無敵の太陽

主要マスメディアでは解説されない政治問題・文化・社会現象などを論評する。固定観念では分からない問題を黒木頼景が明確に論ずる。

歴史問題

NHKが隠した731部隊の裏側 / 凄惨なロシアの強制収容所生活


怪しい731部隊捕虜の証言

731













(写真  / 731部隊の日本人将兵)

  毎年8月はNHKの「反日祭り」が恒例行事となっている。夏祭りの花火なら歓迎するが、日本人を貶めるための洗脳番組なんて不愉快だ。8月13日放送の『731部隊の真実』は、ロシア人に“仕込まれた”囚人の証言に基づいている。731部隊の「捏造」については以前このブログで書いたから、ここでは繰り返し述べない。だが、NHK職員が作る番組の前提が間違っているので、少しだけ「おかしい」ところを指摘する。NHKの番組制作者はロシアが公開した日本軍将兵の証言を以て、鬼の首でも取ったかのように、「731部隊による人体実験」があったと述べていたが、その日本人証言者がどのような状況に置かれていたのかについては口を閉ざしているのだ。そもそも、日本人捕虜が正直に「事実」を語っていたのか? ハバロフスク裁判で日本人が怖ろしい「犯罪」を告白したというが、その証言を裏付ける物的証拠はどこにもない。 単なる「自白」だけじゃないか。しかも、その自白だって証言者の自発的供述ではなく、ソ連側による強制であったり、ロシア人が書いた脚本通りの証言であったりするのだ。つまり、「裁判」という形式を用いた茶番劇に過ぎない。

  ロシアに公正な裁判も正当な法手続も無い。我々が考えるような「司法」が無いのは周知の事実だ。法廷の判決は権力者によって予め決まっている。NHKはソ連による宣伝工作とリンチ裁判を熟知しているが、それを一般視聴者に伝えることはなく、ロシア人や支那人の「捏造」を「事実」と報道している。これだから、日本の公共放送ではなく、北京放送やモスクワ放送の「日本支店」と考えた方がよい。そういえば、ソ連の遣り口を捕虜となった山田四郎が述べていた。監獄に収容された山田氏は、ロシア人から取り調べを受け、理不尽な罪状を突きつけられたという。例えば、捕虜の食事を配給する際、出来高に応じて差別化し、作業成績を向上させねばならぬのに、食事の量を均等に配分して作業成績の向上を妨害したと責められた。そして、ソ連刑法第五十八条、十四項に該当する反革命的サボタージュと宣告されたそうだ。えっ、こんなべらぼうな罪状があるのか? 耳を疑ってしまうが、実際にある。牢獄国家のロシアでは、事後法だろうが異次元法だろうが、何でも“アリ”だ。そこで、山田氏を有罪にするため、ソ連側は証人を作ろうとした。ソ連では幾人かの証人を作れば書類だけで刑罰を科すことができたという。なるほど、支那製のローラー・コースターより怖ろしい。

  そこで、ロシア人はある日本兵を拷問にかけて山田氏を陥れる証人になれ、と強要したそうである。取調官のシャーライ中尉は適当な罪状を記した書類を作成し、署名を迫ったところ、彼は嘘の証言は出来ないと撥ね付けた。すると、哀れに日本兵は殴られたり蹴られたり、との酷い暴行を受けたという。暴力団並の仕置きに気絶したというが、容赦無く水を掛けられ、意識を取り戻すと再び拷問されたそうだ。こんな事が毎日続いたそうで、しまいには天上から逆さ吊りにされてしまい、銃剣で胸を抉られたという。帰還してからも、彼の胸には無惨な傷跡が残っていたらしい。(山田四郎 『黒い雪 新シベリヤ物語』 新世紀社、昭和31年 pp.51-53) しかし、こんな凄惨な拷問を受けても彼は嘘の証言をせず、必死で耐え抜いたそうである。

  こうした拷問は他にも色々あった。だが、NHKは愛するロシアを守る為、沈黙と無視を続けていたのである。もし、ソ連が“誇る”ラーゲリ(強制収容所)の実態が暴露されれば、ハバロフスク裁判に出廷した証言者の信憑性は失われてしまうだろう。NHKはそれを恐れているので、ラーゲリでの劣悪な囚人生活や家畜以下の扱われ方、共産主義に基づく洗脳教育に触れないのである。日本では「シベリア抑留」などという温和な表現で語られているが、実際は「シベリア拉致」と言うべきで、日本軍の将兵が奴隷並みの労働を強制されたというのが真相なのだ。本来なら、日本の公共放送たるNHKは、想像を絶する「生き地獄」を一般国民に伝えねばならないのに、それを隠蔽しているんだから国賊放送局と呼ばれても仕方ないだろう。

  ロシアの強制収容所で課せられる「労働」は本当に苛酷だ。ブラック企業でのサービス残業なんて比較にならない。まず、極寒の地で土木作業や鉄道建設、採炭を始めとする鉱山労働などが課せられていた。冬期は気温が零下40度ないし50度くらいにまで低下し、零下30度になると作業中止となったらしいから、零下20度くらいなら働かされていたということだ。ロシア人に言っても無駄だろうが、日本兵はペンギンや冷凍マグロじゃないんだぞ。労働環境も最低で、鉱山労働などはキツイ上に危険を伴っていた。例えば、チタ州のブッカッカ収容所で、タングステンや鉄マンガン重石の採掘作業を強いられていた山本泰夫は、帰国後(昭和38年9月)、突然気管支喘息のような症状に見舞われたそうだ。最初は肺結核と判断されたのだが、詳しい検査を受けたところ、「シベリア珪肺」であると判った。日本では10年以上の粉塵作業経歴がないと発生しないのに、シベリアで働かされた者はたった1年足らずで症状が出てしまうらしい。(御田重宝 『シベリア抑留』 講談社、昭和61年 p.124)

