追放したのは間違いだ。確かに、ジャン・マリー・ル・ペン党首はユダヤ人に対して辛辣だった。しかし、フランス人を第一に考える愛国者なら、フランス社会を腐蝕させる異邦人に嫌悪感を抱き、彼らを排斥しようとするのは当然だ。昔のフランスは魅力的であったから、東歐や南歐ばかりじゃなく、北アフリカからも様々な人種がやって来た。ところが、第19世紀の後半くらいから、ようやく優生学が一般社会に普及し、庶民にも種族の保存や防衛といった意識が芽生え始めた。左巻きが普通の知識人は、反ユダヤ主義のルネ・マルシャル(René Martial)やジョルジュ・モコ(Georges Mauco)、ジョルジュ・モンタンドン(George Montandon)を非難するが、同化しにくい外国人や不愉快な人種を取り除こうとするのは当たり前じゃないか。

Rene Martial 01Georges Mauco 01George Montandon 01Charles Maurras 02








(左 : ルネ・マルシャル  /  ジョルジュ・モコ / ジョルジュ・モンタンドン  / 右 :  シャルル・モラレス)

  しかし、洗脳された西歐人は、こうしたフランス人を「人種差別主義者」として糾弾する。一般人は自分がどのような教育を受け、誰に精神を改造されたのか解らない。心理戦や謀略工作を学んだ軍人でも、「中学や高校で自分がどんなイデオロギーを植え付けられたのか」を検証していないのだ。少なくとも、「歴史教科書が“誰”によって書かれたのか?」くらいは確認すべきだ。西歐世界でのナショナリズムを最も憎んだのは、異質な肉体を持つユダヤ人であった。今でも、熱心にドイツやフランスの優生学と人種衛生学を糾弾するのは、ユダヤ系知識人とユダヤ人に阿(おもね)る左翼白人だ。彼らとは対照的に、ジャン・マリー・ルペンはフランス人の遺伝子プールを大切にする愛国者である。彼はマスコミから叩かれる「右翼」であるが、「アクション・フランセーズ(Action Français)」のシャルル・モーラス(Charles Maurras)や、上院議員のフランソワ・コティー(François Coty)、民族派のモーリス・バレス(Auguste-Maurice Barrès)に連なる国士だ。(註: 元々、コティーは香水会社を経営する豪商で、「フィガロ」紙を買収したことでも知られている。だが、左翼とユダヤ人の間では嫌われており、右翼の反ユダヤ主義者として悪名高い。)

Maurice Barres 02Francois Coty 2Alain DElon 882Jean Marie Le Pen as Captain








(左 : モーリス・バレス  / フランソワ・コティー  / 『若者のすべて』で軍人に扮したアラン・ドロン  /  右 : パラシュート部隊にいた頃のジャン・マリー・ル・ペン )

  ちなみに、フランスの名優アラン・ドロン(Alain Delon)は国民戦線の賛同者である。たぶん、ドロンは古き良きフランスを知っていたから、変質する祖国を心配したのだろう。あれだけ黒人やアラブ人が雪崩れ込めば、普通の国民だって危機感を抱く。“ヨーロッパらしいフランス”を懐かしむ者は、自らの利益を顧みず、国民戦線に投票するはずだ。主流メディアから批判されても、正直なアラン・ドロンは偉かった。まぁ、彼は既に名声を獲得し、それ以上の野心を求めなかったから、「本音」を語ることもできたんだろう。しかし、普通の役者なら、たとえル・ペンの支持者であっても何も語らず、リベラル気取りで黙っているだろう。そう言えば、晩年のマーロン・ブランドーも、「本音」を語る俳優だった。彼はCNNの「ラリー・キング・ライヴ」に出演した時、ハリウッドでは禁断となっているユダヤ人批判を口にしていた。日本ではあまり知られていないが、ドロン氏は前々からジャン・マリー・ル・ペンと友人関係にあったようだ。「Le Matin」というスイスの新聞社からインタヴューを受けた時、ドロン氏はあっさりと国民戦線への共感と支持を述べていた。『サムライ』という映画に出演していたアラン・ドロンは、意外にもド・ゴール主義者で、サムライの片鱗を見せていた。(アラン・ドロンはどこか暗い影を持っていたけど、「サムライ・ジャパン」のサッカー選手よりマシだぞ。)

  話を戻そう。元軍人のル・ペン氏は「フランス人のフランス」を当たり前と考えているから、人権思想や多民族主義とやらで祖国を異邦人に明け渡す売国奴に異議を唱えた。また、彼は国家に殉じる高貴な精神を理解しているから、祖国のために命を捧げた日本人に敬意を表す。ル・ペン氏は来日した際、靖國神社を訪れた。しかし、主要メディアはル・ペン氏の訪問を取り上げなかったから、ほとんどの日本人は彼の来日すら知らなかった。当時、筆者が「あれっ !」と目を丸くしたのは、元自衛官の伊藤祐靖(いとう・すけやす)中佐がル・ペン氏の警護に当たっていたからだ。参拝の映像を目にした一部の国民も、「あれっ、伊藤さんだ !」と気づいたんじゃないか。

Jean Marie Le Pen in militaryJean Marie le Pen in Yasukuni 22






(左 : 外人部隊で活躍したジャン・マリー・ル・ペン  /  右 : ル・ペン氏の左側で警護に当たる伊藤祐靖 )

  それはともかく、靖國神社に赴いたル・ペン氏は、本来のフランス人なのかも知れない。武人の伝統を誇るフランス人なら、たとえ敵国の将兵であっても、軍人に対しての敬意を忘れないものだ。でも、フランスのユダヤ人は来日したら、靖國の英霊に敬意を払うのか? ゲットーから這い出てきた賤民は、フランスの国土に家を建てても、そこに根づく人間じゃない。フランス人とはガリア人を根幹とした民族であり、たとえゲルマン人やスラヴ人の血が混ざっても、先祖代々の血を引き継ぐヨーロッパ人のことを指す。フランスの愛国者がユダヤ人を嫌うのは、異質な血に対する本能的な危機感を抱くからだ。

  フランスの混迷と衰退は、民族の根源を破壊し、異質な遺伝子をどんどん受け容れてしまったことに起因する。肉体的に変質した民族は、祖先の遺産を継承する相続人にはなれない。我々が日本文化を継承できるのは日系人であるからだ。もし、支那人や朝鮮人、フィリピン人、タイ人、インド人の遺伝子などが大量に混ざってしまえば、日本人としての意識は限りなく薄くなってしまうだろう。現在の「フランス人」と呼ばれる国民の中には、フランス人とは思えないエイリアンが多い。アフリカ人でもアラブ人でも、フランス語を喋れば「フランス人」なんて馬鹿げている。しかし、こうしたフランスを理想とするのがユダヤ人。そして、ユダヤ人の銭を貰って喜ぶのが、進歩派や中道派の政治家だ。ユダの金貨を拒否するフランス人は、「非フランス的なレイシスト」になってしまう。まさしく、時代の変化とは恐ろしい。
  


人気ブログランキング

アイデンティティーを求めるフランス人 / 凋落に向かう歐洲

フランス人のためのフランス

Thais d'escufon 0022Muslims in France 344







(左 :  タイス・デスキュフォン  /  右 : マクロン大統領に抗議するムスリム団体)

  今世紀に入ると、歐米諸国では今まで押さえつけられてきたナショナリズムが再び勃興し始めている。脳天気なまでにアフリカや中東アジアからの移民や難民を受け容れてしまった先進国は、本能的な拒絶反応を示しているのかも知れない。人権思想や進歩主義を掲げるリベラル派は、“より良き”生活を求めてやって来るエイリアンを歓迎するが、昔ながらの生活を守りたい正常な庶民は、心の底で「なぜ、あんな連中を引きずり込むんだ?」と不快に思っている。中には明言しないけど、「政府は俺達からきっちりと税金を巻き上げているくせに、あの外人どもには惜しげもなく税金を使ってやがる。どうして不法入国者や難民が“いい思い”をして俺達がそのツケを払わされているんだ? よそ者を助けた奴が自腹で養ってやればいいじゃないか ! 俺達はそれほど太っ腹じゃないぞ !」と憤慨している人もいるはず。人権派というのは綺麗事を口にするけど、肝心のお金となれば豹変し、ハッキリと「税金で・・・」と言わずに、「救済措置」と言い換えるから頭にくる。

  確かに、「善人」を演じる政治家は、地中海を渡ってくる「ボート・ピープル」を温かく迎えるが、その背後関係を剔(えぐ)ることはない。だいたい、こうした「難民」は悪徳業者や国際組織の手引きで地中海を渡ってくるものだ。そして、憐れなアフリカ難民を手助けするのは、大富豪から間接的に資金をもらうNGOとか、左巻きのユダヤ人グループだったりする。(例えば、英国の「Citizen UK」とか「Safe Passage」、「Help Refugee」といった団体とユダヤ人の運営スタッフを調べれば判るだろう。) こういったリベラル組織は如何にも怪しく、これ見よがしに溺れかけた子供を救ったり、泣き叫ぶ親子を介護して世間の同情を引こうとする。しかし、大手メディアが左翼の人脈や資金の流れについて調査することはない。むしろ、主流メディアは彼らの共犯者だ。各テレビ局は左翼団体の救出劇を大々的に報道し、政府の支援が必要な“弱者”に仕立て上げる。

Syrian refugees 11Muslims in France 773








(左 : 人道主義団体に救出される難民  /  右 : ムスリム移民が溢れるフランス)

  その一方で、難民の排除を訴える保守派は悪魔と見なされ、「冷酷非道な極右」か「レイシストの低級白人」と罵られる。これは意図的な偏向報道であるが、一般人を騙すには充分だ。実際、普通のヨーロッパ人はテレビの映像を目にして、「右翼の人達って酷いわ ! あんな小さな子供に対しても罵声を浴びせるなんて。ああいう人達ってさぁ、根っからのレイシストなのよねぇ~」と呟く。でも、こう批判する人達でも、いざ自分の住む地域に難民収容所ができると、今までの寛大な精神は何処かに吹っ飛び、「なんで私のところに、そんなものを作るのよぉぉ~」と猛反発。以前は左翼政党を支持していたフランス人やドイツ人でも、急に「国民連合(Reassemblement National / 旧 : Front National)」や「AfD(ドイツのための選択肢)」に鞍替えだ。