  シベリアではこんな重労働を課せられたのに与えられた食事は雀の涙程度だった。不味い黒パンが150g、カーシャという魚粉の入ったスープが毎日の献立で、それすら労働の成果によって増減したというから酷い。つまり、ノルマをたくさん達成できた者は、ちょっとだけ黒パンの量が増えるが、ノルマを達成できなかった者は、食事の量を減らされたのである。労働者を効率的に搾取するため、ソ連は医者を派遣して囚人たちの身体検査を行った。ロシア人の女医が囚人の皮下脂肪を見るために皮膚をつまみ上げると、シワだらけで全くといっていいほど弾力性が無かったという。兵隊たちは皮下脂肪など無くて、皮膚はカサカサに乾いている。しかも、シラミに攻められて全身至る所に掻き毟った跡があった。それもそのはず。収容所の中は非常に不潔で、南京虫やシラミで溢れていたのだ。満洲第二航空軍の通信隊にいた石井兵衛によれば、チタ収容所の「天井からは南京虫の雨が降ってきた」という。(上掲書 p.130) ゴキブリ一匹で悲鳴を上げる日本人女性が、こんな収容所を体験したら失神どころが、発狂して昏睡状態に陥ってしまうだろう。もっとも、「南京虫ってなぁ~に?」と尋ねるのが今の子供だから、ノミやシラミが充満した牢獄の恐ろしさは解らないだろうなぁ。

  農奴が大半だったロシアでは、人間と家畜、野生動物の区別は無い。況んや、戦争捕虜に情けが無いのは当り前。憎い日本兵は消耗品だ。満足な食事を与えられずに酷使され続けた囚人の姿は、幽霊よりもみすぼらしかった。囚われた日本人は大半が栄養失調で、肋骨は突き出ていて、波を打っていたという。背中の筋肉は薄く、肩甲骨(けんこうこつ)に張り付いているだけ。腹部の筋肉も陥没して船底型をしている。太腿は細い2本の棒と変わらず、背後から見ると臀筋(でんきん)が衰えて萎縮し、左右に広がっていた。ところが、収容所を任されていたソ連の将校は血も涙も無かった。ロシア人らは日本兵が発熱しても38度以上でなければ休養を認めなかったし、「栄養失調は病気ではない」と言い放ったそうだ。(上掲書 p.136) ロシア人は鬼畜か? 彼らは暴君が支配する専制国家で育ったせいか、人間の質が根本的に我々と違っているのだろう。西部64部隊の吉田誠一によれば、苛酷な労働を強いられた初年兵の死亡率は高かったという。彼らは体力が無く、抵抗力も弱かったため、最初の冬で多くの者が死んでしまったそうだ。本来なら兵役免除になるはずの青年が、戦争末期の兵隊不足のために徴兵されたのだから、シベリアでの重労働を強いられればあの世行きは免れまい。そもそも、まともな軍事教練でさえついて行けない弱兵が、強制労働に耐えられる訳がないじゃないか。

  石炭の採掘作業などは非常に厳しく、急な斜坑を登り降りしなければならないから、相当きつい作業だ。また、削岩機で石炭を掘れと命令されても、防塵マスクは支給されないから、すぐ肺病になってしまう。坑道によっては天上から水が滴り落ちるから、溜まった地下水で体はずぶ濡れだ。そうじゃなくても、採炭作業を終えた時には全身真っ黒。こんな重労働のうえに、栄養失調や衰弱ゆえの病気、伝染病の蔓延、作業中の事故などが絶えない。バタバタと亡くなる者が続出したそうだ。とりわけ飢餓というのは苦しい。衰弱する前は意識がはっきりしているんだから。そして俄に信じられないが、死ぬほど腹が減ったので、馬糞に混じっている未消化の穀物を食べる者までいたらしい。「まさか!」と思ってしまうが、飽食の現代に生きている我々とは違うのだ。栄養不足で衰弱する者がいたくらいだから、空腹ゆえに非常識な行動を取る者がいても不思議ではない。

  我々が拉致被害者の悲劇を聞くと胸が張り裂けそうになる。異国の牢獄で虐待された日本人が、ドブネズミ以下の最期を迎えたのだから心が痛む。だが、ソ連では死者への配慮など一切無い。広島の第231聯隊に所属していた吉田勇によれば、日本兵の死者は裸にされて、凍った大地に埋められたという。ソ連側の理屈だと、死者は物体に過ぎないから衣類は着けさせないというのだ。(上掲書 p.165) それでも、亡くなった同胞を埋葬するために、地面を掘ろうとツルハシを手にするが、凍った大地はツルハシをはじき飛ばし、土を掘ることができない。そこで一日がかりで火を焚き、凍土が柔らかくなったところで掘ったという。しかし、掘ったところで20ないし30cmがせいぜい。仕方なく、その中に遺体を埋めて雪をかぶせるが、翌日に埋葬地を訪れると狼か山犬に死体が荒らされていたりする。とても口では言い表せない状態だったという。ロシア人からしたら、日本兵の遺体など白樺の肥料に過ぎない。ロシアの皇帝や貴族だって平民をケダモノ扱いにしたんだから、そのロシア庶民が外国人、しかも戦争捕虜をケダモノ以下に扱ってもおかしくはないだろう。

ソ連の手先として帰国させる

  シベリアに拉致されて強制的に労働を課せられた我が軍の将兵は本当に憐れである。ロシアという野蛮国では、虜囚の日本人は二足歩行の家畜に過ぎない。毎日が苦痛なだけの陰惨な日々で、生きる希望が無かったのだ。それでも、彼らには一途の夢があった。祖国への帰還である。ロシア人にこき使われていた日本人が、その冷酷な仕打ちに耐えていたのは、いずれ故郷に戻れるかも知れないという可能性を信じていたからだ。シベリア拉致被害者の中には、毎日の虐待や苛酷な労働で自殺未遂を図る者や、発狂する者が続出したという。だから、捕虜の日本人は一刻も早く故国に帰りたかったのである。