  難民反対論者の中には頭にきて過激な行動を取る人もいるようで、真夜中に難民収容所へと向かい、建物に放火したりする。周辺地域の住民は放火事件に驚いたようなフリをするが、内心で拍手喝采だ。警官の中にも手抜き捜査で犯人を見逃したりするから、地域の結束というのは中々すごい。(場合によっては、刑事の従兄弟や友人が放火魔だったりするから、徹底した捜査ができなくなる。それに、地元民は聞き込み捜査に協力的じゃないから、尚さら捜査がしづらい。) そう言えば日本でも似たような事があった。伝書鳩を大量に飼う男に腹を立てた何者かが、その「鳩屋敷」に放火し、建物が全焼となった事件がある。まぁ、天空から鳩の糞が降ってくる生活なんて堪えられない。近所の住民は心の底で「あぁ、助かった ! 放火は良くないけど、いい気味だ !」と思っているんじゃないか。

  移民や難民が怒濤の如く押し寄せたフランスでも、堪忍袋の緒が切れた人は結構いるようで、多くの若者が立ち上がったみたいだ。こうした気運が盛り上がっている中、「Génération Identaire(GI)」という団体が注目を浴びている。この「GI(ジェネラシオン・イドンティテー)」は2012年頃に台頭した集団で、元々は「Bloc identiaire(BI)」の青年部であった。(フランスの主流メディアによれば、「BI」はナショナリズムを掲げる右翼政治団体。) 色々な解釈はあるけれど、「アイデンティティーを主張する世代」とは、要するに、異人種の群れからフランスの文化や種族を守り、それを他の国民に訴えかける抗議グループのことだ。確かに、フランス政府や主要マスコミは、中東アジアや北アフリカからのムスリム移民に対して弱腰だから、憤懣やるかたない若者が蹶起しても不思議じゃない。日本人の観光客でも気づいているが、フランス各地には髭面のアラブ人や色黒のアフリカ人がウジャウジャいる。こんな状況になれば、ケルト系のフランス人だってゾッとするだろう。だから、ちょっとでも現実の世界に目覚めた若者は、国家の人種的変質に不安を抱く。

Thais d'Escufon 02(左  / タイス・デスキュフォン )
  「GI」の中でもとりわけ脚光を浴びているのは、タイス・デスキュフォン(Thaïs d'Escufon)という広報係だ。 彼女はまだ20代前半の若い活動家だが、中々しっかりしていて左翼コメンテーターの反論にも怯まない。また、彼女はその美貌ゆえに多くのメディアに招かれている。(YouTubeにGIの公式チャンネルがあるので、興味のあるかたには、彼女のインタヴュー映像や出演番組を観て頂きたい。) 彼女はGIのスポークスマンとしてインタヴューを受けていたが、番組の司会者から、どうしてスペインとの国境付近でGIが抗議デモを開催したのかについて訊かれていた。なぜなら、GIの活動家はフランスとスペインの国境沿いであるピレネー山脈に赴き、「コルデ・デュ・ポルティオン(Col du Portillon)」という場所で抗議活動を行っていたからだ。

  タイスを含むGIのメンバー達は、「ヨーロッパ防衛」という使命に燃えており、大量に流れ込んでくる移民や歐洲のイスラム化、セクシャル・ハラスメントなどに危機感を覚えている。("Interview with Thaïs d'Escufon from Génération Indentitaire", The New Prometheism, 13 February 2021.) ただ悔しいことに、GIが異邦人による治安の乱れを世間に訴えかけると、“レイシスト”の烙印を押されてしまうのだ。それでも彼らはめげずに戦い、リベラル派による「反白人主義」に対抗しているから偉い。

  アジアやアフリカからの移民・難民、とりわけムスリムに対して警鐘を鳴らすタイスは、フランスで起きた数々の事件を取り上げていた。例えば、2020年10月、フランスのニースにあるノートルダム・バシリカ(カトリック教会の聖堂)で三人の一般人が殺害されたが、その犯人は「チュニジア国籍者」と思われるイブラヒム・アウサオリ(Ibrahim Issaoui or Brahim Aoussaoui / 21歳)であった。(Angela Charlton and Daniel Cole, "France mourns 3 killed in church attack, tight security", Associated Press, October 31, 2020.) フランス国民を震撼させた、この殺戮行為は“テロ事件”と呼ぶべき悲劇で、犠牲者の一人であるナディーン・デヴィラーズ(Nadine Devillers)は、喉を切り裂かれたうえに、首までも切断されたという。二番目の犠牲者は教会の雑用係をしていたヴィンセント・ロクェス(Vincent Loquès)で、教会の門前で刺殺された。彼には二人の娘がいて、突然の訃報にショックを受けていた。三番目の犠牲者はシモヘヌ・バロト・シルヴァ(Simone Barroto Silva)で、彼女はブラジル出身者で、長いことフランスに住んでいたという。彼女は三人の子供を残して世を去った

Vincent Loques 01Simone Barroto Silva murdered0034Nadine Devillers991








( 左 :  ヴィンセント・ロクェス  /  中央 : シモヘヌ・バロト・シルヴァ  /  右 : ナディーン・デヴィラーズ  )

Brahim Aoussaoui 001( 左 / イブラヒム・アウサオリ )
  何とも痛ましい事件だが、捕まった犯人の経歴を知ると政府の入国管理に腹が立つ。どうやら、イブラヒムは貧乏なチュニジアが厭になってヨーロッパに向かったらしく、悪名高いランペドゥーサ島(Lampedusa)を経由してイタリアに辿り着いたらしい。しかし、武漢ウィルスの感染疑惑があったので、800名の難民と一緒に隔離されたという。その後、どうやったのか、イブラヒムはフランスのニースに潜り込み、教会の周辺をうろついていた。しかし、何を考えていたのか、事件当日、イブラヒムはナイフを持って教会に侵入し、僅か10分の間に三人を殺してしまったのだ。この殺人鬼は現場で警官に逮捕されたが、奇妙なことにイブラヒムは身分を示すモノを何一つ持っていなかった。(Kim Willsher, "Knife Attacker in Nice kills three people", The Guardian, 29 October 2020.)