  そこに目を附けたのがソ連の工作機関である。狡猾なロシア人は国際共産主義革命を輸出するため、日本人捕虜を赤く染めて帰還させようとしたのだ。日本人に共産主義思想を植え付けるには、日本人の共産主義者が最も効果的である。ロシア人の共産主義者がいくら日本語が上手くても、所詮は外人だから近寄れば警戒されるだけ。現実的に効率が悪い。これは支那人も同意見で、「日中友好」を浸透させるには、支那人よりも日本人を利用した方が遙かに有効である。そこで、悪知恵に満ちたソ連は、赤化した日本人捕虜を日本に戻して同胞による共産主義革命を遂行させようとしたのだ。

  日本兵を帰還させるに当たって、ソ連は収容所での「民主運動」に力を入れたという。ただし、この民主運動というのはデモクラシーの促進ではなく、「共産主義運動」の別名である。よく日本共産党は「民主主義」とか「平和の希求」を口にするが、それは民衆を騙して政権を奪取する方便に過ぎない。間抜けな大衆を扇動して彼らが権力を握れば、共産党に投票した国民と一緒に反対した国民も奴隷の身分に落とされ、恐怖政治の犠牲者となるのは火を見るより明らかだ。また、彼らは頻繁に「反戦」「平和」を掲げるが、それは在日米軍を追い払って、ソ連軍を出迎えるためである。日本の共産党員は武力を持たないので、ロシアの赤軍が日本を占領しやすいよう、レッド・カーペットを敷きたかったのだ。彼らが口にする「平和」なんて、いつでも反古にできる垂れ幕である。こうした目標を達成するためには共産党支持者が増えねばならず、モスクワの本店はその促進剤として赤化した捕虜を大量に送り込もうとしたのだ。

  日本人捕虜の中には赤化に反撥した者も幾人かいたそうだが、強制収容所の環境では非常に稀だったという。なにしろ、劣悪な囚人生活を送っていたから、日本人同士で反目や摩擦が絶えなかったし、軍隊の階級すら崩壊していたから、兵卒が将校を弾劾するなんてことも珍しくなかった。ロシア人に阿(おもね)った大勢の兵卒が、上官を「反動分子だ!」と罵って吊し上げたというから、まさに下克上の世界である。これは日本兵が元から性悪だったからではなく、積極的に「民主化(赤化)」した者の方が、ソ連側に対する印象が良かったし、こうした恭順のアピールを示せば、早く日本に返してもらえると思ったからだ。日本兵は「とにかく故郷に戻りたい !」という気持ちでいっぱいだった。立派な共産主義者になれば最優先で帰国船に乗せてもらえるのでは、と考えても不思議ではないだろう。だから、共産主義に否定的な者でも、自ら進んでソ連を称讃していたのである。

  今の日本でなら共産党を貶し、自由主義を掲げることは容易だが、虜囚の身で日本に忠誠を貫くのは困難だ。強制収容所でソ連の将校に反抗すれば、食事を減らされた上に労働ノルマを増やされるんだから、棺桶への準備をしているようなものである。また、日本人同士の分裂も悲惨である。空腹のあまり、仲間に配給される黒パンを密かに食べて、誰かに奪われたと嘘をつく者までいたという。後にバレたというが、「一度でいいから満腹になりたかった」という言い訳を聞く仲間も辛いものだ。醜い争いには話が尽きない。かつて上官に従っていた下士官や兵卒もソ連側に媚びるようになって、共産主義に抵抗する将校を罵倒するようになったそうだ。例えば、一人の頑固な将校を赤化した兵卒が取り囲んで、「反動だ!」「民主化が足りない!」「ファシストめ!」と責め立てながら、人民裁判に掛けたというからおぞましい。そもそも、「反動」とはどのようなものを指すのか? 「日本共産党の在外同胞引揚妨害問題調査報告書」によれば、「ファシズム、ミリタリズム、キャピタリズムの思想を持った者、あるいは言動をする者」であるらしい。(今立鉄男 編著 『日本しんぶん』 鏡浦書房、昭和32年 p.74)  

  共産主義に反撥を覚える日本兵もいたが、多くはソ連側に靡き、中にはアクチブ(積極的活動家)になって、「民主運動」の旗手となった者までいたそうだ。捕虜に共産主義思想とソ連への親近感を涵養するため、『日本新聞』まで作られ、活字に飢える者や望郷の念を抱く者が、こぞって読んでいたという。こうした「民主運動」教育が行われた結果、多くの日本人は徐々に洗脳され、スターリン元帥に対する感謝状を捧げたり、ソ連に忠誠を誓うようになった。日本新聞が作成した感謝状に「反動分子」以外の者が署名したというが、その内容は馬鹿げているというか、抑圧状態に置かれている異常性をよく物語っている。起草文にはこう書かれていたという。

  当り前ならば、日本帝國主義の犠牲となって死ぬところを、ソ連の参戦によって解放され、しかも天皇制ファシスト軍隊の奴隷兵士から民族独立、平和擁護のスターリン戦士として、真の人間に再生させてくれたこと、在ソ五ヶ年間、生活万端にわたって何の不自由もなく、あたたかい配慮を受け、無事に日本に帰国できるようになったのは、ソ連とその輝かしい指導者スターリン大元帥のおかげである。(上掲書 p.87)

  現代の日本人が聞けば笑ってしまうが、これは漫才のネタではない。収容所での「民主運動」は耳を塞ぎたくなるほど下劣だった。民主化のスローガンたるや、日本への憎悪に満ちている。例えば、「反ソ・反共のデマを粉砕せよ」「日・米反動の嵐を突いて、敵前上陸を敢行せよ、天皇島に敵前上陸せよ」「反帝・反戦、天皇制打倒」「真理に忠実たらんとするなら共産主義に進め、民主運動は働く者の生きんがための正義の闘争だ」「日本共産党領袖徳田球一万歳」など、我々なら「頭がおかしくなったのか?」と聞き直してしまうが、洗脳された日本兵は真剣だった。それにしても「天皇島」って何だ? もしかして「日本」のことか? 初めて聞く名称である。まったくもって、共産主義者のスローガンには天皇陛下に対する罵詈雑言が矢鱈と多い。どんなものか幾つか挙げてみる。