  イブラヒムの入国手口や侵入経路は明らかにされていないが、一般的にフリカからの難民は、たとえIDとなる書類を持っていても、密航船に乗る前に全て廃棄するという。なぜなら、身分や国籍が判る書類やカードを持っていると、強制退去がしやすくなるからだ。つまり、出身国がバレると、イタリア政府やフランス政府が難民の“祖国”を特定でき、直ちに送還できるというわけ。しかし、どこの国からやって来たのか判らぬ場合、「難民(密入国者)」は強制送還されず、「国籍不明者」としていつまでも入国先に滞在できる。ヨーロッパに居坐るアフリカ難民は、密入国業者やNPOから“在留ノウ・ハウ”を学んでいるので、絶対に口を割らないし、いずれ“釈放”になるんじゃないかと思っている。中には意図的に子供を同伴する難民もいるから悪質だ。彼らはヨーロッパ人が人権問題に弱く、子供連れの難民に譲歩する、と知っているのだ。

Phillippe Monguillot 01Philippe Monguillot killers 01(左 :  フィリペ・モギィロ  / 右 : 暴行容疑で捕まった犯人 )
  インタヴューに答えるタイスは、他にも具体例を示していた。2020年の7月には、バス運転手のフィリペ・モギィロ(Philippe Monguillot / 59歳)が四人の移民によって暴行され、五日後に死んでしまったのだ。("Bus driver dies after five passengers not wearing face masks are attacked", FR 24 News, July 11, 2020.) フィリップが義務化されたマスクを着けていない乗客を注意したところ、二人の男が逆上しフィリップをバスから引きずりだし、胴体や頭部を激しく殴りつけた。他の二人は暴行を止めなかったことで逮捕され、別の男は容疑者を匿ったことで逮捕されたそうだ。亡くなったフィリップには妻と三人の娘がいたという。この事件を聞きつけたフランス人は憤慨し、約六千人の人々が通りに出て抗議活動をしたそうだ。

Axelle Dorier 001(左  / アクセル・ドリアー )
  フランスでは異人種による犯罪が多発しているそうで、23歳のアクセル・ドリアー(Axelle Dorier)という看護婦は、愛犬を連れて散歩している途中に、ヨセフ・テバル(Youcef Tebbal /21歳)という移民が運転するクルマに引っ掛けられた。すると、パニックに陥ったヨセフは急にアクセルを踏み、彼女を引き摺ったまま800mも走行したという。(John Cody, "Outrage in France after 23-year-old Axelle Dorier killed by Youcef T. and Mohamed Y. in brutal hit-and-run", Remix News, July 25, 2020.)  これだけでも充分酷いのに、テバルは免許停止の状態でクルマを運転していたのだ。同乗していたモハメッド・イェロウル(Mohamed Yelloule / 19歳)も卑劣で、被害者が引き摺られていると判っていたのに、クルマを停止させず、彼女を助けなかった。この相棒が逮捕されたのも当然だ。

  こうしたひき逃げ犯は赦せないが、容疑者の氏名を隠していたマスコミも赦せない。フランスの報道機関は、二人の家族名を伏せ、「Youcef T.」とか「Mohamed Y.」としか記さなかった。後に、憤慨したフランスの一般人がインターネットでバラしたから犯人が特定されたけど、普通の日本人は「ル・モンド」紙や「フィガロ」紙くらいしか読まないから、誰なのか判らない。スウェーデンやドイツでもそうだが、フランスの新聞やテレビは逮捕者の実名や写真を公開せず、元の国籍や人種を曖昧にしたまま報道することが通常になっている。たぶん、逮捕者の写真を公表すると、犯人が“有色人種”とか“好ましくない外国人”と判ってしまうので、左派メディアは焦ってしまうのだろう。

  でも、「一般国民が移民に対して偏見を持ってしまうから」という配慮はおかしい。可哀想なのは被害者の方で、加害者を大切にするんなて常識外れだ。だいたい、外国人を入れて殺人や窃盗、テロ事件が増えたなら、その原因を検証して世間に伝えるのがマスコミの役割じゃないか。それを蔑ろにして不逞外人を庇うなんて馬鹿げている。これなら温厚なヨーロッパ人でも反移民に傾くぞ。おそらく、リベラル派のマスコミは“真実”を伝えたら民衆の怒りが燃え上がってしまう、と恐れているんだろう。

反ナショナリズムの左翼メディア

  タイスが属するGIのメンバーは、気取り屋の中道右派と違い、ハッキリと反対の意見を表明するから偉い。サイレント・マジョリティーやフランス人女性を代表するかのように、タイスは地中海を渡ってくる難民に対し、「冗談じゃない、あなた達にヨーロッパを我が家とさせないわ !」と言い放つ。彼女は毅然として、「フランスはフランス人の国」と主張する。自分の信念を明確に述べるタイスは、その容姿も手伝って、色々なテレビ局や報道番組に引っ張り凧(だこ)だ。