  「天皇は戦争犯罪人なり」「資本主義国家の終焉近し、天皇教、阿片患者の天皇は財閥である、天皇は帝國ホテルの番頭だ」「天皇打倒なくして民主化なし」「天皇は財閥、大地主、軍閥の首である」(上掲書 p.77)

  一方、ソ連称讃は笑止千万だ。例えば、こんなスローガンがあった。

「ソ同盟は弱小国家の救護者なり」(筆者註 : 弱小国を衛星国にしただけ)
「赤軍こそ真に人民の軍隊だ」(人民弾圧軍の間違い)
「スターリン憲法は世界最優秀のものである」(こんなものはヤクザの掟と同じ)
「共産党こそ真の愛国者である」(正常な日本人から見れば「叛逆者」か「売国奴」である)

  こんな風に洗脳された「抑留者」が戻ってきたのだから、彼らを出迎えた家族が驚愕したのも無理はない。降り立った駅で「インターナショナル」を唄う日本兵なんてゾっとするじゃないか。ガリガリにやつれた息子や兄が生きて戻ってきたのに、その頭が真っ赤に染まっていたのだから、被害者家族としては嬉しいのか悲しいのか判らない。これを見ればロシア人の狡猾さが多少は理解できるだろう。でも、腹立たしいのは、NHKが抑留者の“強制的”自白を特集しても、決して「幻兵団」について説明しないことだ。これは讀賣新聞の三田和夫・記者がシベリアからの特殊帰還兵、すなわち特殊任務を帯びた日本人捕虜グループを指した名称である。この「幻兵団」には二種類の任務があった。一つは、抑留者の中で「反動」「戦犯」と見越された人々や、元警官、憲兵、特殊情報機関員の摘発を行い、抑留者間のスパイとして活動すること。二つ目は、日本に帰還してから共産活動を行い、日本政府や米軍に関する情報を集めたり、思想・政治的謀略工作を行うことである。こうした役目を与えられた者は、帰還前に誓約書をソ連に提出したそうだ。(上掲書 pp.92-93)

  注目すべきは、「幻兵団」の人々は、日本共産党と直接の繋がりを持たなかったことだ。彼らは極秘裏にソ連勢力の日本侵入をあらゆる面で推進するのが任務であった。「幻」には組織が一切無く、全て単独で個人活動を行っており、その個人の責任で諜報活動や謀略工作を行っていたというのである。亡命したユーリ・ラストボロフ中佐の証言は、特筆大書すべき内容を含んでいた。1947年、共産党政治局はMVD(ソ連内務省)の諜報将校とソ連陸軍参謀本部に属する諜報将校で構成された特別グループを設置したそうだ。このグループは日本人抑留者を種類別に徴用するよう命ぜられた。具体的に言えば、(1)皇室関係者 (2)有力な元政治家 (3)元実業家 (4)新聞記者 (5)科学者 (6)技術専門家 (7)医師などである。特に、古い家柄に連なる有力家庭の出身者や教養のある青年は格好のターゲットだったらしい。(上掲書 p.96) これらの人々は将来日本で重要な地位に就くから、ソ連の諜報機関にとって非常に価値が高い。俗に言う、諜報組織の「アセット(assets / 資産)」である。

  MDVは日本人の捕虜がやがて、新設される日本軍(自衛隊)や警察、その他の国家機関に侵入できると踏んでいたようで、多くの陸軍将校や諜報機関の元高級官吏を徴用したしたそうだ。おそらく、戦前から共産主義や統制経済に惹かれた陸軍士官とか、中野学校を出た諜報員などに目を附けていたのだろう。ラストロボフは日本人工作員や協力者を選ぶ役目を帯びていたそうで、意外にも日本人捕虜は抵抗を見せなかったそうだ。やはり、収容所の生活状況が極めて劣悪であったことが主な要因だったらしい。たとえ不本意でも、ソ連の手先や密告者になると誓えば、直ぐにでも帰国させてもらえるんだから、地獄の日々から抜け出したいと渇望する日本人が積極的にスパイを志願したのも無理はない。もし、依怙地になって拒絶すれば、いつまでたっても帰国させてもらえず、畳ではなく凍土の上で野垂れ死にすることになるのだ。それなら、いっそのことスパイになろうと考えてもおかしくはないだろう。

  ソ連の手先になることを誓った日本人捕虜は、1948年の第一次引揚者と共に帰国できた。「先進的」分子の中から徴用された手先は、帰還に先立って一人一人「反動」分子の収容所に送られ、ソ連に対する友情や繋がりを決して明かさないよう厳重に注意されたという。事情を知らない無知な「反動分子(非協力的な日本人)」の中に配置された「進歩的分子(ソ連の犬)」は、他の囚人たちから怪しまれないよう用心したらしい。こうしてソ連の「エージェント」になった捕虜は日本に帰ることが出来たのである。(上掲書 p.97)

  現在の我々なら、「帰国を果たしたら、そんな誓約を破ってしまえばいいのに」と考えがちだが、不名誉を恐れる当時の日本人にはそう簡単にできるものではなかった。ソ連側との協定書には、「日本での共産政権樹立のために闘う」とか「天皇は日本人に対して犯罪責任者だから、天皇を倒すために闘う」と書かれていたそうだ。社会的地位の高い者が、いくら強制収容所暮らしだからといって、国賊か叛逆者になって、反日的誓約書に署名したとバレれば、その地位と名誉を一瞬にして失ってしまうだろう。戦前は捕虜になることすら「恥」とされていたんだから、ソ連側の脅しに屈して赤い犬となり、祖国と皇室に弓引く逆賊になりました、とは白状できない。生き恥を晒したくないという気持ちが強かったのだろう。彼らは帰国して自分を迎えてくれた家族に真実は言えないし、たとえ強制収容所の辛さを語っても、日本で暮らしていた者にはその残酷さを理解できない。それよりも、最後まで苦難に耐え抜いた「勇士」でいたいと望むのは人情だ。

日本社会に侵入するソ連の協力者

  ラストボロフは重要な事を語っていた。ソ連の手先となった日本人は、(1)帰国したら「不忠」な行動に参加しないこと、(2)良い評判を作り上げること、(3)日本当局の前ではソ連に敵意を抱いているよう見せかけること、(4)共産主義に対して憎しみを持っているかのように表現すること、などが指示されていたという。(上掲書 p.98) これは中々厄介な連中である。捕虜となった仲間を迎える日本人としては、誰が「本当の愛国者」で誰が「偽愛国者(裏切者)」なのか判らない。共産主義を公然と非難している者が、実はソ連の協力者だったりすれば、帰還者の誰を信用していいのか迷ってしまうし、最終的には全員が怪しく見えてくる。また、表舞台に現れなくても、戦前の人脈を以て、政界や財界、学界、マスコミ業界に顔を利かせることもできるから、スパイとなった日本人が偽情報を意図的に流すことも可能だし、ソ連に対する提灯記事や好意的見解を述べるよう指図することもできる。

  たぶん、一般人でも気づくのは元関東軍参謀の瀬島龍三であろう。彼は帰国後、自衛隊に入ろうとするが叶わず、兵器を商う伊藤忠商事に入社して会長となり、財界の大御所として振る舞っていた。ラーゲリの捕虜となっていた瀬島は、極東軍事裁判の証人として口頭供述をしたくらいだから、ソ連側と予め何らかの裏取引をしていたのだろう。あの狡猾なロシア人が、証人に“仕込み”をせずに法廷に立たせるわけがない。ちゃんと脚本を書いて練習させたから、ソ連は草葉辰巳中将や松村知勝中将、そして従順な瀬島を東京に派遣したのだ。しかし、その草葉中将は供述前の1946年9月19日から20日にかけての夜、拘束されていたソ連代表部の中で自殺を遂げている。たぶん、祖国を裏切るような証言をしたくなかったのだろう。一方、法廷で供述を行った瀬島は、1946年11月14日にソ連に無事戻った。ところが、瀬島はハバロスクの軍事裁判にかけられ、有罪判決を受けてしまう。だが、なぜか1956年に帰国が許され、1992年にはロシア最高検察庁により名誉回復をされているのだ。実に怪しい。有罪判決は瀬島の正体を隠すための演出だったんじゃないか。

Sejima 1Sejima 2Najasone 1









(左: 瀬島龍三  / 中央: 軍事法廷に立つ瀬島 / 右: 中曾根康弘 )

  ソ連の飼い犬であったことは有名だったのに、瀬島は中曾根康弘のアドヴァイザーとなり、政界・財界でソ連の国益のために尽くす一方で、自己弁護にも余念が無かった。回想録の『幾山河』を執筆し、ベストセラーにするなど、いかにも陸士卒の秀才らしく用意周到だ。テレビ番組にもよく登場し、筆者も竹村健一の『世相を斬る』とか笑福亭鶴瓶の『日本の夜明け』という番組で瀬島を観た事がある。口が達者な瀬島は、落語家の鶴瓶を相手に饒舌を以て自分の半生を語り、視聴者を丸め込んでいた。さらに、瀬島はあろうことか、「太平洋戦争戦歿者慰霊協会」の会長に納まっていたのだ。日本軍の将兵をソ連に売り渡した裏切者が、慰霊祭の主催者側になるなんて言語道断である。瀬島がいくら尋ねられても「抑留生活の実態」を具体的に話さなかったのは、話せばボロが出ると恐れたからだろう。ソ連の八百長リンチ裁判にかけられ、敵対行為で有罪判決を受けた者が処刑されず、のうのうと帰国できたんだから疑わない方がどうかしている。本当に「有罪」ならソ連で処刑されたはずだ。

  日本国民は渋々ながらでも受信料を払ってNHKを支えているが、その公共放送局は反日宣伝・謀略放送として日々勤しんでいる。夏になれば終戦特集と称して、日本人を断罪する番組を制作し、いかに我々が邪悪な民族であるかを植え付けているんだから、腸(はらわた)が煮えくり返るじゃないか。従来なら、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」を題材にした特番を制作するところだが、既にこれらのネタ(脅迫材料)は真相がバレているから使い物にならない。そこで、今年は731部隊にしたのだろう。来年は、炭鉱で「強制労働」を課せられた朝鮮人を特集するかもね。NHKなら「日本企業は徴用された朝鮮人に賠償しろ」というキャンペーンを張るかもしれないぞ。でも、そんなに朝鮮人が可哀想なら、まずもってNHK職員が貯金を献上すればいいんじゃないか。年収数千万のNHK職員にとったら、数百万、いや数千万くらい端金(はしたがね)だろう。夏の家族旅行でもキャンセルすれば、一人当たり数百万円の寄付金を捻出できるはずだ。頑張れ裕福なNHK職員 !




人気ブログランキング

インド人の手首が切り落とされた ? / 嘘が罷り通る現代史 (後編)

根拠はどこにあるのか?

  日本人と朝鮮人との違いは色々あるけれど、特徴的な違いといったら歴史学に対する態度であろう。朝鮮人は自分に都合良く過去を創ることに努力を傾け、我々は事実を丹念に収拾し、出来るだけ厳密に検証することを旨とする。だから、日本にとって不利な過去でも認めるし、嫌な出来事でも直視することを厭わない。日本人は自国史に限らず、外国史についても同様の態度を取るべきだ。そこで、気になったことがある。6月頃にチャンネル桜を観ていたら、有本香さんが出演していて、インドの歴史について語っていた。いわゆる「手首塚」の話である。彼女は「虎ノ門ニュース」でも同様の事を語っていたから、ご存じの方も多いだろう。