African children 82African Muslim children 2black boy 6







(左 : アフリカ系フランス人の子供   / 中央 : 敬虔なムスリム移民の子供  /  右 : 現代フランスで「マジョリティー」となる子供のタイプ )

  例えば、タイスは「Canal 8」 が放送する「Touche Pas à Mon Paste !」という番組に出演した。この番組を取り仕切るのは、キリル・ハヌゥナ(Cyril Valéry Isaac Hanouna)というプロデューサー業を兼ねたコラムニストだ。彼は司会業の他にも脚本家や俳優、ラジオDJ、コメディアンの肩書きを持つ。しかし、我々が注目すべきは、彼がチュニジアからやって来たユダヤ人という点だ。彼の容姿を見てみれば判るけど、どう考えても西歐系のフランス人には思えない。如何にも「北アフリカ出身者」という外見だ。また、彼の番組に招かれた他のパネリストも何人なのか判らぬ人物ばかりだ。アラブ系やアフリカ系の言論人なら一瞬で判るけど、「白人」といっても、本当にケルト系フランス人なのか怪しい「フランス人」が多い。例えば、両親や祖父母がギリシアからの移民とか、父親がアルバニア人で母親がブルガリア人というケースもある。また、ある者は祖父がルーマニア人なんだけど、祖母の方がルーマニア系ユダヤ人だったりするし、ロシア人とアジア人との混血児、あるいはセファラディー系(南歐系)のマラーノ(キリスト教徒に改宗したユダヤ人)とか、ガリチア地方から流れてきたアシュケナージム系(東歐系)ユダヤ人の子孫とか、マチマチである。つまり、こうした人々はケルト系やゲルマン系のフランス人ではない、ということだ。

Thais d'Escufon 03Cyril Hanouna 991








(左 : ゲストのタイス・デスキュフォン / 右 : 司会者のキリル・ハヌゥナ )

  そもそも、地上波の討論番組は“リンチ法廷”とか“八百長議論”という性質を持っている。アメリカのトーク・ショーを制作するスタッフと同じく、フランスのTVプロデューサーやディレクターもリベラル派がほとんどで、保守派を抑圧したり抹殺するのが生き甲斐だ。邪悪な制作者になると巧妙な脚本を用意し、保守派のゲストを公衆の面前で辱め、徹底的に叩き潰す。だから、ハヌゥナの番組もリンチ討論会に近い。西歐人の権利を主張するタイスを人種差別論者に仕立て上げ、みんなで罵倒し、その精神を八つ裂きにしようとする。フランスの一般視聴者なんて単細胞がほとんどだから、“サクラ”として招かれた左翼ゲストにすぐ同調する。誘導操作に気づかない人は好都合なバカとなり、タイスを「頭の弱い金髪娘(dumb blond)」と思ってしまうのだ。(興味深いことに黒人の馬鹿や左翼が登場した場合、誰も「縮れ毛のアホ」と呼ばないんだから不思議なものである。黒い髪のアフリカ人にはクルクルパーの娘がいないのか?) テレビ局の制作者は、中高年の視聴者でも子供扱い。「自分で判断できないアホ」と思っている。

  そもそも、こうしたヤラセ番組を垂れ流す放送局(C8)は、誰によって支配されているのか? これを怪しまないフランス人というのも異常である。なぜテレビを観ている国民は、普段の生活で良識を持っているのに、自分の精神に甚大な影響を与える制作者や経営者に注意を払わないのか? 冷凍餃子やハンバーガーなら、如何なる材料で作られ、どんな工場で加工されるのかを気にするはずなのに・・・。もしかしたら、腐った牛肉で作られたハンバーグかも知れないし、農薬が混じっている餃子かもしれないじゃないか。ファスト・フード店で見かけるフライド・ポテトも「パーム油」で揚げた有害食品。まるで肥るために食べているような代物である。(アメリカ人は塩分の濃い揚げポテトにケチャップをかけて喰っているから、もう救いようがない。) 子供を持つ母親になると、発癌性物質にも敏感だ。となれば、「C8」の親会社である「Canal Group」が誰によって運営されているのかが気になる。

Ara Aprikian 002(左   / アラ・アプリキヨン )
  「C8」を運営しているのは、アラ・アプリキヨン(Ara Aprikian)という社長なんだが、彼はゲルマン人とかケルト人ではなく、アルメニア系のフランス人であるという。一般の日本人はあまり知らないが、フランスにはアルメニア移民の子孫が結構多い。日本でも有名なシャンソン歌手のシャルル・アズナヴール(Charles Aznavour)もアルメニア系フランス人で、本名は「Shahnour Varinag Aznavourian」だ。本人曰わく、英語には自信が無いけど、アルメニア語やイタリア語、スペイン語なら上手に話せるそうだ。ちなみに、世界的に有名なテニス選手のアンドレ・アガシ(Andre Agassi)、人気歌手だったシェール(Cher / Cherilyn Sarkisian)、F-1レーサーのアラン・プロスト(Alain Prost)、「セレブ」と呼ばれるキム・カルダシアン(Kim Kardashian)もアルメニア系である。意外なところでは、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ(Sergei Lavrov)外相もアルメニア系の血筋だ。

Charles Aznavour 1Cher 02Alain Prost 2Sergei Lavrov 01








( 左 : シャルル・アズナヴール / シェール  /  アラン・プロスト  /  右 : セルゲイ・ラヴロフ )