Arimot Kaori 1(左 / 有本香)
  初めて聞く方もいらっしゃると思うので、簡単に説明したい。有本氏の説明によると、産業革命で英国は繊維産業が盛んになり、マンチェスター地方など随分と景気が良かったそうだ。当時のイギリス人は、自国の繊維産業を拡大したかったが、植民地のインドでも伝統的な繊維産業があったので、英国のライバルとなっていた。そこで、イギリス人たちは競争相手を潰すために、インドの機織り職人たちを集め、彼らの手首を切り落としてしまったという。大勢の手首が切断されたことで、各地に「手首塚」が出来たそうだ。筆者は以前、この残虐行為を西部邁が話していたのを覚えている。筆者の記憶は正しかったようで、西部氏は黒鉄ヒロシとの対談本の中で、同じ事件を語っていた。

  インドの職人をあつめて行列させ、一人ずつ右手首を鉈でちょん切ったというです。その数、三万個。その手首塚があるというんです。(『もはや、これまで : 經綸酔狂問答』 PHP研究所 2013年 p.243)

  驚くことに、イギリス人は三万人の右腕を切断していたのだ。むごい。でも、少々気になるのは、どうやってそれを知ったのか、ということである。両者とも情報源を明かしていないので、インドの現地へ行ったことのない人には分からない。たぶん、インド人の学者か観光案内人に訊けば、「手首塚」がどこにあって、どんな経緯だったのか教えてくれるだろう。でも、こうした残虐行為は何らかの物的証拠がないと信じられない。まづ、基本的な疑問点から整理してみる。(1) いつ、どこで起きたのか? (2) 誰が誰の手首を切り落としたのか? 誰が発案し、命令し、実行者は何人いたのか? (3) この事件を誰が目撃し、誰が報告書を書いたのか、または、どのインド人が書き記したのか? (4) 塚に埋められている白骨は、本当に切断されて埋葬されたものなのか? たとえ、その骨が人の手首だとして、被害者の手首と一致するものなのか、という点である。

Nishibe Susumu 1(左 / 西部邁)
  有本氏は著作もあるジャーナリストで、西部氏は元大学教授で、学術論文やビジネス本の類いも執筆する知識人である。両名とも何らかの根拠があって紹介しているはずだ。しかし、両名とも肝心な証拠物件を明かしていないので、聞いている我々はどこかもどかしい。せめて何らかの文献を示してくれれば有り難いのに、と思ってしまう。日本人は「南京大虐殺」の苦い経験があるので、こうしたショッキングな出来事を聞くと慎重にならざるを得ない。外国人はアイリス・チャンの偽書で欺かれたし、日本人は本多勝一のインチキ本と朝日新聞の政治宣伝で、まんまと騙された。やはり、具体的に事実を検証してみるべきだ。

  とはいっても、この残虐事件が起きたのは遙か昔だから、科学的調査は困難なはずである。そもそも、インド政府やインド人の究者は、「手首塚」の発掘調査を行ったのだろうか? 発掘した何万個もの骨と、当時の様子を書き記した文献をどう照合したのか不明である。もしかしたら、西部氏や有本氏は伝聞のみを紹介していたのかも知れない。これは非常に脆い歴史物語で、もし単なる口伝ということになれば、誰かが手首切断の話を適当に膨らませていることもあるし、意図的ではないにしても、都市伝説のようないかがわしい噂や嘘が混じっている可能性だってある。インドのように大雑把な国だと、日本人のように、几帳面な日記をつけている庶民とか、詳細な報告書を作成する役人がいたとは思えない。イギリス人に支配された事を恨むインド人が、白人の悪口として伝えたのかも知れないのだ。有本氏や西部氏は一体、どんな一次資料を基に事件を語っていたのか? アジアには朝鮮人や支那人のように、同時代の人間が嘘を書き記すということだって、ないとは断言できず、逆に大いに考えられることなのだ。

伝説にヒントがあった

  今はバングラデッシュとなっている地域でも、昔はインド帝國に属しており、ベンガル地方は英国に占領された領土の一部であった。このベンガル地方には、イギリス人が機織職人たちを不具にするため、その手首や指、舌などを切り落としたという伝説が残っている。ベンガルに住むムハマド・アフメドュラという人が、「プログレッシヴ・バングラディッシュ(Progressive Bangladesh)」というニュース・サイトに意見記事を投稿していた。まだ若かった時、彼は家族や友人、教師、地域の指導者などから、イギリス人がベンガル職人の手や指、舌を切断したという話を聞いたことがあるそうだ。手首や指を切断したのは、ライバルとなる職人を働けなくするためで、舌をちょん切ったのは、機織りの技術を後輩に伝えることが出来ないようにするためだったらしい。アフメドュラ氏はは若かったので、この話を鵜呑みにしていたそうだが、成長するにつれ、この蛮行を裏付ける証拠がないことに気づいたそうだ。(Muhammad Ahmedullah, Did teh British under the East India Comapny's Rule, cut off Bengal Weavers' Hands or Thumbs and Tongues in order to destroy the Famous Bengal Textile Industry, particulary the Weaving of the Muslin Fabrics?, Progressive Bangladesh, February 21, 2015)

  インド人の職人から手首を奪うためには、誰かが計画を立てなければならない。というのも、職人たちは一つの地域に密集していた訳ではなかったからだ。ベンガル地方西部からダッカにかけての広い地域に散在していたので、イギリス人の実行犯は離れ離れの村々を巡って、バラバラに住むインド人職工を捕まえ、無理矢理手首を切断せねばならない。当然、これら実行部隊に資金を提供したイギリス人が居たはずで、それが誰なのか西部氏や有本氏は公表していないのだ。それに、もし、こんな横暴をはたらいたら、現地人の抵抗運動や叛乱を招きかねない。だから、予め暴動を計算に入れねばならず、被害者の親族や同胞からの報復に対して、常に備えなければならないから、ルーティーンを考えた兵隊を雇うことになる。また、手首を切断された職人は治療が必要となったはずで、イギリス人に対して深い恨みを抱くし、彼らの家族や部族仲間も激怒したはずだ。 そのうえ、不具にされたインンド人は失業者になるから、必然的に家族への負担が増えて、窮乏生活に陥る者も続出したはずである。この残虐行為を許したブリテン政府ならびにインド総督、統治担当の官僚などは、各地で勃発する叛乱を鎮圧せねばならなくなり、軍隊の海外派遣も必要になってくるから、行政の側の経済的負担が増加したことは容易に想像がつく。でも、こうした余計な出費に対して、英国議会では何の問題にもならなかったのか? もし、大問題となっていたのなら、議事録や調査報告書が作成されたはずで、後世の我々は具体的な経緯を知ることができるだろう。ところが、西部氏や有本氏は、そうした公式文書を提示していなかった。

Britain East India Company 1British Rule of India 1






(上 / インドを支配するイギリス人の)

  東インド会社は、イングランド国王から勅許状をもらって運営していた民間企業で、国防軍に支えられた政府機関ではなかった。インドを征服する過程においてさえ、本国の軍隊を正式に動員したわけではない。俗に言う「インド征服」の事業だって、その費用と人員は会社の自前であった。第18世紀末、東インド会社の軍隊は九千の歐洲兵と四万五千の土人兵で編成されていたのだ。その前は殆どが現地の兵隊で、イギリス人や西歐人が占める割合は、ごく僅かであったという。つまり、傭兵集団ということだ。このへんの事情はジョン・シーリー(John Robert Seelley)の『英国発展論史(Expznsion of England)』を読むと分かる。とにかく、東インド会社の主な目的は、インドにおける収益の確保と利益の拡大であったから、無用な叛乱を招く事態はなるべく避けたかった。だから、いくら英国本国の繊維産業を保護するためとはいえ、原住民の憤激を助長するような真似はしないだろう。また、もしイギリス人が「モスリン(Muslin)」と呼ばれる綿製品産業を根絶したかったといっても、一体何名の職人を不具にしたらいいのか? たとえ、ベンガルの数箇所で切断行為を行ったとしても、他の地域に住む職人をどうするつもりだったのか? イギリス人はインド全域に恐怖を広めて、全職人の労働意欲を削ごうとしたのか? こうした疑問が次々と湧いてくる。

Susan Brownmiller 4(左 / ウェンディー・ドニガー)
  インドを支配するイギリス人が、現地の絹織物職人を捕まえて、その手や指を切り落としたという話は、どうもの或るイギリス人による根も葉もない発言が元になっていたらしい。東インド会社にウィリアム・ボルツ(William Bolts)というイギリス人が雇われており、彼は何らかの理由で1768年に解雇されてしまった。しかし、彼はクビになった後、『インド問題の考察(Considerations on Indian Affairs)』という本を書いて、その中で会社に酷い扱いを受けていたベンガルの絹織物職人に触れていた。絹織物産業の独占を図った東インド会社は、ベンガルの職人たちが再び絹を織れなくするため、彼らの親指を切り落としたというのだ。(William Bolts, Considerastions on Indian Affairs; Particulary Respecting the Present State of Bengal and its Dependencies, London, 1772) しかし、インド史を研究する米国のユダヤ人学者ウェンディー・ドニガー(Wendy Doniger)は、ボルツの話を眉唾物とみている。ボルツは何の証拠も根拠も示さず、単にインド人職工の手首が切断された、と書いているだけだった。たぶん、彼は会社にケチをつけるため、この不確かな噂を挿入したのかも知れない。ドニガーはなぜこんな話が後世にまで伝わったのかについて述べている。当時の英国では、著名なエドマンド・バーク(Edmund Burke)がウォーレン・ヘイスティングス(Warren Hastings)を批判したことがあり、その際バークはこの話に言及したそうだ。そして、これが切っ掛けで、世間に広まったという。(Wendy Doniger, On Hinduism, Oxford University Press, Oxford, 2014, p.445) その後、インドで起きたショッキングな話は、様々な本で孫引きされるようになったので、こんにちの我々にも伝わっているという訳だ。

Warren Hastings 2Edmund Burke 1William Pitt the Younger









(左: ウォーレン・ヘイスティングス / 中央: エドマンド・バーグ / 右: ウィリアム・ピット)

  ところで、このヘイスティングスというのは、あの初代インド総督を務めたイギリス人であり、彼はベンガルの知事を務めたこともある。だが、彼はカルカッタに赴任した時、瀆職の容疑が濃い不正行為に手を染めたらしく、英国議会でチャールズ・ジェイムズ・フォックスやバークが彼の腐敗を問題にしたそうだ。そこで、容疑を掛けられたヘイスティングは議会で弾劾されたのだという。ただし、当時の政権はウィリアム・ピットが率いていたから、どうもホウィッグ党の反対派が彼をやっつけるため、ヘイスティングの件を利用したのではないか、と疑いたくなる節がある。日本人の中には、保守思想の巨星であるバークをトーリー党員と勘違いしている人がいるけど、バークは自由主義を掲げるホウィック党員であった。(この辺の英国史はちょっと複雑になるので、詳しい説明は省略する。) 結局、残虐事件の真相は捜査はされず、伝聞だけが英国内で流通したようだ。

Ekalavya's_Guru_DakshinaPandava 1(左: エカライヴァ / 右: パーンダヴァ)
  ヒンドゥー語も達者なドニガーによると、この信じ難いスキャンダルは、インドの宗教的叙事詩「マハーバーラタ(Mahabharata)」にあるエピソードがヒントになったらしい。この「バラタ族の物語」には、エカライヴァ(Ekalavya)という弓の名手の事が述べられていた。彼は矢を射ることにかけては秀でていたが、その肌は浅黒く下層階級の出身なので、パーンダヴァ(Pandava)の五兄弟、すなわち高貴な出身であるバーントゥの子供たち、から嫉妬を買ってしまったのだ。エカライヴァを忌々しく思った兄弟は、弓の師匠に頼み込み、エカライヴァの右手の親指を切断してもらったというのだ。アジア大陸には、この手の残酷な物語や神話が多く、肉刑が常識のインドなら不思議ではない。ボルツの信憑性を疑うドニガーは、この逸話が手首塚神話のネタではないか、と勘ぐっている。(上掲書 p.446)