Maxime Saada 01(左  /  マキシム・サーダ)
  「C8」の親会社である「Canal Group」は、マキシム・サーダ(Maxime Saada)がCEO(最高経営責任者)となっているが、彼の血統や祖先の素性は明らかにされていない。おそらく、彼の祖父母はチュニジアかアルジェリアなどに住んでいたアラブ人かも知れないし、ひょっとすると北アフリカ出身のユダヤ人じゃないのか? というのも、「サーダ」という家族名はアラビア語やヘブライ語の名前にもあるからだ。フランス政府は人口統計や国勢調査を実施する時でも、国民の民族性や人種に触れないから、どのような種族がどれだけ住んでいるのか判らない。親子代々フランスに住み続けているユダヤ人だと、血統には言及せず、ただ「私はフランス人」としか言わないから、普通の日本人は簡単に騙される。

   そう問えば、大手の本屋に行くと、日本語に訳されたフランスの本がたくさんある。しかし、執筆者の血筋を調べる人は滅多にいない。勝手に「フランスの知識人」と思ってしまう人が普通だ。例えば、フランスの知識人であるドミニク・シュナペール(Dominique Schnapper)の本を見つけても、彼女がレイモン・アロン(Raymond Aron)の娘とは気づかないだろう。(アロンは有名な政治学者。) 以前、幾つかの著作が和訳されたギ・ソルマン(Guy Sorman)や保守派のエリック・ゼマー(Eric Zemmour)もユダヤ人である。一般的に知られている社会学者のエミール・デュルケム(David Émile Durkheim)や歴史家のマルク・ブロック(Marc Bloch)もユダヤ系フランス人であった。日本の大学教授はフランス人の著作を紹介しても、作者の血筋や出身国について言及しないので、一般国民はどんな“魂胆”で書いているのか判らない。ユダヤ人の学者だと、幼少期に受けた屈辱感や反撥心で書いている場合があるから注意が必要だ。日本でも、在日鮮人や帰化鮮人が「怨念」や「侮蔑」で反日本を書いているじゃないか。

Raymond Aron 12Dominique Schnapper 02Guy Sorman 2Eric Zemmour 01








(左 : レイモン・アロン  / ドミニク・シュナペール  / ギ・ソルマン  / 右 : エリック・ゼマー )

Francois Beleand 02(左  /  フランソワ・ベルレアン)
  日本人が観る娯楽作品でも、「フランス人」のような「異邦人」が出ている場合が多い。例えば、米仏合作映画の『トランスポーター(Le Transporteur)』に出てきたタルコニ警部だ。一般の日本人は、この優秀な刑事がユダヤ系フランス人であるとは気づかなかった。タルコニ警部を演じる男優のフランソワ・ベルレアン(François Berléand)は、ケルト系のガリア人ではなく、ロシア出身のユダヤ人を父とし、カトリック信徒のフランス人を母とする混血児である。(筆者はこの映画を観た時、「ベルレアンはユダヤ系かも」と推測した。ユダヤ人を何百人も観察していると、何となく判るようになる。つまり、勘が鋭くなるのだ。) 映画の中では、タルコニ警部は「昼行灯(ひるあんどん)」を演じるが、実は中々の切れ者で、主人公を助ける老獪な警察官だ。こうした訳にはユダヤ人がピッタリ。黒人男優が演じると“ヤラセ”臭い。多民族主義を掲げるハリウッド映画だと、黒人の“知能犯”が登場するけど、こんな役はユダヤ人俳優に限る。なぜなら、とても“リアル”だから。

Gerald Darmanin 1(左 / ジェラルド・ダルメナン )
  脱線したので話を戻す。タイスが属する「GI」は「極右団体」と見なされ、内務大臣のジェラルド・ダルメナン(Gérard Darmain)によって違法組織に指定され、解体の危機に瀕している。この内相もケルト系のフランス人ではない。彼はアルジェリア人とアルメニア人の家系にマルタ島人の血が混ざった異人種。一応、フランス共和国に忠誠を誓っているが、祖先の国家として愛着を抱いている訳じゃない。タイスのようなフランス人が「西歐人のフランス」とか「ジャンヌ・ダルクのフランス」、「シャルルマーニュとクローヴィスのフランス」を口にすると、本能的に拒絶反応を示す。彼はユダヤ人のように多民族・多文化主義に傾く。ダルメナンのような「フランス人」とって、大革命以前のフランスは縁もゆかりも無い「外国」である。

  同じ事は、ベトナム人やイラク人を祖先とする「フランス人」にも言える。彼らにとってカロリング朝やブルボン朝の王様は外人の支配者。フランスのガリア教会などは単なる「プライベート・クラブ」だから、ローマの長女でも淫売でも構わない。中東アジア難民や支那移民は、聖人の奇蹟にも興味が無く、もしあるとしたら、水をワインに変える奇蹟だけ。(ぶどう畑を買い漁る支那人は、せっせと「フランス産」ワインを作っている。) その他は詐欺師のペテンか百姓の迷信だ。レミギウス(Remigius)がランス(Reims)の司教であったことも知らん顔。クローヴィスがレミギウスによって塗油されても知ったことではない。神聖ローマ皇帝が戴冠式を行ったエクス・ラ・シャペル(Aix-la-Chapelle)なんかは、ゼニが儲かる観光地というだけ。この土地が「エクス」と呼ばれようが「アーヘン(Achen)」と呼ばれようが、どうでもいいことだ。イスラム教徒にとったら異教徒の聖地に過ぎないし、アフリカ出身の黒人は、「どこにあるんだ?」と訊いてしまうだろう。非西歐人にとっては、ベルギー領でもルクセンプルク領でもいいし、プロイセンの僻地にあろうが懐かしい場所ではない。