脚を切断して乞食を作る

  我が国の学者やマスコミは、人種上の類似から日本がアジアに属している、と盛んに宣伝するが、正常な日本国民なら、アジア大陸の民族を同類とは見なしていないだろう。朝鮮人とは月とスッポン以上に違うし、超音波でも混ざることはない水と油の関係である。支那人に至っては兇暴な古代生物だから問題外。インド人は不潔でゴチャゴチャした街にうろつく貧民というイメージが一般的だ。インド人の上流階級といえども親近感は湧かないし、ただ豪華に着飾っているだけの外人としか思えない。たとえ日本語を流暢に話しても、インド人の顔を見てしまうと、「やはり遠くの異邦人だよなぁ」、と感じてしまう。そして、何よりも彼らの精神が全く異なっているのだ。インドの伝統文化とか庶民の風習なんか、日本の文化とは本質的に相容れないのである。我が国の精神文化は清らかで簡素だが、それでいて奥が深い。インドの宗教と神道を比べれば一目瞭然。インドの寺院なんか成金の悪趣味で飾った豪邸みたいで、心が落ち着く雰囲気とか「雅(みやび)」というセンスが全く無い。気持ちの悪い神様を描いた絵なんか実に下品だ。あんな国に住もうなんて日本人はどうかしている。そんなにインド人が好きなら、日本国籍を棄ててインドに永住すればいい。こうした元日本人は再入国なんかさせないで、空港で追い払うべきだ。

  インドの風習は日本人の理解を超えている。この大陸には数多の乞食がいるが、その姿は日本の乞食とは比べものにならないほと酷い。例えば、アミール(Aamir)という12歳の少年の話は悲惨だ。彼は飲んだくれの父親から虐待を受けていた。彼の母親は数年前に他界したという。田舎に住むアミール少年はこんな家庭で暮らすのが嫌になり、ボリウッド(インド版ハリウッド)で知られるムンバイを夢見たらしい。そこで、彼は都会へ向かう列車に潜り込み、やっとの思いでヴィクトリア駅に着いたのだが、あいにく一文無しだった。そこで、アミールは路上で乞食を始めることにした。ある日のこと、親切そうなカップルが彼の前に現れ、食べ物を与えてくれたのだが、それを食べたら急に眠くなったそうだ。後で分かったことだが、彼が口にした食べ物には薬が混ぜてあったという。病院に輸送されたアミールは、手術室に運ばれ片足を切断されてしまったそうだ。(Andrew Malone, The real Slumdong Millionaires, Daily Mail, 24 January 2009) アミールは親切なカップルを宗教的な動機から慈善を行う人か、福祉関係の人かと思ったらしい。だが、実際は乞食を利用してお金を稼ぐ悪党だった。健康な乞食を無惨な姿にすれば、もっと人々の同情を引くという理由から、わざと乞食を不具にするのだという。それにしても、お金をもらって無邪気な子供の脚を切断するなんて、卑劣というか殺人鬼に近い医者である。インドには昔からこうした残虐行為が多い。

  西部氏や有本氏が紹介した残酷物語は本当なのかもしれないが、彼らが根拠を示してくれるまで信じるわけにはいかない。インド各地にある「手首塚」に埋められた骨は、もしかしたら、暴君のような土豪とか、情け容赦ない匪賊が殺した庶民の遺骨、とも考えられるからだ。昔、支那人が「万人坑」をもちだして、日本軍による惨殺死体が埋められた場所である、と騒いだことがある。しかし、実際は疫病で死んだ支那人が埋められた無名墓地であった。余りにも大量に死亡したので、生き延びた村人が引き取り手のない死体を穴の中に放り込んで、腐乱死体による伝染病を防いだのである。それなのに、嘘つき支那人は日本人を非難するために、日本軍の仕業にすり替えたのだ。そもそも、支那人には事実を検証する考えは一切無いので、利益次第で歴史を作り替えることがよくある。それを知ってか知らぬか、奴隷根性の朝日新聞が協力者となり、支那人と共に日本批判を展開していたのである。まったく、毎度毎度、朝日新聞は反日の火種を撒き散らす放火魔みたいな宣伝機関である。その火消し役となる保守派の国民としたらたまったもんじゃない。

  日本人には英国人の罪を隠したり、彼らの擁護をする義務は無い。英国の名誉を守るのはブリテン人の仕事で、我々が代わりにしてやることはないだろう。しかし、我々は支那人や朝鮮人とは違う。捏造史を鵜呑みにする国民ではない。我々はタイム・マシンを持たないから、揺るぎない歴史の真実を掴めるわけではないが、それに近づく努力はするべきだ。ブリテン人の対日感情を害しようとも、我々は残虐行為があれは、そのことを否定しないが、無かった事を有ったと認める訳にはいかないのである。だからこそ、事件を科学的に検証したり、過去の文書や物的証拠を吟味し、出来るだけ正確な歴史を学びたいのだ。一般の歐米人が「南京大虐殺」や「性奴隷としての慰安婦」を信じることは勝手である。現地の馬鹿を利口にするのは日本人の義務ではなく、歐米諸国の政府が果たすべき役目だからである。そもそも、日本の歴史を貶めようとするジャーナりストや大学教授は、自分で確かめもせず、支那人や朝鮮人の嘘に踊っているのだから、品格と名誉を弁えた教養人ではない。イエロー・ペーパーを歴史書と勘違いする下郎である。日本人はこうしたクズと同類になってはならない。本当に知能が高い歐米人は、日本の庶民が持つ知的水準と探究心に驚愕するはずだ。そして何よりも、日本国民はニセ情報で操られることに我慢がならない。我々はあやふやな話を鵜呑みにせず、伝えられる歴史的事件を吟味すべきだ。西部氏や有本氏は、こうした高度な庶民を相手に喋っているのだから、せめて出典を明らかにすべきである。そうしないと朝日新聞みたいになっちゃうよ。




人気ブログランキングへ
記事検索
最新記事
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