「フランス人のフランス」を赦さない反仏団体

Bernard Lecache 1923
( 左 /  ベルナルド・アブラハム・ルキャッシュ)
  タイスのようなフランス人ナショナリストが現れ、その容姿が好ましいと、世間の注目を浴びるようになる。すると、異民族共生を促進する左翼団体は焦ってしまう。そこで、「邪魔者は芽のうちに摘んでしまえ !」とばかりに総攻撃。その代表格が、「LICRA(Ligue internationale Contre le Racisme et l'Antisémitisme)」のような組織だ。これはレイシズムと反ユダヤ主義を撲滅せんと謀る国際同盟で、本質的には「ADL(反名誉毀損同盟)」や「AIPAC(米国・イスラエル関係評議会)」と同じである。こういった名称を聞くと、何となく首謀者(頭目)の正体が予想できるじゃないか。実際、この同盟を創設したのはユダヤ人の一味であった。「LICRA」の前身はベルナルド・アブラハム・ルキャッシュ(Bernard Abraham Lecache)が設立した「LICA(Liegue Internationale Contre l'antisémitisme / 反ユダヤ主義撲滅国際同盟)」という団体で、1932年に「レイシズム」を加えて「LICRA」と改名している。創設者のルキャッシュはウクライナ出身のユダヤ人で、元々はコミンテルンに属するジャーナリストであった。しかし、1932年に共産党から追い出されたので、「SFIO(フランス労働者国際党 / 当時の社会主義政党)」に身を寄せたそうだ。(Emmanuel Debno, Bernard Abraham Lecache, président fondateur de la Ligue internationale contre l'antisémitisme, Archives Juives, Vol. 40, 2007.を参照。)

Samuel Schwartzbad 1Symon Petlioura 003(左 : サミュエル・シュワルツバルト  / 右 : サイモン・ペトリウラ )
  共産主義者だから当然なんだけど、ルキャッシュは無神論者ときている。しかし、民族意識だけは強かった。彼はボルシェビキのアナーキストであったサミュエル・シュワルツバルト(Samuel Schwartzbard / 本名 : Sholem)が暗殺事件で裁かれた時、この被告人を擁護して救ったことがある。ロシア生まれのユダヤ人、ショレム(サミュエル)・シュワルツバルトは、パリでウクライナ人民共和国の政治指導者であったサイモン・ペトリウラ(Symon Petlioura)を暗殺した廉で逮捕された。「動機は何か?」と言えば、私的・民族的な怨恨だ。このユダヤ人はウクライナにおけるポグロム(ユダヤ人の虐殺)に腹を立て、ペトリウラに迫害の責任があると思ってしまったのだ。ユダヤ人にはこうした過激派があちこちに居るので、被害を受けたり者や対立する外国人は、その報復を全てのユダヤ人に向けることが多い。タカリ屋の民族だから仕方ないけど、彼らはいつも寄生先の国民に嫌われ、迫害の対象となる。すると、無鉄砲なユダヤ青年が暴れ回り、その仕返しがユダヤ人全体に及んでしまうのだ。ローマ時代から今日まで、こうした悪循環は止めどなく続き、ユダヤ人は歐洲各地で必ず「鼻つまみ者」になっている。だから、その潮流を撲滅すべくユダヤ知識人は団結し、敵対民族の洗脳に努力するのだ。

David Frankfurter 02Wilhelm Gustloff 11(左 : デイヴィッド・フランクファーター / 右 : ウィルヘルム・ガストロフ )
  ルキャッシュは同胞のために殺人を犯したユダヤ人を支援してきた。例えば、ユーゴスラヴィアかクロアチア出身と言われるユダヤ人のデイヴィッド・フランクファーター(David Frankfurter)は、1936年、ナチ党のスイス支部長を務めるウィルヘルム・ガストロフ(Wilhelm Gustloff)をスイスのダボスで暗殺した。そして、この殺人犯はスイスの法廷で18年の実刑を言い渡されるが、LICAは抗議デモを起こして彼を助けようとした。すると、デモの成果が現れたのか、1945年にフランクファーターは恩赦を与えられて出所となる。古巣に帰るカラスと同じく、フランクファーターは異国のスイスを去るや、同胞が暮らすイスラエルを目指した。素晴らしい故郷に帰った殺人鬼は、イスラエルの国防省に勤め、陸軍士官になったそうだ。

Herschel Feibel Grynszpan 003Ernst-vom-Rath 002( ヘルシェル・グリンシュパン / エルンスト・フォム・ラート )
  日本で「ユダヤ人」と言えば、「可哀想な民族」というイメージがあるけど、この種族には兇暴な輩(やから)も結構多い。テロリストやアナーキスト、コミュニストに加え、変態、詐欺、強盗、殺人に才能を発揮する俊英がウジャウジャいる。1938年、ドイツ人外交官のエルンスト・フォム・ラート(Ernst Eduard vom Rath)は、ポーランド出身のユダヤ人、ヘルシェル・グリンシュパン(Herschel Feibel Grynspan)によって暗殺されてしまった。射殺の動機は詳(つまび)らかではないが、どうやらグリンシュパンの家族が強制的にドイツから追放され、ポーランドへ戻されたから、それを怨んでの犯行らしい。

  一方、5発の弾丸を喰らって絶命したラートは、ドイツ貴族の出身で、パリのドイツ大使館に勤めていた。おまけに、彼は「突撃隊(SA)」の元メンバー。しかし、29歳での“あの世行き”だから、何とも痛ましい。捕まったグリンシュパンは中々裁判にかけられず、有耶無耶のまま処分されたようで、ハッキリとは分からないが、ザクセンハウゼンにある強制収容所へ送られ、そこで亡くなったそうだ。消された時期は1940年から45年あたりだと推測されるが、ミヒェル・フォン・ソルティコウ(Michael von Soltikow / ドイツのジャーナリスト)のように、「彼は処刑されなかった」とグリンシュパンの生存を信じている人もいるらしい。いずれにせよ、悲惨な目に遭ったユダヤ人からすれば、憎いナチ野郎を殺したグリンシュパンは英雄だ。それゆえ、ルキャッシュが支援したのも理解できる。が、先進国にある大使館に赴き、いきなり外交官を射殺なんて常識外れだ。ヤクザの抗争事件じゃあるまいし。昔、山口組の若頭補佐を務めていた中野太郎は、京都の理髪店で襲撃されたけど、側近が拳銃をぶっ放して暗殺者(会津小鉄組系)を返り討ちにしたので助かった。しかし、山口組若頭の宅見勝(たくみ・まさる)は、この銃撃事件を手打ちにしたせいで、後に射殺されることになる。(宅見は病気で余命僅かだったのにねぇ~。) ユダヤ人に洗脳された歐米人は、ユダヤ人の横暴に対して寛容すぎる。

Boris Holban 002(左  / ボリス・ホルバン )
  フランスの国益主義者や保守派陣営を敵視する団体と言えば、「MRAP(Mouvement contre le Racisme et pour l'amitie entre les Peuples)」が有名だ。タイスが属する「GI」もMRAPの標的になっている。このMRAPはシキャッシュの「LICA」や人種差別を糾弾する「MNCR(Mouvment National Contre le Racisme)」、移民労働者を擁護する「FTP-MOI(Francs-tireurs et partisans-Main-d'oeuvre immigrée)」によって結成された極左組織だ。この「FTP-MOI」はルーマニア系ユダヤ人のバルーク・ブルマン(Baruch Bruhman)によって創設された集団である。彼は元々、共産主義者のゲリラ兵で、ナチ・ドイツを倒すべく、フランスに渡って志願兵となり、レジスタンス運動に邁進した。フランス軍に入隊した時、ユダヤ系の名前を「ボリス・ホルバン(Boris Holban)」と改名したそうだ。戦後、ルーマニアに戻って将軍となるが、1984年、再びフランスに戻るとミッテラン大統領から勲章をもらい、「フランス解放の功労者」として表彰されたという。

Albert Levy 01Marcel Manville 11(左  /  アルベルト・レヴィー / 右 : マルセル・マンヴィル)
  フランスの人種偏見を無くすため、1949に設立されたMRAPだが、その中心メンバーは筋金入りの左翼だった。例えば、創設メンバーの一人、アルベルト・レヴィー(Albert Lévy)は、人権思想に染まったユダヤ人で、若い頃は移民労働者を支援するユダヤ人青年部(UJJ-MOI)に属していたという。(Sylvia Zappi, "Albert Lévy, ancien résistant", Le Monde, 16 septembre 2008.) 彼は『L'Humanité』誌の元ジャーナリストで、反ユダヤ主義の一例であった「ローゼンバーグ事件」に関する検証組織にも参加していた。もう一人の創設メンバーは、左翼法律家のマルセル・マンヴィル(Marcel Manville)だ。彼は西インド諸島にあるフランス領のマルティク島(Martinique)からやって来た黒人で、白人の植民地主義を心から憎んでいた。それならヨーロッパに来なければいいのに、黒人はなぜか白人の国家に住みたがる。まぁ、西歐人の豊かな生活に憧れたんだろうが、自らの肉体を見ると屈辱感が湧き起こってくるんだろう。それゆえ、反コロニアリズムの黒人が、反レイシズムの団体に参加しても不思議じゃない。

  とにかく、フランスの左翼組織を説明したらキリが無いけど、タイス・デスキュフォン達が極悪人と見なされているのは異常だ。なるほど、「GI」メンバーの中にも愚劣な右翼や下品な白人が混ざっているけど、団体の基本理念は“まとも”である。「フランス人の為のフランス」とか、「イスラムからヨーロッパを守ろう !」という掛け声は間違っていないだろう。むしろ、ユダヤ人の天下となっているフランス、すなわち、ユダヤ人の多民族主義やアラブ人の反西歐主義に毒されたフランスの方がおかしい。日本が「日本人の国」で「良い」とされるなら、ガリアの共和国がガリア人の祖国(ホームランド)であってもいいし、元々はフランク人(ゲルマン民族)が建てた王国だから、ケルト系民族(ガリア人)やゲルマン系民族が「主流国民」になっていてもいいじゃないか。ユダヤ人は“居候”か“タカリ屋”で、ムスリムのアラブ人やアフリカ人は“よそ者”である。したがって、フランク王国を継承するケルト系白人が萎縮し、乗っ取り屋のユダヤ人がデカい顔をするなんて本末転倒だ。日本人はフランスの政治を勉強する時、常識で考えるべきである。

  

人気ブログランキング
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: